« ◇「スープ~生まれ変わりの物語」を見る。 | Main | 電力会社を倒産させないための「再稼働」 »

July 10, 2012

わたしが「国会包囲デモ」にいく理由(わけ)

▼今朝は6時からコインランドリーに2回も行ってきた。流石に昨日は腹が立って5日にやってきた修理会社に「どうなっていますか?」と電話をした。担当者はあいにく休みだったが、今朝電話が来ることになっている。
▼昨日の検索用語を解析していたら、午後1時過ぎにNHKの職員が、Yahoo!検索の「国会包囲デモ」ということで、わたしのブログを見に来て下さった。写真ならいくらでもありますよー。規定料金でおわけしますからね。わたしも飯のタネなので無料という訳にはいかない。NHKが検索するということは取材にも行っていないのだろうか?動画もありまっせ。これは近く『鍵盤乱麻』一面トップに入れます。参加者がiPhoneで撮影したものです。わたしも自分の携帯で撮りましたが、良い映像は撮れませんでした。先週はあいにく雨降りだったので、ビデオカメラを持って行く気持ちにはなりませんでした。
▼きょうは、わたしがなぜ国会包囲デモに行くかというお話をします。50年前の60年安保は田舎町にいたので、高校内部の署名活動だけで終わってしまいました。今の日本の苦しみの根源の一つ、米軍基地や経済対米従属はそのときの安保条約にあると思います。いまこの年になって歩き回ることができるのは最後の機会だと思います。今年の運勢判断では、何か大切な人のために役立つように」ということでした。わたしは占いは別に信じていませんが、良いことは良いと前向きに信じます。
▼そして3月から始まった国会包囲デモは絶好のチャンスだと考えた訳です。さらに6月22日のデモは4万5千人集まったにもかかわらずマスメディアはまったく無視です。後はブログに書いて来た通りです。以下はあくまでも自分のことを書いています。今は酒を飲んで昔話をしておだを上げているときではない。1回酒を飲まなければ3、4回は国会へ行く交通費の足しになります。見知らぬ人たちと「サイカドー、ハンタイ」と叫んでいると脳の活性化につながります。しかも新しい友だちもできます。2時間のデモが終わって帰宅し、ウィスキーをロックで一杯やれば明日の活力になります。
▼デモに行くのは、地震直後に被災地の支援にも行けなかった、自分の義務を果たしたいこと。大げさかも知れませんが、気力と体力が残っている、今何かしなければ生まれて来た価値はなくなってしまうのではないか、という気持ちが強いのです。これはわたしの気持ちで他の人に同意を得たり、押しつけるつもりはまったくありません。
▼昨日のネットで次の3つの記事が気になりました。
1)原子力村の暴走はじまる。関西電力が大飯原発再稼働に合わせて、なんと火力発電所を8基とめる
2)小出裕章さんの「電力不足に関係なく、原子力は即刻廃絶にすべきだ
3)7月6日の国会包囲デモで坂本龍一が原発再稼働を容認発言するというガセネタが出て、バ○記者が彼が発言しようとする時、参加者を押しのけて殺到した。そんなヒマあるなら東電の社長に「原発を爆発させた事故の責任取れないのですか?」と食いついて見て欲しい。バ○記者たちの「期待」は見事裏切られた。

|

« ◇「スープ~生まれ変わりの物語」を見る。 | Main | 電力会社を倒産させないための「再稼働」 »