« NHK19日夜「昔 父は日本人を殺した」を見る。 | Main | NHKが原発に関するアンケートをしています。 »

June 22, 2011

◇「大陽と月と/私たちの憲法の人々の情熱」(1)

▼朝5時15分、携帯に友人M氏からの着歴があった。すわ友人が危篤にでもなったかと、コールバックをすると、「操作を間違えた」という事だったので一安心。もう認知症と言い切ってもよい友人は数人いるが、幸いな事に危篤状態の人はまだいない。わたしは一応健康に良い事をするように心がけている。1日約8千歩から、1万2千歩を目標に歩く。スクワット、腹筋、背筋200回、ダンベルを200回する。6月からは図書館と同じ場所にある区のジムに通い始めた。ランニングマシーン30分、自転車15分、トレーニングマシーン上半身4種、下半身2種類。これも1時間で140円だから、民間の施設に較べれば安い。わたしは下半身の筋肉が落ちているので、それを重点的にやっている。
▼車に依存した生活は地獄への近道、歩行は老化を遅らせる事ができる。といってもコマネズミのようにちょこちょこ歩いて歩数が増えても意味はない。わたしにはある目標があり、それを達成するまでは今の体力を維持しなければならない。
◇「大陽と月と/私たちの憲法の人々の情熱」(ドキュメンタリー映画、借用した試写用DVD)巷では「今の日本の憲法はアメリカから押しつけられた」と声高に叫ぶ人たちがいる。本当にそうなのか、解明したドキュメンタリーである。東京経済大学の色川ゼミでは東京都五日市(現在のあきる野市)へ歴史調査にでかける。その一軒の土蔵から貴重な文書を発見する。それは明治時代に作られた「憲法草案」を発見し、その先見性に驚く。それを作ったのは千葉卓三郎である。その後発見された地名に因んで「五日市憲法草案」と名付けられる。
▼場面はそこから列車に乗って四国の高知まで移動する。この地は明治初期、自由民権運動が高まり、現在も「記念館」がある。その運動の中で「東洋大日本国国憲案」という憲法草案が生まれた。その起草者は植木枝盛であった。彼はイギリスの人権宣言の影響を受けて、人権思想を反映した草案を作ったが、今見てもその内容は根本に民主主義を大切にする思想が盛り込まれていた。だが明治政府は天皇の地位を高めることを目的として、自由民権運動を弾圧したので、五日市も東洋と2つの「憲法草案」は、太平洋戦争が終結する直前まで人々の目に触れる事はなくなってしまう。(明日に続く)
▼NHKハイビジョンプレミアムで火野正平の「こころ旅」の東日本編は先週北海道まで到達して、前半は終わった。今週から放送されなかった場面を含めて「総集編」を放送している。月曜日の場面を見ていたら、自転車に乗りながら様々な歌を口ずさんでいた。その1つが森高千里の「雨」だった。わたしは森高は聴かないし、曲も知らなかったので早速図書館で借りてきた。実は「雨」がテーマの曲を片端から聴いている最中だ。先日の原稿を執筆する中では小柳ルミ子の「雨」が好きで使った。これは中島みゆきが作詞作曲したものだ。どうも森高のは歌詞が子どもっぽくて…。
▼昨日JR東海の専務だったか、リニア新幹線を作るための説明会を該当する山梨、長野、岐阜などの知事に説明をして要望を聞いたという。東京→名古屋を40分で結ぶというが、果たしてそんな物が必要なのか?アルプスの下にトンネルを掘り、駅はどうなるか、地元負担の割合も分からない。わたしはリニアはJRの株価をつり上げるためにやっている壮大な実験だと思う。それに一部の専門家が言っている様に「リニアのエネルギーは原発だろう」、と言われている事に注意しなければいかない。

|

« NHK19日夜「昔 父は日本人を殺した」を見る。 | Main | NHKが原発に関するアンケートをしています。 »