« 平沼の祖父は大逆事件をフレームアップした人物。 | Main | 改憲論をKINKINTVで振りまく首藤信彦 »

May 05, 2012

祝「全原発稼働停止」!

▼休日にもかかわらず午前9時にアクセスして下さったみなさん、ありがとうございます。前にも書いたことがありますが、土日、祭日はブログをお休みしようと思っています。しかしアクセスする方がそんな日に限って多いので、引っ込みがつかないまま今日に至っています。それでなくても5日は昨年から取りざたされていた、北海道の泊原発が定期検査のため稼働が停止されます。こんなめでたい日に書かない手はありません。昨日も民放を見ていましたら泊原発の実態が報道されていました。町は補助金漬けで豪華なジムから公民館が建ち並び、使用料金は無料でした。さらに驚くべきは災害が起きた場合、そとから泊原発に行く道路は整備されていません。従って消防車や冷却装置など大きな機材は運び込むことなどできません。この泊原発がもし事故で爆発したら、風の流から類推して北海道は全滅でしょう。
▼昨晩はNHKBS再放送「8日目の蝉」の第5話を見ました。原作をかなり脚色してありますが、とても良くできています。主人公は新聞に盆踊りで誘拐した娘と花火をしている場面が掲載された事で、元交際相手の男と捜査員の目にとまります。壇に恋心を寄せる漁師(岸谷五朗)。そば屋の女主人である吉行和子。捜査員がそば屋に来たことから、吉行は壇のアパートに「きょうは店に来てはいけない」連絡する。それを察知して壇はフェリー乗り場に駆けつける。漁師の岸谷は警察が来た事を窓を叩いて必死に知らせるが、時遅く包囲されてしまう。「娘」は捜査員が確保して引き離す。娘の名前を呼び続ける壇。この場面では不覚にも涙がこぼれてしまった。とても良いロケ地が出てきたので調べたら「エンジェルロード」というところでした。NHKのロケ地詳細はこちら
▼レイチェル・ワイズの「アレクサンドリア」は難解で分からなかった。映画館に行かなくて良かった。

|

« 平沼の祖父は大逆事件をフレームアップした人物。 | Main | 改憲論をKINKINTVで振りまく首藤信彦 »