« ◇「モールス」を見る。 | Main | 「差別」する思想が戦争を引き起こす。 »

August 14, 2011

運勢の「素晴らしい出会い」などはなかったが…。

▼猛暑の一日だったが、わたしは有楽町のヒューマックスに出かけた。新藤兼人の「一枚のハガキ」を見るためなのだが、30分前に着いたらチケットは完売だった。実はこの映画は先週に新宿で公開された。わたしは新宿で「モールス」を見てしまった。近くで上映されているのは知っていたが、1日に2本も見るもう元気はない。最近は月に4本かくべき映画を見れば、あえてその後は行かない。しかし問題なのは、月によって自分が納得できる映画にめぐり会えないことがある。そのときは、1週間に何本でも見続ける。
▼少々逆説的になるが、新藤兼人の映画を見に来る層は岩波ホールと似通っている。この前の「陸に上がった軍艦」は初日に渋谷ユーロスペースで見て、監督も孫娘とともに舞台挨拶に来ていた。見終わった年配の女性は「若い人も見に来ればいいのにね」と連れと呟いていた。前作も良い映画だとは思うが、決して若い人は行かないだろう、と思う。
▼概していうと革新政党の総選挙などによる得票数はこの10年来減り続けている。革新政党を支持しているのは年配層で政党新聞を見ていると、毎日79、80、90歳の訃報ばかりが載っている。この調子でいくとそのうち、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」になることは目に見えている。つまり新藤の映画を見に来る年配の人達は「自分は新藤と同じ側にいる」ということで満足感を味わって終わりなのだ。少なくとも映画は宮崎駿のタッチで作らないと、若者層には足を運んで貰えないだろう。
▼昨日朝の「旅サラダ」が始まるの前の運勢によれば水瓶座のわたしは「絶好調で素晴らしい出会いがあり、良縁に恵まれる」と書かれていた。しかし全ての運勢予測がそうであるように、その様なことは何一つなかった。「旅サラダ」では3月の放送で石川梨華がアルゼンチンを旅していることを書いた。ところが2週目の11日の朝放送されてから、午後には大震災が起きて番組は中止されてしまった。あの最初の場面で石川は真っ昼間からワインをガバガバ呑んでいたが、その後撮影した番組はどうしたのだろうと思っていた。8月13日には今まで放送されなかった、パタゴニアの氷河や、エビータの眠るレコレータ墓地それにイグアスをアルゼンチン側から、たった5分の駆け足で紹介して終わった。
▼わたしはせっかく銀座まで来たのだからもったいないと思って、シャンテシネに行って「未来を生きる君たちへIN A BETTER WORLD」を見た。デンマークの映画で、タイトルは別の名前が付けられていた。しかしドイツ語っぽいその言葉はスペル理解できなかった。
▼夜NHKBSプレミアムで「ハイビジョンカメラによるエベレスト登頂」が放送されていたので、ついつい見てしまった。さらに続けて放送されたドラマ「青い目の少年兵」を最後まで見てしまった。中国戦線に派遣された一個分隊(12名)の兵士たちの実話である。行った場所は中国の雲南で戦線は異状に延びてしまっていた。彼らは来る日も来る日も塹壕堀をしている。ある日行進中に道路に捨てられている米軍のトラックを拾う。休憩したあと動かそうとすると、「一人多いぞ」と誰かがいう。そこに乗っていたのは16歳前後の中国人の少年だった。日本兵は少年の姿に日本に残して来た弟のことを想い出して一緒に連れて行軍する。そして少年もなついて塹壕を作る作業に協力したりする。しかし日本兵は一人また一人と赤痢やマラリア、そして空腹で命を落としていく。(以下ご希望があれば続編は書く、なければこれで終わる)
▼8月12日の朝日9面の「異議あり」で高崎経済大学の國分功一郎准教授が登場していた。ここで國分はトマス・ホッブスとジョン・ロック、ジャン・ジャック・ルソーの「社会契約論」について触れていた。ヒュームは「人間はエゴイストだという社会契約の前提を覆す。だが共感だけでは社会はうまくいかないし、共感は時に社会全体にとって害すらある。そこで制度によってこの共感を拡張しようと考える。たとえばこれから再生可能なエネルギーの普及が必要だと一人ひとりが思っても、その結果を束ねて結果を出すには膨大な労力が必要になる。そうした気持ちをうまく後押しする制度が作られれば、社会全体で結果を出していける。今の民主主義の形は絶対的なものではない。いまこそ哲学者がこれまでに考えてきた様々な政治体制の可能性を検討してみるべきだ。
▼みなさんはどうお考えですか?わたしも「今の民主主義の形は絶対のものではない」という考えには同感である。
人間は放射線を浴びてはいけない生き物なのです崎山比佐子さんのお話。
▼本当は16日に行われる「京都の送り火」について書こうを思ったがが、話が飛んでしまった。また明日ね!

|

« ◇「モールス」を見る。 | Main | 「差別」する思想が戦争を引き起こす。 »