« ◇「バビロンの陽光」を見る。 | Main | 12ch系で「カサンドラ・クロス」を見る。 »

June 10, 2011

「直ちに影響はない」が責任は取れないらしいNHK

▼昨日の検索用語では「江東子どもを守る会」が約120件とダントツだった。これが何らかの運動に繋がればよい。しかし実際は朝日で報道された、江東区で異常な数値が出たとと同様「興味を示した」だけになってしまう。しかし怖がって逃げているだけでは東電の思う壺になってしまう。みんな611で「原発反対」の声に出してさけぼう。
朝刊によれば静岡県の茶葉から国の基準(1キロ当たり500ベクレル)を超える679ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。その茶葉を取引しているらでぃしゅ・ぼーやではその検査の結果をウエブで発表しようとしたところ、「風評被害を広げるから」と止められたという。
▼毎日NHKTVでは6時55分ころから、関東地方の放射能調査の数値を発表している。先週あたりまでは「この数値は直ちに健康に影響はない」と付け加えていた。ならば続けて飲めば影響があるのか?「影響はない」とコメントにNHKは責任を取ることができるのか?家族の一員がNHKに質問を出したところ、その後「ただちに」以降の文言はなくなった。という事はNHKは責任を持つ意思がないのだろう。
▼同様に「風評被害」というよりも「被害が出たとき責任を持つ」と茶葉の袋の裏に書けばいいのだ。その気になればかなり簡単にできるが、「書かない」という事は責任を取れないと理解できる。
▼もう一つ夏の海水浴シーズンを迎えて、福島、茨城、千葉の海水浴場が「放射能検査」を実施するという。しかし海水浴に基準はないらしい。福島は早々に今年は「海水浴に適していない」という事になった。しかし稼ぎ時である、茨城と千葉は「検査」をして、その結果どうするか、決めていない。
▼いつも海水浴シーズンに思うことがある。海開きをする前に調査をして「大腸菌などで汚染されていない」と発表する。大腸菌で汚染されるのは、人間が海水浴をする結果だ。だから海水浴客の事を本当に心配するのであれば、毎日検査してその内容を発表すべきなのだが、事前の検査だけで誤魔化している。すでに海藻や魚が放射能汚染されていると発表されているのに、人間が大丈夫の筈はない。もしも溺れそうになって海水を飲んだらもうアウトだ。そうでなくても一号炉の汚染水は満タンになって再び海に放出する可能性が高まっている。砂浜も危ないのでしばらくの間は海水浴は諦めた方が賢明だと思う。
▼先日書いたラファエル・クーベリックは吉祥寺に来てドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団指揮をしてコンサートをすることになっていた。しかし日本の対応が危険だとして来日は中止になった。今はチケットの払い戻しがされいる。
▼運動不足だと思った日は、スカイツリーまで夕食が終わってから歩く事にしている。片道約1・5kmあると思う。昨晩ツリーの直下まで行って、東武橋からUターンして45分でジャスト4500歩だった。早足なので1分間に100歩、こうするとお酒などの力を借りなくてもぐっすり眠る事ができる。

|

« ◇「バビロンの陽光」を見る。 | Main | 12ch系で「カサンドラ・クロス」を見る。 »