« ◇「ムッソリーニを愛した女」(2) | Main | 企業の省電力は「窓の開放」から? »

June 02, 2011

ついに究極の「菅切り」いや、「缶切り」を発見。

Kankiri
(左巻き取り式、右隣は新旧の缶切り)
▼世間は菅切り。わたしは缶切り。民主党がマニフェストをひっさげて登場したときは、これでもっとまともな国になるかと期待していた。ところがご覧の様なていたらくだ。主なものだけでも道路特定財源にメスを入れる。後期高齢者医療を廃止する。普天間基地を最低県外に移設する。消費税はアップしない。みんな放り投げてしまった。それで官僚の言いなりになって、思いつきの考えをあらゆるところで発表して総スカンになってしまったのが、今日である。きょうの午後衆議院でどのような結果がでるか分からない。しかしいずれにしても政治空白が出来、政党再編、地震と原発災害の復興が大幅に遅れることは間違いない。義援金も5月27日までに2389億円集まっているが、配分されたのは端数の方だけで2千億円は配分されないまま眠っている。
▼先日ご紹介した「コンピューター監視法案」は衆議院法務委員会で可決された。今の法務委員会のメンバーは一年生議員が多い。そういう新人議員が民主党の拘束があるとは言え気楽に賛成してしまう。こういう状態こそまさに民主主義の危機と考えます。「コンピュータ監視法案」なんて5年前の「共謀罪」という法案を厚化粧して一見違うものの様に見せかけた法案にすぎない。なおこの法務委員会には民主党と自民党しか入ることができないようだ。採決の様子を民主党の京野きみこ衆議院議員がブログに書いている。
京野きみこのtwilogはこちら。
▼なお6月26日(日)には、11時30分から17時まで「戦争と治安管理に反対するシンポジウムⅤ 原発震災・挙国一致の下で進む戦争と治安管理を撃て―共謀罪法案の全面復活を許さない!」を、日本橋公会堂(地下鉄・水天宮前、人形町駅歩5分)で行う。
▼先日「愛川欣也パックイン・ジャーナル」の不破哲三の論文が話題になっている事をご紹介したが、日本共産党は「原発廃止」を綱領に明記すべき もぜひお読みいただきたい。なぜならこの人の言うとおりだからだ。
▼さて前振りが長くなってしまった。缶切りの話である。我が家では写真の赤い缶切りを長い間使って来た。しかし錆が増えて切るとき缶の中に錆が落ちるのではないかと心配になった。それだ同様なものは売っていないかと、近所のスーパーを探したが簡単な栓抜きと缶切り、それに渦巻き型のコルク抜きが一体となったものしかなかった。それらは大体300円から500円だ。これでは使いにくいので都内を探してあるいた。表参道の紀伊国屋も行ってみたが同様のものしかなかった。渋谷まで歩いて東急ハンズに行ったら種類は色々あったが同じパターンのモノとクルクル巻き取る方式のものがあった。仕方なく千円(消費税はプラス50円)払って切り口がギザギザにならない巻き取り式を買った。しかしやってみると使い方が複雑で、おまけに力がかなり必要だった。月曜日隣の駅の場外馬券場の真向かいの小さな金物屋があったので、年配の親父さんに「缶切りありませんか?」と聞くと、「これが使いやすい」と今まで使っていたのと同じ物を出してくれた。630円だが使いやすいのなんのって…。

|

« ◇「ムッソリーニを愛した女」(2) | Main | 企業の省電力は「窓の開放」から? »