« 朝日は「消費税アップ」、TBSは「議員定数削減」報道。 | Main | ◇「マシンガン・プリーチャー」を見る。 »

February 05, 2012

勝手に原子炉の耐地震基準を引きあげる保安院

▼昨日有楽町で「マシンガン・ブリーチャー」を見たあと秋葉原で途中下車してPCのアウトレット・ショップSマップに立ち寄って驚いた。先週も立ち寄ってのだが、そのときには中古携帯コーナーに普通のタイプも沢山並んでいた。ところが昨日行ったら旧式(わたしがいま使っている)が一掃されたスマホとiPhoneだけになってしまった。近い将来は携帯の電波会社の意向で非iPhoneは淘汰されてしまうのだろう。みなさんも今使っている機種がそれだったら大切に使った方が良い。
▼しかし家族はずっとアナログ携帯を使っていたら再三にわたり、「まもなくサービスが終了する」という通知が送られてきた。それで仕方なくiモードに切り替えた経緯がある。
▼「マシンガン…」はとても面白かったが、後日ご紹介する。アフリカスーダンの実話なのだが、略奪と子どもをさらう、LRA(神の抵抗軍)集団が悪で、マシンガンを持って彼らと対峙する牧師が果たして正義と言い切れるかとなると、かなり難しい。
▼昨日の「愛川欣也パックイン・ジャーナル」から愛川のデスクには「あと8回」という表示が掲載されることになった。交渉の経過が説明され、色々経緯はあるが3月末で終了する、という報告があった。4日のテーマで一番面白かったのが二つあった。一つは「講話」である。この「講話」の内容とは「自衛隊員や家族の生活を維持したければ、投票権を持った名簿を差し出せ」という実質的な「票読み」でかなり昔から行われて来たことだ。そして真部朗防衛省沖縄防衛局長は最後に、自らの「公平性」のアリバイとして「本来ならば自分がすべきことではないが」と念を押したというのだ。
▼出席者は「誰が好きこのんで選挙管理委員会」のような事をするのかと大笑いした。ゲストのマエキタミヤコさんは「例えばOLが上司から会社の屋上に呼び出され、ボクは妻も家庭もある。しかしキミが好きだ」と口説かれているようなモノだと発言したには、出席者一同、「自分の昔の話のようで具体的で生々しい」と大笑いされた。
▼もう一つは田中優さんで「ずっと原子力保安院のHPをチェックし続けている。ついこの間まで地震に耐えうるエネルギーの量は350ガウス(番組は一回見ると消してしまうので、呼称については間違っているかも知れない)と表示していたのに、先日から耐用エネルギーの数値をその倍に引きあげてしまったと指摘していた。つまり耐用工事もかさ上げ工事も一切した形跡がないのに、保安院は数値だけ勝手に書き直しているという話には、宜なるかなと思った。

|

« 朝日は「消費税アップ」、TBSは「議員定数削減」報道。 | Main | ◇「マシンガン・プリーチャー」を見る。 »