« 「フ(ふ)号作戦に携わった人の話を聞く。 | Main | ◇「蜂蜜」(トルコ映画)を見る(1) »

July 06, 2011

国の補助金と引き替えに自治体の思考能力を奪う。

▼女子サッカーの「なでしこジャパン」という名称は世界で通用するのだろうか?辞書をひくと「なでしこ」=「pink」とある。その色からそういわれているようだ。「サムライジャパン」は意味はすぐわかって貰えるとおもうが、「ピンク・ジャパン」では何か誤解されそうな気がする。
▼今朝の朝日の「CM天気図」というコラムで天野祐吉は「ソフトバンクの節電CMに触れ、その後TVは深夜の放送を止めたらどうか?」と提言していたが、その通りだと思う。昔の事を言うと笑われそうだが、NHKはそのむかし、午前零時に日の丸掲揚した風景で君が代を演奏し、その後画面は真っ暗になっていた。歌も日の丸もいらないが午前零時ですべての放送を中止すれば余計な電力は使わなくても済む。もっとも電力は深夜に不足している訳ではないようだ。電気予報では使用電力のピークは午後2時から4時頃とされている。ならばこの時間帯のTV放送を止める。ついでに普段の番組もニュースとドキュメンタリーだけにする。バラエティや食べものをネタにする番組も見たくない。
▼少し前まで夏の節電対策で計画停電があると発表されていた。パソコンで仕事をしているわたしとしてはノートパソコンの予備電池を2個くらい買わなければならないかと思っていた。普段使っているデスクトップも冷却ファンが付いていない静音、節電型だからそれほど電力は使わない。だがどうやらこの調子でいくと、電池パックは買わずに済みそうだ。
▼しかし現実には辺見庸が「朝日ジャーナル」別冊で指摘していたように、大震災から2ヶ月ほど過ぎた頃から一斉にバ○番組は復活した。番組は復活したが、マスメディアの原発べったりの報道姿勢には変化がみられない。ルイ15世の寵姫(愛妾)のポンパドール夫人は「我が亡き後は洪水よ、来たれ」といった頃と何も変わっていない。
▼玄海原発も建設から36年も経過していて圧力隔壁はひびが随分入っているようです。それなのに佐賀県知事は海江田経産相の再起動要請にOKを出してしまう。昨日の時点で佐賀県庁には2500通を超える抗議メールが来ていると報道されている。主旨に賛同される方はぜひ御意見メールを送っていただきたい。同じく原発再開に賛成している玄海町はこちら。
▼昨晩お送りしたメルマガでご紹介したが釜石日赤病院の事は本日深夜零時15分からNHKで再放送されるのでご覧頂きたい。7万人が餓死寸前だと医師2人は宮城県庁を訪れるが、対策室では「国からの指示がない」と知らん顔している。日赤側の責任者である石井医師は「餓死する人が7万人もいるので県はそれを把握していないのですか?」と顔色を変えて話す。しかしその後NHKのカメラは「内部の話ですから」と県庁職員に追い出されてしまう。
▼たしかに松本龍があのような態度で、あたかも自分の懐からカネを出すような顔をして相手を見下すのは間違いである。昨日夕方ある友人がメールを送って下さった。それによれば「被災地の自治体(行政用語では地公体)の声を聞いていると、「まず国が決めてくれないと・・・」と、「国が国が」で、いかに国が補助金と引き替えに自治体の思考能力を奪い、国に依存するシステムを作り上げてきたかがよくわかると思っていました。という内容だった。このシステムを変えない限り「国の顔色を伺う姿勢は変わらないだろうと思う。結局、佐賀県知事の発言にしてもそこから何一つ脱却していなのだから…。

|

« 「フ(ふ)号作戦に携わった人の話を聞く。 | Main | ◇「蜂蜜」(トルコ映画)を見る(1) »