« ◇「ドライブ」を見る。(今年前半期、最高の映画) | Main | 3D映画はメガネ着用者には見づらい。 »

April 06, 2012

◇「ドライブ」(2)を見る。

Sitamatitree
(下町のツリー)
▼昨夕お送りしたメルマガの「編集長がオススメする映画102」A-1にお一人が応募して下さいました。ありがとうございます。ブログもメルマガも何とか双方向通信にしたいという試みの一環です。メルマガも将来的には3ヶ月に一度くらいの感想、メールが来ない場合は送信停止にする予定です。ブログも会員限定公開にする予定をしています。いま見ているTVドラマは地デジ日テレで2日(月)午後10時から再放送が始まった「カンチ!」の「東京ラブ・ストリー」です。これは当時まったく見ていなかったのでストーリーがまったく分かりません。そこで遅まきながら見ています。もう一つは「八日目の蝉」でNHKBS壇れい主演で始まり見ています。とは言っても最近は午後10時になると、アルコールを口にしていないのに眠くなってしまうので、録画早送りです。
▼◇「ドライブ」(2)昨日「近日このドライブを見る予定」という声が寄せられて嬉しく思っています。出所した夫が戻ると408号室で友人達が集まってパーティが開かれます。「カミさんが世話になったってな、息子が言ってたよ、感謝しているぜ」という言葉が返ってきます。ところが数日後その夫が駐車場で袋だたきになっています。聞きただすと「刑務所で2500ドルの借金を作って」すぐ返せと言われているというのです。もしそれがイヤなら質屋の強盗に協力しろと脅されているのです。
▼ドライバーは「自分が逃走車両の運転をしてやるから」と協力を申し出る。犯行現場で待機するドライバーはハンドルに腕時計をセットし、5分後を注視する。犯人の一人の女は100万ドルの現金を持って時間通り脱出する。ところが刑務所を出たばかりの男は、質屋の店主に射殺されてしまう。何故なのか?テレビのニュース速報では質屋の店主が「犯人は射殺し実害はなかった」と語っている。ドライバーは「夫はワナにはめられて殺害された」と睨む。
▼疑惑を持ったドライバーは、小さな子どもを抱えてのこされた妻のため、真相を探ろうとする。ドライバーは妻にほのかな恋心をいだいている。だからと言ってラブシーン一つでてくる訳ではない。二人の距離が縮まっていく過程をただ目の演技だけでそれをあらわす。糸を手繰っていくと3人の黒幕の存在があきらになり、下手人たちを一人ひとり追いつめ「女には一切手出しはするな」と懲らしめてゆくドライバー。だがその代償はあまりも大きかった事に最後は気づく。オレが死んでも彼女と子どもさえ助かってくれれば…。視力が段々薄れていくなか、彼女が見つめる目だけが記憶の底に残る。

|

« ◇「ドライブ」を見る。(今年前半期、最高の映画) | Main | 3D映画はメガネ着用者には見づらい。 »