« 8ch系「指揮官たちの決断」を見る。 | Main | 反原発日比谷集会に来ています。 »

March 11, 2012

「中国の国防費1・7倍だが、日本は2倍の伸び。

▼相変わらず朝から「アジョン」という言葉のアクセスが続いています。おそらくDVDが発売になったので、それを買うか、借りるか考えていらっしゃるのでしょうね。検索用語を見ていると、TV番組にしても新聞にしても、ご本人はご覧になっていない。それで見ていないのにブログを読み。あたかも自分が見たような気持ちになって他の人に話す材料としているように思えます。
▼昨日は朝はみぞれだったので、朝9時10分からの新宿武蔵野館で上映されている、「プリピャチ」というチェルノブイリの放射能被害に関する、記録映画を見ようと思ってた気持ちが萎えてしまいました。それが終わってから午後の会議に備えていたのですが、前半の映画鑑賞は取りやめて会議に直行です。
▼送別会があったのですが、冬はアルコールを飲むと身体が冷えて調子が悪くなるので、お茶だけで帰宅しました。録画しておいた「愛川欣也パックイン・ジャーナル」(APJ)を見ました。4月7日からはネットのペイテレビになると発表があり、月額500円でカード決済もできるように準備中とのことです。サイトはこちらです。わたしは音声だけのポッドキャスト配信もして欲しいと要望を出してあります。
▼面白かったのは番組の最後で、先週の朝日に掲載された「中国の国防費1・7倍」という記事に関連して、田岡氏がコメントしていました。国防費というのは日本の自衛隊で言えば、隊員の年金や健康保険などを別勘定にしてある。さらに外国では、湾岸警備隊(日本で言えば海上保安庁)なども防衛費に入れてあるが、日本は別にしてある。
▼アメリカの右派のジャーナリズムでは日本の国防費は実質2倍だと行っている。中国が延びているように見えるのは経済発展していれば数字だけが延びるのは当然である。だからと言って人件費などの固定費も延びているので装備が伸びていることにはならない。日本も高度経済成長したときには16倍という数字がある。さらに韓国などはバブルのときには国防費が66倍という数字になったこともある。
▼本質は、「中国が脅威」であると書き立てて、自衛隊の国防費を伸ばしても国民が疑問に思わないという世論形成することを朝日の記事は狙っているのではないか、という結論だった。

|

« 8ch系「指揮官たちの決断」を見る。 | Main | 反原発日比谷集会に来ています。 »