« ◇「人生、ここにあり!」を見る。 | Main | NHKクローズアップ現代で「ふるさとで産みたい」を見る。 »

September 05, 2011

◇「人生、ここにあり!」(その2)他。

Tree904
(9月4日夕方のスカイツリー)
▼◇「人生、ここにあり!」(その2)10人余の人々は次第に仕事を拡げる。ネッロはそのうちパリの地下鉄で構内のモザイクを受注したと彼らに話す。しかしそのためにはある程度まとまった資金が必要となる、ネットは全員を集めた会議で「銀行からも借りるがしばらくの間みんなの賃金の支払いをゼロにしてもらうかも知れない」と説得する。しかし自分で稼いだお金を自分で使えないのはイヤだとみんなから反対されることから、挫折しそうになる。
▼家庭の内装の仕事をしている時に、注文主に恋をして失恋したと思って自殺する青年。それにある場所で暴力を振るったとする事件が続けて起きる。ネッロは事件を起こした男が起訴されて、自分の管理責任を問われると覚悟する。しかし陪審員の評決は「起訴ノー」だった。巨額の賠償金を支払いしなければならない。そして若い精神科医も自分にも判断ミスがあったと認める。そして古い精神科医と一緒に患者たちに対する対応を再考する。美しい妻からも「もう離婚する」と宣告され、絶体絶命に追い込まれるネッロ。しかし妻のその言葉は自分を叱咤する言葉だったことがわかり、再びやる気を起こす。パリ地下鉄の注文はどうやら納品のメドがつきトラックにモザイクは積み込まれる。同時に新しい患者たちも受け入れて協同組合はさらに大きくなろうとする。
▼その後イタリアにはこのような2000を超え、3万人の雇用を創出していると字幕が出る。映画はその創設の過程で起きたいくつかの出来事を一つにまとめて脚本にして分かりやすく説明したものだと思われる。2008年のイタリア映画。
▼今朝ブログリーダーでニュースをざっと見ていたら、キューバのカストロがリビアのカダフィー政権についてコメントを出していた。これだけでは不十分だと思って、キューバ共産党のグランマを翻訳ソフトで見ていたら時間が足りなくなってしまった。わたしは中学3年生の英語程度しか理解できません。ただし翻訳された言葉がちゃんとした日本語になっているかは判断できる。
キューバ外務省声明、リビア新政府を承認せず(9月3日)NHKニュースを見ていると一貫して国民評議会に正当性があるような報道をしている。「愛川欣也パックイン・ジャーナル」にでた田岡俊次によればリビアに侵攻したのは装備から見ても明らかにフランス、シリア等の特殊部隊であったと指摘している。
708149b2s
短編映画「blind」が、とてもいい出来です。動画は4分ほどでトップから20cmくらいの位置に動画があります。
▼“人体実験”知事が、またまた泣き芸か?わたしも昨晩のNHKニュースを見ていて腰が抜けるほど驚いた。
▼昨晩のNHKEテレ、午後10時からのETV特集「おじいちゃんと鉄砲玉」はとても良かった。NHKの女性ディレクターの祖父を火葬にしたところ、頭蓋骨に付着した鉄砲玉が見つかる。その秘密を確かめるため、祖父の戦友たちを訪ね歩く話。詳しくは明日書く。

|

« ◇「人生、ここにあり!」を見る。 | Main | NHKクローズアップ現代で「ふるさとで産みたい」を見る。 »