« やはり「鉄の女の涙」は不入りのようで… | Main | 天津小湊の鯛ノ浦にて »

March 25, 2012

リニアは原発のエネルギーを使う

▼朝から新宿シネマアートに出かけ、10時から「ピアノマニア」を見て来た。月末に見たい映画が一斉に公開になるが、いちおう毎週必ず一本は見ておく。内容は後日ご紹介するが都内(日本)ではここでしか公開されていない。あれこれ言っても東京は世界中の映画を見ることができる都市であると思う。たとえばNYやロスでは英語圏の映画はいち早く見る事ができる。しかし非英語圏やイスラム圏の映画は見ることは不可能である。その点日本では宗教上の理由で見られない映画はない。
▼まっすぐ帰宅して録画した「愛川欣也パックイン・ジャーナル」を見ていたら、星林さんから電話があった。日比谷公園の「さようなら原発1000万人アクション」集会に来ているとう。わたしの情報アンテナには入って来なかった。残念!こんな人たちが登場するのなら行って見たかった。
▼「愛川欣也パックイン・ジャーナル」(APJ)はあと1回で中継が終わる。来週は最終回で3時間バージョンだという。まず関西方面で電力不足していると喧伝されているが、現在ではまったく不足していない。それどころか出席していた田中優さんが調べたら昨年は原油の輸入量は前年より減っているのに「電力が不足」したという事実はなかった。輸入量が一番増えたのは2001年でずっと減り続けている。足りないという根拠は、電力会社とJRはリニア新幹線を通そうというもくろみがある。リニアは莫大な電力を必要とするので、「不足状態」になり、原発で補うことが必要になるだろうという。
▼そして日本の生保会社は原発を稼働させている電力会社の株も持っている。本来「安全を守る」のが仕事の生保会社が原発の株を持っているのは矛盾している。*これは「会社四季報」を見れば分かるが、例えば日生など、日本のあらゆる会社の株を持っている。田中が言うには日本の生保は外国の会社に比べて4倍も掛金が高い、外国の生保がいやなら日本の「共済」に切り替えた方がまだよいと指摘していたい。
▼このブログの2割くらいはAPJが出所である。当面は無料のネット放送で登録を受け付けている。しかしわたしは土曜の昼頃というのは、大体映画館の座席に座っている。アーカイブでもできるとよいのだが、ストリーミングでは録画できない。どうしようかと思案している。
▼それで朝日の夕刊にローマ法王がメキシコを訪問して「もはや共産主義は時代遅れになったとキューバを批判した」という記事が載っていた。こんなの大きなお世話だ。共産主義は時代遅れかも知れないが、キューバ革命はカストロやゲバラが圧倒的多数の貧乏人を救って今日が存在するのだ。悲惨な食えない人々をいまも造り続けているのはアメリカなど先進資本主義国だ。どうもローマ法王の知恵もその程度なのかと思って呆れて空いた口が塞がらない。キューバが経済的に苦しく見えるのはアメリカが経済封鎖をしているからなのだよ、法王さま。
▼わたしがタブレットを使わないもう一つの決定的な理由はHD15ピン(ミニD-sub 15ピン)が付いていないことだ。これがないとわたしはプレゼンや、授業でPCに入っている画像をプロジェクターでみなさんにお見せすることができない。
▼ipadを使っている人を見ると画面が広いのでツイッターのライムラインを確認して書く場合は便利のようだ。ipadはピカピカのガラス細工のように光っていて、手のひらから滑って落ちて壊れはしなかととても怖い。だからもっとも頑丈なPC「レッツノート」から切り替えられない。

|

« やはり「鉄の女の涙」は不入りのようで… | Main | 天津小湊の鯛ノ浦にて »