« ◇「上海ー支那事変後方記録」を見る。 | Main | ◇イタリア映画「ゴモラ」を見る。 »

November 03, 2011

日本ではfacebookによる政変などあり得ない。

▼朝日朝刊を見ると1面トップ左に「タイのアユタヤ遺跡が冠水して、復旧に半年かかる」と書かれている。しかしこれを書いた記者に、よその国より自分の国のことを心配した方が良いと思う。国内では「福島第一2号機で再臨界の可能性」と昨日夕方から報道されている。東電は相変わらず曖昧な態度に終始しているが、実際は「緊急時避難準備区域も含めて、安全のために退避すべき事態」と言われている。
▼昨日フェイスブックの相談に行って来た。訪問したら誰がわたしを紹介してくれたのか判明した。まず「何をしたいのか?」をお聞きする。手許に新聞があり、「政治資金規正法」について大勢の人に知らせたいがどうしたら良いか」とお聞きになる。ビラやチラシが一番効果的だと思います。しかし受け取っても読んでくれるかどうかは不明です、とお答えする。
▼そもそもなぜフェイスブックを始めたのか?エジプトの政変では、フェイスブックが役に立ったという話を聞いて、自分もフェイスブックを始めたが「ポチッ」(いわゆる「イイネ」)すらないという。どうしてだろう?という質問だ。もしその程度で書き込みが殺到したら、日本は終戦直後に民主国家になっていたかも知れない。しかし占領軍司令官のマッカーサーと吉田茂首相が、巧に世論操作をしてそのようにはならなかった。
▼日本はどうなのか?その方は一般の新聞もTVも余りご覧になっていないようたった。大震災や原発爆発問題一つとっても、東北・関東と関西では受け止め方が随分違う。残念ながら西では「よその国の出来事」になっている。チュニジアでなぜフェイスブックから政変になっていったかご存知なかった。残念ながらフェイスブックではわが国の国民の意識は変わらない。圧倒的多くの人はNHKと民放、それに朝日・読売・毎日で書いている事を信じている。
▼技術の話ではなく。実際にやったのはカウンセリングとリハビリテーションを行って来た。それで技術的にはブログを毎日書いて3ヶ月ほどやってみたらどうか、とお話しして無料ブログの設定をして帰って来た。
◇「ゴモラ」昨日この検索用語が一件あった。執筆にはそれなりの時間が必要となる。お急ぎの方はいち早くご自分の足を映画館に運び、入場料を払ってご覧いただきたい。いつも思うのだが渋谷イメージフォーラムは地下二階にあり、火災が起きたらどう逃げたら良いのか不安になる。それはシネヴィヴァン六本木があった頃も同じ事を考えていた。
▼日焼けサロンにいる数人の男たち。いかにもマフィアといった雰囲気を持っている。それが次の瞬間、何ものかによって襲撃され、射殺されてしまう。イタリアは南北格差の激しい国で、南は貧しくミラノなど北部は工業地帯になっている。登場するのは大小様々なマフィアからチンピラ・グループである。ナポリの犯罪組織カモッラを題材している。この原作を執筆した作家サヴィアーノは2006年、マフィアに殺害を予告され、常に警察の保護下での生活を余儀なくされている。(続く)

|

« ◇「上海ー支那事変後方記録」を見る。 | Main | ◇イタリア映画「ゴモラ」を見る。 »