« 「敗戦記念日」で戦争を考える番組が目白押し | Main | NHK「日本はなぜ無謀な戦争をしたのか?」の続き。 »

August 17, 2011

中国の航空母艦は脅威になりうるか?

Tatiaoi
(近所の路上に咲く「たちあおい」の花)
▼3月当初の電力予想ではお盆と高校野球のピーク時が一番危ないと言っていた。しかし東京電力管内の予報がNHKの夕方に放送されるが、70~80%前後で推移している。いかに今までニセ情報の惑わされてきたか。そして騙されて猛暑も我慢して熱中症で倒れるお年寄りが多いことか。最新の「愛川欣也パックイン・ジャーナル」では保阪世田谷区長がゲストで登場した。彼が区長に就任してから一貫して主張しているのは、東電に「世田谷区内の電力消費量をリアルタイムで知らせて欲しい」というものだったが、未だに実現していない。東電は「23区全体の前日の使用料なら分かる」という返事だった。保阪の主張では正確な使用料が把握できれば、無駄な発電をしなくても済むし区としても節電に協力できる、という内容だ。
▼「愛川欣也パックイン・ジャーナル」ではAERAシニアライターの田岡がゲストだったので、日本のマスメディアで騒がれている中国の航空母艦の完成で、中国脅威論が盛り上がっていることに関連したコメントだった。あの航空母艦は旧ソ連が造ろうとしていたが、財政難もあって途中で挫折したものを、中国が30億円で買い取り、タグボートで中国まで曳航した。しかし手が付けられず16年間放置されたままになっていた。だから腐食も激しく、改装にカネがかかり新しく建造しなおした方が良いくらいになった。肝腎な積載できる飛行機は22機程度である。ちなみにアメリカのそれは2~300機である。さらに蒸気を使った飛行機発射装置のカタパルトはアメリカが持っている技術で、中国のそれには付いていない。甲板をみるとカーブしており、その落差を利用して勢いを付けて飛び立てるようにしている。さらに実際に戦闘をするにはアメリカのように早期警戒機を先に飛び立たせて、周囲の状況を把握しなければならないが、それを積む余裕などない。それに燃料を積むと船の喫水は下がるので、搭載できる戦闘機の数はさらに減るので実用からはかなりかけ離れた航空母艦である。だが日本やアメリカのマスメディアは相変わらずこれを「中国脅威論」に利用して「軍備を増強」しようとしている。
▼この日はイギリスの暴動についても時間を割いた。かつてイギリスは福祉国家と言われていたが、サッチャーからブレアと社会保障は切り下げられる一方になり、若年層や学生の失業率は7%とかなり高い。それにEUは出来たが、国単位で言えばうまくいっているのはドイツだけ。ドイツにしてみれば、自分が稼いだカネをなぜ他の国の経済危機を救うのに使わなければならないのだ、という気持ちはある。それに各国とも移民を自由に受け入れるなど「多様化」につとめて来た。不満層の一部はこの多様化が自分たちの雇用不安に繋がっていると考えている。その標的が「イスラム圏」の人々になっている。
▼そもそもイギリスというのは身分差別が激しく。ミュージカル「マイ・フェアレディ」を見れば分かる様に富裕層と貧困層では英語という言語そのものが違っている。それに読む新聞すら金持ちは「ガーディアン」で貧困層は大衆紙「サン」などだ。社会的には、日本の江戸時代の身分差別が解消されないまま、現代に続いている状態だ。だから貧困層に生まれたら間違っても金持ちになれるチャンスは絶対にあり得ない。これらが仕事がないという学生層に不満となって略奪、放火などの事件を引き起こしている。だがこれはイギリス独特の問題と考えるのではなく、小泉・竹中路線以降、日本も若年層の雇用をしっかりしていかないと、遠からず同様の問題が起きる可能性は充分ある。
▼昨日も「911テロに立ち上がった日系人」のアクセス数が多く、300件を突破した。これは既にひと月ほど前にわたしはBSを見て書いている。だがわたしは彼が取り入れたTSAというシステムは大きなあやまちであると思う。今はそれは段々悪い方向にエスカレートして、今や全身スキャナーに発展している。これなどはクリントン国務長官をして「不愉快だ」と言わしめている。わたしも1月12日にヒューストン空港でこれにスキャンされた。そのときは3人で仲良く指紋を取られ、何故かわたしだけ別のゲートに連れて行かれ、スキャンだった。帰国して友人にそのことを話すと、「あなたは狙われる風貌をしている」、といわれた。

|

« 「敗戦記念日」で戦争を考える番組が目白押し | Main | NHK「日本はなぜ無謀な戦争をしたのか?」の続き。 »