« ◇「ブラック・スワン」を見る。 | Main | ◇「100,000年後の安全」を見る。 »

May 26, 2011

俳優山○太○にかけられた「圧力」とは。

▼山○太○という俳優がいる。NHKTV版の「クライマーズ・ハイ」にも登場していたし、彼は3年ほど前に旅番組で「I am actor & sometimes taveler」と外国人を前に自己紹介をしていた。さいきん山本は彼自身のツイッターで書いているが、「反原発」の運動に積極的に関わっている。先日の福島県の母親たちが「子どもに20ミリシベールト」の被曝もOKと認めた事で文科省に押し寄せたときも抗議活動の一員として参加していた。ところが今朝の山本のツイッターによれば「今日、マネージャーからmailがあった。『7月8月に予定されていたドラマですが、原発発言が問題になっており、なくなりました。』だって。」当然激励メールをツイッターで送った。
▼電力会社と某大手広告代理店は反原発発言をする著名人や俳優を切って切りまくっている。一方「容認俳優」たちは「反省」の一言もなく、出演し続けている。「週刊金曜日」のアンケートで、「真意」を聞くため渡瀬恒彦にコンタクトを取ろうしたら「京都に撮影に行っていて連絡が取れない」という返事が事務所から返って来た、と書かれている。今時携帯を持っていない俳優はいないだろう。それに宿舎だって事務所が知らない筈はない。ところが今JRの駅付近に行って見ると渡瀬の「おみやさん」というポスターが大々的に貼られている。
▼先日取材で東葛地域の某市長さんお目にかかったとき、「柏の東大グランドなど高レベルの放射能の数値が出て風評被害が心配だ」とおっしゃっていた。それを受けたのかどうか、昨日から松戸市が市独自で放射能の値を計測して市のホームページで公開を始めた。それによれば24日の数値は松戸中央公園で0.462マイクロシーベルトだ。ところが毎日NHKで報道されている。千葉県県環境研究センター(市原市岩崎西1-8-8)の測定結果大気環境の空間放射線量は5月25日16時で0.045となっている。常識的に福島に近い市原市がこの数値であることは疑問である。しかも地上何メートルで計測されたかも明らかになっていない。
▼IAEAがおそまきながら福島原発の実態調査にやってきたと、メディアは報道している。しかしその聞き取り先の一番最初が原子力保安院だというので開いた口が塞がらがない。最初に福島原が事故を起こしたとき「原発がメルトダウンしている可能性が高い」と記者会見で発表した人物を即座に更迭して、西山を据え付けた。おそらく日本のみなさんが一番信頼していないのが保安院であろう。大体IAEAとはアメリカ主導の組織なのだ。そして各国で核廃棄物でプルトニウムの原料を保管していないかチェックする機関だ。つまり核兵器をアメリカに内緒で作っていないか監視するためにある。そんなところに調査を依頼しても出てくる答えは「安全」というに決まっている。
▼今朝の検索用語ではNHKで放送された「ネットワーク放射能汚染地図」という言葉に「東京」という言葉が加わっている。そんなの東京都がやる筈がない。調べたければご自分で測定器を買って友だちとネットワークを作ってやるしかない。しかし測定器は安くても8万円以上で売り切れ。自作したくても秋葉原の秋月無線では、部品も手に入らない。しかも測定器は今は30万円台でも待たされる。あとはこのブログを読んでいるみなさんが地元の自治体に「測定するよう」大勢で圧力をかけて調べて貰うことだ。安全な情報はネットで無料では手に入らない。まず読んでいるあなたが行動することだ。

|

« ◇「ブラック・スワン」を見る。 | Main | ◇「100,000年後の安全」を見る。 »