« ついに究極の「菅切り」いや、「缶切り」を発見。 | Main | クーベリックの「モルダウ」が聴きたかった。 »

June 03, 2011

企業の省電力は「窓の開放」から?

▼小沢さんって強面なのに、菅総理の一言で欠席してしまうなんて意外と優しいんですね。でもホンネは追い込まれて総辞職で納まらなくなって解散になった場合を想定したのでしょう。そうなると除名されて、政党助成金を貰えなくなってしまうから選挙を戦えない。そういう合理的「政治」判断が働いたに違いありません。
ネット規制法案に反対する署名はこちらです。
放射能汚染食物を避けて食品を買う為に必要なツールやサイトについてはこちら。
▼携帯電話の電磁波がWHOから問題であると意見が出された。これは今更言うまでもなく危険である。見ていると小さな子ども(1、2歳の乳幼児)を抱いたまま話したり、メールを打っているのは、送受信ともに危険である。2m以上離さないと大人はともかく、これは即座に止めた方が安全である。
▼町を歩いているといやに音がうるさいような気がした。見るとどこのパチンコ屋さんもドアを開け放っている。今の省電力でどうやら冷房をするのを抑えるために、ドアを開け放っているらしい。これは駅前のパチンコ屋さんだけかと思ったら、どの店も同じだった。今のパチンコは電子音だからその音は制御できる筈だがそうなっていない。好きな人はいいがそうでない人は迷惑と感じるかも知れない。だが考えて見ると居酒屋さんの赤提灯や焼き鳥、蒲焼きの匂いも、お酒を好きな人を誘うためにあるのだから、音を外に出した方が一石二鳥なのかも知れない。
▼ところで数日前に隣の一部上場企業の渉外担当者から、わたしの携帯に電話がかかってきた。色々経緯があって、わたしは住んでいるマンションとその企業との連絡担当者にさせられている。曰く、省電力で会社も取り組むことになった。ついてはマンション側の窓を開け放ちたい。ブラインドは下ろしてマンション側は覗けないようにするが、了解して欲しいという内容だった。わたしは単なる連絡係であり、意思決定の最高責任者ではない。だがマンションの住人のプライバシーが保護されれば問題ない、と考える。一応住民に周知するから、「文書」を出してくれれば掲示して徹底を図るからと答える。
▼夕方かかってきた電話は、「映画の上映会を、ある地方でやりたいが、新聞に映画紹介をしてくれないか」という内容だった。Aさんという人に電話したが、「そんな映画知らない」と断られたという。Aさんならやりかねない。わたしは映画の試写会などに行かせてくれれば、見た上で書く。試写券を貰ってもつまらなかったら、「つまらない」と書くと返事する。7月から12月にかけて連続上映会を開くという。映画はドキュメンタリーで、監督が作った試写用のDVDがあるからというので、自宅あて送ってもらうことにした。

|

« ついに究極の「菅切り」いや、「缶切り」を発見。 | Main | クーベリックの「モルダウ」が聴きたかった。 »