« ◇「偽りのサーカス」を見る。 | Main | 「上流」が腐敗するから「下部」も腐敗する。 »

April 25, 2012

人間の記憶はかなり曖昧だ。

Fuji425
(2012年4月25日亀戸天神の藤開花状況、2分咲きというところ)
▼人間の記憶というのはいかにいい加減なものかと思う。他人のことだけではなく、自分も含めての話だ。先日愛川欽也監督5作目の映画「黒駒勝蔵」のご紹介をした。ところが昨日の検索用語を見るとお二人が「黒馬の勝蔵」でこのブログを見ている。間違った言葉を入れてもGoogleの検索はちゃんと検索してくれるから素晴らしい。
▼先入観というか、人間は思い込むという誤った学習をしてしまうと、中々訂正ができない。例えばわたしの住んでいる地域のゴミの捨て方では「発泡スチロール」は単独で分別しなければならない。それも区で発行している分別の手順書では「発泡スチロールは洗って乾燥させて」から指定されたグリーンの網袋に入れるとなっている。
▼ところがそのグリーンの袋には、納豆容器のネバネバした状態のものが入っている。資源を再利用するのが目的なのだから、ゴミを入れては意味はない。それなのに透明のプラスチック、コンビニやスーパーで売っている弁当のプラスチックケース。果ては1リットルの紙パックまで入れてある。前者はおそらく発泡スチロールとプラスチックの区別がつなかい。納豆ケースは洗って乾燥させる意味が分からない。後者はゴミ袋だと思い込んでいるためだろう。グリーンの網袋にはそれらの注意事項を大書してあるが、こういう事が毎日繰り返される。わたしは毎朝5時半頃にゴミを捨てに行くので、その袋をひっくり返してごちゃ混ぜになった発泡スチロールとプラスチック類を可能な限り分別している。
▼ところで関西電力(以下関電と略す)がこの夏も18%の電力不足だと発表して問題になっている。というのは「足りる」と言ったり、「足りない」と言ったりふらついているのだ。「愛川欽也パックイン・ニュース」で先々週ゲストで登場した田中優氏は、公表されているデータを自力で分析して矛盾を正すのが得意な方だ。田中優氏によれば、昨年関西電力で電力が足りなかったのは8月8日と9日の二日間で、しかも合計7時間だったという。
▼一般家庭では収入が足りなかったら支出を抑えて借金をしないようにする。ところが関電は「足りない、足りない。だから大飯原発を稼働させるべきだ」と大声で叫ぶ。田中優氏の言うとおりならばその二日間の7時間だけ、工場を昼間稼働させるのを止めるか、休みにしてしまえば済むことだ。幼児やお年よりのいる家庭ではエアコンなどは止める必要はない。
▼ここで本題に入る。昨年東電の営業地域でエアコンを止めて熱中症になったお年よりがいかに多かったか?これも一重に「電力不足」を煽ったマスメディアと東電の仕業である。東電では省エネ宣伝が効いて、逆に電力の消費量が減ってしまった。逆にガス会社の液化天然ガスの輸入と、それを使ったエネルギー消費が増えている。とくにお年よりは「省エネ」、原発事故で電力不足」という危機感がだけが「念仏」のように刷り込まれる。ものは良く読んで学習しなくっちゃね。

|

« ◇「偽りのサーカス」を見る。 | Main | 「上流」が腐敗するから「下部」も腐敗する。 »