« ◇「いのちの子ども」を見る。 | Main | NHK教育TV「白熱授業/広島」(前編)を見る。(2) »

July 27, 2011

NHK教育TV「白熱授業/広島」(前編)を見る。

▼猛暑の夜はお酒が一番良いようである。といってもビールを飲むと夜中に身体中が痒くなる。一昨日は缶ビールの一番小さい一口サイズのものにしたがダメだった。一昨日ダメ押しがでて、仕事のやり直しを夜中までやったが、ダメだと思って、昨日午前中再挑戦して完成させた。充分点検してメールで送ったが、先方から一ヶ所の疑問がよせられた。調子が悪いときはそんな物である。仕事が一段落して常備薬が残り3日になったのでクリニックに出かける。暑いので患者は少ないと思われる午後3時からの診察を申しこんだ。昼休みに順番を確保しにいくと「7番です」と言われる。それで3時20分に着いたら、1人が診察中で、2人欠場だったため、5分も待たずに受診できた。といってもわたしは血圧測定だけだ。カルテを看ていた医師が、2年間MRIやっていませんね。明後日検査しましょう。空いてますか?と言われる。脳幹に出血して倒れ先日6年目を迎えた。
▼あの時右手の人差し指と小指に力が入らなくなってしまった。医師は何も指導してくれなかったが、自分で入院中も一生懸命リハビリをした。お陰で今は何不自由なく動かせる。ただ夏は人一倍、涼しい格好をすることと、水分の補給だけには気をつけている。
▼日曜日NHK教育TV夕方放送された「白熱授業インジャパン/広島編」はご覧になっただろうか?あのマイケル・サンベル教授ではなく、取り上げられたのはジョン・ロールズという元ハーバードの教授で60年代に「公正としての正義再説」岩波から、「正義論」という本を昨年11月に紀伊國屋書店で出版している。授業を進めたのは東大大学院川本隆史だ。「白熱授業」の亜流はNHKでも沢山放送されているが、きわものや儲け話が多くつまらないものが多い。
▼川本教授は母堂が被爆者であったと話し、広島と今の福島の状況の似ている面を参加者に探させ、発表させる方式を取った。まずサンデルも言っている、「正義の2原理」とは何かについて触れた。みんなが豊かで幸せならば全てよいのか。平等で自由の原理をという問題提起をする。第二原理とは公正な議会がある場合の原理と、格差を是正する原理にもふれる。
▼良く知られているスミソニアン博物館にの原爆を投下したエノラゲイB29爆撃機を展示した脇に「広島の被爆」を展示しようとしたところ、全米から2万通にも及ぶ抗議が寄せられて中止を余儀なくされた事件がある。そのアメリカ人の抗議の中身というのは「原爆投下はアメリカ人兵士の命を救い、かつ日本人の犠牲も少なくした」という論拠である。著者のロールズは一兵士として第二次大戦にも参戦し、被爆直後の広島も見ている。では正しい戦争とは何か?と絶対平和主義の在り方についても触れる。(明日に続く)

|

« ◇「いのちの子ども」を見る。 | Main | NHK教育TV「白熱授業/広島」(前編)を見る。(2) »