« 「96歳のジャーナリストむのたけじ」(4)最終回 | Main | 病院の放射線よりも原発の放射線がより危険である。 »

August 31, 2011

NHK「山田風太郎が見た日本/未公開日記が語る戦後60年」を見る。

▼フェイスブックに入ったら、「友人と思われる人」という一覧が出て来た。それが5年前、10年前に知り合って消息不明になっている人もいる。一体この解析方法というかアルゴリズムはどうなっているのか、と思うとやはり気味が悪い。
▼NHKBSアーカイブス29日放送HV特集「山田風太郎が見た日本/未公開日記が語る戦後60年」を見た。これは6年前に放送されたものだ。山田風太郎の「戦中日記」は良く知られている。彼は医者の息子として誕生する。しかし当時の東京医大に以降とすると、父は死に、続いて母親も死んでしまう。結局叔父から仕送りをして貰って医大を卒業する。彼は几帳面で一日大学ノート一冊くらいの日記を書き続ける。このシリーズは俳優がその家を訪ねて、本人になりきってその生涯を演じる。公開、公刊されているもの以外にも日記が実家に保管されており、俳優の三国連太郎が山田を演じきる。
▼誰でもそうだがそれほど順調に歩み始めた訳ではない。山田はなによりも家族を欲しており、地方出身の女性に出会って、彼女に自分にないものを発見して結婚を決意する。長女が誕生して「悠子」という名前を役所に届けに行くが、役所では「この文字は名前には使えない」と言われ、その場で思いついた名前で届け出しようとする。しかし係員に「じっくり考えた方が良い」と言われ数日して別の名前を届け出る。次いで長男も授かる。ある日妻と二人で池袋に映画を見に行って帰る。すると街角で二人の子どもがニコニコしてい待っているのに出会い、何とも云えないうれしさを感じる。
▼やがて「忍法シリーズ」が大ヒットして食うには困らなくなる。しかしこのままで良いのだろうか?と悩んで2年間に一生懸命「戦記物」を読む。それはいまも書庫に残っており1133冊にのぼる。2年間執筆をしなくても本を読んでいるだけでよかった。かといって山田は戦記物を書こうとした訳ではなく、克明な読書ノートを作って戦争に関わった人達の相関関係を明らかにする。そして自分なら何をできるかと考えた末、戦中に書いた日記を刊行することだった。
▼東京大空襲の翌日には「鬼となって米英を6年かかって復讐を果たす」と書かれている。彼は「書いたものは書いて忘れるのが当たり前」という持論を持っている。山田は兵隊検査の日病気をしていて不合格になっているので、余計その思いが強かったと思われる。終戦から戦後一貫して、「この日本はどうなってしまうのだろう」と心配を隠せない。60年安保の場面では、全学連の国会突入事件を、「その行為は許されないかも知れないが、原因は話合いのルールを一方的に破った岸首相側にその責任はある」と書く。三島切腹事件では「作品が描けなくなったことより三島は自分が老いていくことの恐怖に勝てなかった」と指摘する。長い2時間番組で日記帳は40冊もあるので、このスペースでは紹介できない。解説は高橋源一郎だった。「思想を貫くというよりも、いま自分が置かれているスタンスを忘れずに、まだ生きているという考えで家族へのさりげない愛情と眼差しから幸せを感じて書き続けた」と評価していた。
▼今朝の新聞は新首相の誕生一色だ。出身地の船橋あたりでは提灯行列でも始まるのではないだろうか?1週間ほど前民放の夕方の番組で、友人と居酒屋から帰る菅元首相の妻に「首相とはどんな仕事ですか?」とインタビューしていた。彼女は「一人親方の土方みたいな者よ」と言っていた。権力のトップとはそんなものだろうな。あの太平洋戦争の時の東条首相をして「戦争」する事を決定した夜、自宅に帰って来て大広間で大声を出して一人で泣いていたという、妻の記録が残っている。今朝のある新聞のトップに「翼賛体制」という文字が躍っていたが、読者はそんな古い言葉を理解できるのだろうか?
▼そして昨日あたりから米の収穫とともに、玄米などの放射能調査が始まった。今朝のニュースでは茨城と栃木の米から「国の基準を超えた放射能は掲出されなかった」と報道されている。しかし国民は福島原発がメルトスルーしているのに「大丈夫」と言い続けた国を最早信頼していない。それに「大丈夫」という数値が一切発表されない。今週初め霞ヶ浦のワカサギからも「国の基準を超える放射能が検出されなかったから大丈夫」と言って食べて見せる。数値も言わないし、我々国民はワカサギだけを食べている訳ではない。米から肉、魚、野菜、果物にはみんな放射能が含まれている訳で、体内に入るのはその合計なのだ。厚労省や国はもしも単品で低数値の放射能であっても足し算をすれば高くなることを知らない筈はないだろう。

|

« 「96歳のジャーナリストむのたけじ」(4)最終回 | Main | 病院の放射線よりも原発の放射線がより危険である。 »