« NHK「メルトダウン連鎖の真相」を見る。 | Main | 森達也のコラム「正義を掲げ追い込んだ先に」 »

July 25, 2012

オプスレイアメリカでは飛行訓練中止、首相は熱烈歓迎

▼暑い一日でした。午前中の最初に2件は時間通りにすすみました。11時にはあるお宅に到着。ここではパソコンの立ち上がり速度が遅い、パソコンの中身を整理して欲しいという要望でした。このお宅には水琴窟があります。日曜日にも船橋の薬園台で野田首相邸周辺のデモが行われました。そのときの写真がレイバーネットに掲載されていました。首相の家は一見モルタル3階建てという感じで、歴代首相のそれとはかなり差がありました。庭は見えませんが、水琴窟を楽しむという人柄でもなさそうです。
▼このお宅で困ったのは、エアコンがないことです。今後、夏の仕事を依頼される方は、その場所にエアコンがあるかどうか事前に確認することにしましょう。ご本人は「エアコンも扇風機がなくても平気だ」と豪語します。しかしわたしは頭がクラクラするので、扇風機だけ回して頂きました。一瞬、少年時代の古さとの夏を思い出しました。
▼過去5年間くらい毎月作り続けた新聞の重要なデータは、もったいなくて「削除できない」とおっしゃるのでフォルダーを作ってまとめ、外付けのHDDに移しました。昼食後、わたしも本当は昼寝をしたいところですが、仕事で来ていますのでそうも行きません。依頼主だけにはお昼寝をしていただきました。
▼さらに立ち上がりが遅い原因を探ると、マイクロソフトの「レジストリー」のチェックをするソフトが勝手に立ち上がり、HDDのスキャンを始めます。それに約5分で、「修復すべき箇所が合計300くらい見つかった」と出てきます。修復には無料と有料があると聞いてきます。つまり言葉巧みに「支払いサイト」へと誘導する仕組みです。
▼シャクに障ったのでコントロールパネルから「ソフトウェアの削除」を試みました。削除を進めて行くと「お名残惜しいのですが、もう一度考え直していただけませんか?本当に削除してもよろしいですか?」とソフトが聞いて来る。まるで演歌の世界で「手が切れない女性」が言うセリフのようで一人で大笑いしてしまった。作業は合計述べ4時間で終了した。この方も世界旅行がお好きな方で、先日2度目のラスベガスに行って来たとおっしゃる。アメリカ旅行をするため、わざわざ4ギガのメモリーカードに撮影してきたがどうしても取り出せない、とおっしゃる。PCのスロットが4ギガのSDカードを認識しないのだ。預かって来て自宅でデジカメとPCを直接接続して取り出し、CDに焼いてお送りすることになった。
▼自宅目の前に大きな家庭菜園があって、お昼御飯には菜園で採れたての野菜類をご馳走になった。さらに家庭菜園で採れた数種類のトマトを詰め合わせにしてお土産に頂いてきた。小型だが、囓ったら青臭くで昔のトマトの味がした。
▼夕べ10時50分のNHKBSニュースを見ていたら、アメリカのニューメキシコではオプスレイ低空飛行訓練の騒音が激しく地元住民の反対の声が1600件寄せられ飛行中止に追い込まれたと言っていた。日本はそれを引き受けるなら、もう植民地以下の国だ。

|

« NHK「メルトダウン連鎖の真相」を見る。 | Main | 森達也のコラム「正義を掲げ追い込んだ先に」 »