« 「人生の目的はよい人にであうことにある」 | Main | ◇「一枚のハガキ」を見る(1) »

August 22, 2011

今頃に福島の子どもの甲状腺被曝調査発表

▼今朝は震え上がるような涼しさです。昨日はNHKの戦争特番の録画した分を延々と5時間ほど見ていました。そのためうなされるような夢を見てしまいました。「愛川欣也パックイン・ジャーナル」では、まず選挙をしたとしても、反原発勢力が国政レベルでは当選しない仕組みになってしまっている。例えば東京一区では民主・海江田と元自民・与謝野が出る。議席は一つだからどちらかが、一度は落ちる、しかし比例で上がってくるので二人とも入ってしまう。たしかに選挙になれば二人とも「反原発」を口にするかも知れないが、それは単に千代田区に原発を持って来ない、というだけの話だ。
▼そして福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝と政府調査で判明した話。これなどなぜ今頃になって調査から4ヶ月もたって発表したのか?出席者は一様に「こんな隠蔽は犯罪だ」と一様に怒りを露わにしていた。どこでどのように調査したのかも分からない。もしかして詳しく全員を調べれば100%ということだってありうる。この日電話で参加した被曝から子どもを守る会(メモしていないが、そういう名称の団体で代表をしている八王子の医師。甲状腺だけでなく、チェルノブイリでは被曝によって免疫力の低下も出ている。子どもたちが発症したときこれらをどうやって証明するのか?それで福島の農業を応援すると称して、子どもたちに福島の農産物を学校給食で検査をしないで食べさせている例もある。
▼ブログの筆者はこれも明らかな犯罪であると思う。TVのCMを見ているとTOKIOが「食べて応援」と野菜や牛乳を食べたり飲んだりしている物がある。彼らの農場「鉄腕DASH村」は浪江町山中にあった。それでTVを動員して彼らの飼っていた、ヤギなどの小動物だけはいち早く避難させることをやってのけた。さらに甲状腺ガンでは牛乳が一番危ないことがチェルノブイリで証明されている。このCMで牛乳を飲んで見せているタレントはそういう事実を知っているのだろうか?彼らもまた東電の事故隠し、厚労省の放射能汚染隠しの片棒を担いでいるのだ。
▼出席していたジャーナリストの前田一は口に入るものは全品検査をする。そして汚染レベルの状況に応じて年齢別に許可を与える。当然年配者は汚染度の高い物を食べるようにする。そうしなければ将来に大きな禍根を残す事になる、という意見で一致していた。子どもの甲状腺ガンに関しては以下の金子勝のブログでチェルノブイリに関して詳しいのでご覧いただきたい。
▼今朝のNHKラジオでは、電力消費のピークは先週の暑さも納まって峠を越した。しかしいつ暑さが復活するかも知れないので、引きつづき電力を抑えた生活が必要だとアナウンスしていた。まったく良く言うよという感じだ。つまり18日のピークで、東電公称の91%で済んでいた。なぜNHKがそういうことを言うか?、以下の5)の部分をご覧いただきたい。NHKは東電の株を大量に保有しているのだ。土曜日のTBS「久米宏のラジオなんですけど」を聴いていたら、「東電はこれから冬の方がもっと大変だ」というキャンペーンをするらしいと言っていた。東電とは懲りない面々の集まりである。天竜川の観光船転覆はあれだけの事故で2日後に警察の家宅捜査が入り、東電はあれだけの大事故で未だに警察に強制捜査も入っていない。

|

« 「人生の目的はよい人にであうことにある」 | Main | ◇「一枚のハガキ」を見る(1) »