« 人間の記憶はかなり曖昧だ。 | Main | ◇「裸の島」と「8日目の蝉」で共通する島の医療過疎 »

April 26, 2012

「上流」が腐敗するから「下部」も腐敗する。

Sarumawasi
(「猿回し」に子どもたちは怯えていた)
▼夕方A新聞の販売店の男性が集金にやってきた。「そろそろT新聞に代えようかと思っている」というと、彼(中国人)は「他の新聞は折り込み広告が少ないですよ」という。「いやそういう問題ではなく、A新聞に書いてある内容が合わない」と話す。彼にあまり込み入った話をしても仕方ないので、取りあえず3ヶ月購読延長することにした。
▼知人で別のAという新聞を購読している人がいる。その人はわたしより1歳若いのだが、退職しても働きたいとおっしゃる。わたしは特別なコネクションはないので、A新聞に土日に求人情報の折り込みがあるので、それを抜き出しそのお宅の郵便ポストに入れてくる。そこまで徒歩15分ほどだ。新聞というのは記事もさることながら、新聞折り込み広告が重要な役割を果たす。といっても、ご存知ないかたには分からない。
▼この数日の関東地方の新聞を見ると、京都で未成年が運転する無免許の乗用車が、通学注の児童の列に突っ込んで死傷者が出た記事がトップニュースだった。2人死亡して10人余の怪我人がでているから当然かもしれない。そして運転していた青年は警察に逮捕されている。(これは25日までの情報で、後述するが今朝は別の展開があった)翻って福島第一原発が地震で破壊、爆発しても未だに東電には警察の強制捜査も入っていない。それにあれだけの事故を起こしても刑事告発しても受け付けない事実をどう考えたら良いのか?
▼後述とは今朝のラジオや朝刊で報じられているニュースだ。それによれば加害者の父親の強い要請があって、被害者らの電話や住所が加害者の父親に漏らされたことだ。そて被害者の一人が携帯の着歴にコールバックすると、加害者の父親が「会ってお詫びしたい。告別式に参列したい」と語ったという。普通警察は「強い要請」をしても拒否する。その要請に応えたのはおそらく、加害者の父親が何らかの警察との接点があったに違いない。
▼先週の報道では警察官の未成年や幼児に対してイタズラをする不祥事が多発している。なぜこういうことが起きるかといえば、警察の上部が腐敗しているケースが往々にしてある。警察署長が転勤すると家が一軒建つというのはその一つの例だ。要するに取締の対象となっている風俗業の関係者等からの金品の贈与があると言われている。
▼もう10年以上前の事だが、年末のクリスマスの頃に某県警察の幹部宿舎に、県警幹部が飲食店の経営者や接待する女性を連れ込んでいたという事件が発覚した。このたれ込みはどうやら宿舎の警備をしていた警察官からの情報だと言われていた。県警幹部もバ○だから警備の警官に、「寒い中ご苦労様」と言って折り詰め寿司でも渡しておけばよかったのに、けちったからこういう事になる。上流の汚染が下流の淀みを作る。幹部が訓令をするより衿を正した行動をすれば、下部の乱れは止まるに違いないのだが…。
▼早朝にわたしの「プロフィール」を何度も繰り返しご覧になって方がいらした。そんな個人情報も見知らぬ人にお教えするつもりはない。たまたま通りかかったので、昨日のブログに亀戸天神の藤の花の画像を入れました。藤は種類が沢山ありますが、咲いているのは全体の1,2割程度で完全開花は連休の終わり頃と推測されます。
▼小沢一郎氏に無罪判決がでたようだ。証拠が何もないのに有罪になったら、検察が跋扈跳梁する恐ろしい暗黒社会になってしまう。

|

« 人間の記憶はかなり曖昧だ。 | Main | ◇「裸の島」と「8日目の蝉」で共通する島の医療過疎 »