« 「戦火の馬」を見る。 | Main | 8ch系「指揮官たちの決断」を見る。 »

March 09, 2012

前原ってホントに「口先番長」なんです。

▼民主党の前原政務会長が記者会見で、サンケイ新聞記者から「口先番長だ」と言われた事にたいして腹を立て、この記者を記者会見から排除してしまった。そのことで、今朝の朝日に読者の投書が載っている。朝日は「口先」を「言うだけ」と言い換えているが、投書した人の主旨は「口先は口先だ」というものだ。つまり記者会見で政治家の言う事だけを書いていれば可愛がり、そうでないと排除するというのが、この国の「記者クラブ」の悪しき弊害なのだ。わたしに言わせれば、こういう輩は尻尾を振って権力者にすり寄る「ポチ記者」だと思う。
▼関連して昨日の朝日朝刊1面下の「工事不手際4号機救う」と書かれた記事だ。驚くべき詭弁としか言いようがない。不手際が燃料棒溶解から救ったとでも言いたげな記事は、東電のバイアスがかかっていると考えられる。今でももう一度大地震が起きて、4号炉の燃料棒が火災を起こして溶解爆発したら、日本に人間は住めなくなるというのが、大方の専門家の見解である。
▼それに毎日の様に放送される「除洗」。素人考えで洗い流された放射能は地中深く染み込む。それは地下水となって、やがて川から海に汚染が移動するだけではないかと思う。今の政府の除洗は除洗さえすれば、そこに永久的に住む事ができるような言い方だ。それは即ち、除洗されて放射能の数値が減ったから、昔住んでいた、村や町にお帰りなさい。そうしたら政府はお金は支払わないからね。というのと同じである。
▼それが証拠に京都大学助教の小出裕章氏は京都のラジオで「(除染して放射性物質を)落としたところで放射能がなくなるわけではなくて、今度は放射性の廃液という方へ移るということなんですね。結局だから移染なんです。ところが政府が除染という言葉を使って住民たちにあたかも何か汚れがなくなるよというような幻想を与えようとしているのです」といっている。
▼最近おかしな事をもう一つご紹介する。それは新しいドコモも音声伝言ダイアルのCMである。登場するのは若夫婦らしい二人だ。若い男が携帯に向かって「オレだけで大丈夫だから」と言う。それを再生して聞いた妻らしく人物は「ホッとする」表情を見せる、とこれだけのCM。しかし考えても見て欲しい昨今「振り込め詐欺」が多発している。そのときが「オレオレ」という言葉が使われている。それなのにCMでも「オレ」という言葉を使う神経が分からない。すくなくとも「○○○だけど」と名前を言わせないと意味は半減する。見ている人はTVCMの猿まねをして使うのだから…。
▼それよりも1月の「ニュースにだまされるな!」で津田大介氏が現実の震災での問題点を指摘していた。それは伝言ダイアル風のがNHK、NTT、ドコモとすくなくとも3つも混在していることが問題である。これを一本化する方が先にやるべき事だと、わたしも思う。

|

« 「戦火の馬」を見る。 | Main | 8ch系「指揮官たちの決断」を見る。 »