« 27日も国会包囲デモに来ました。 | Main | 南沙織だって沖縄の基地はイヤと言っている。 »

July 28, 2012

国家戦略室のパブリックコメントに意見を。

Kokkai27
(27日夜の国会前、規制されて首相官邸には近づけなかった)
▼会議があったので霞ヶ関駅についたのは午後7時頃になってしまった。そのまえに「今晩は開かないそうだ」とか「新聞に出ていた」とMさんは新聞の切りぬきを見せてくれた。わたしはこの新聞は訳あって購読をしていない。うーむ、Mさんを会場につれて行ってデモをしていなかったら気の毒だ。午後メールをくれたA君の事を思い出してメールで聞いてみた。「つたぬことをお聞きしますが、今晩国会デモはあるのでしょうか?」と「スマホでないから分からないが、ネットに今晩は小規模にするとか書いてあったような気がする」という返事だった。
▼確実にデモがあるかどうか分からないので、準備をしてきたMさんには気の毒だが、結局一人で行くことにした。霞ヶ関を降りると経産省角にある福島のテントから、勢いのある「経産省の官僚向けのアナウンス」が聞こえて来た。所が外務省の反対側の坂道を上っていくと、首相官邸方向は「混雑している」として通行止めになっている。警官は鉄柵をおいて「混雑で行けない」というだけ、わたしは「先週より人出がすくないのになぜ規制するのか?」と抗議をする。何を言ってものらりくらりで、、暖簾に腕押しだ。方向を変えて国会に近づこうとすると、1km先まで行って左折せよという。次の交差点でも押し問答になる。鉄柵もあったが別の人が押し問答をしている最中に道路を突っ走ることにした。
▼ここで別のグループ200人余が独自に集会を開いているところに合流できた。つまり金曜日夜には主催者がやろうがやるまいが、全国からみんな三々五々集まってくる仕組みになっているのだ。集まった人なら誰でも発言できるようにマイクが回された。記憶に残っているのはドイツの「ドイツはどうやって原発をなくしたか」という映画を作った映画監督が英語で3分ほどスピーチをした。あと山口県の人が、今日本の運命を左右するほどの山口知事選で反原発派が勝てば国会に影響を与えることができる、と挨拶。群馬県から来た女性は30年前に「原発に反対するならエアコンと冷蔵庫は買うな」という言葉を聞いて、エアコンだけは実践しているという話。母親は80歳を超えているが、原発を容認した結果が今回の事故になって悔やんでいる。
▼さらに福島から来た女性は被災地に住む事は身体に悪いことは分かっている。しかし補償は8月で切れるので、生まれ故郷に帰り汚染された空気を吸ってコメ、野菜、水を毎日飲んで食べなければならない日常だ。汚染が低い所に移住したくてもお金がないので引っ越しも出来ないという。後は昨日のブログに書いた緊急署名にぜひ協力してもらいたい。これを許すと国の政策を「原発容認派」が今後5年間握ってしまうと発言した。さらに国家戦略室でパブリックコメントを求めている。これは8月12日締めきりだ。このコメントには必ず「原発ゼロ」の項目を選んで送信して欲しいという要望が出された。
▼かれこれしているうちに終了の時間になった。主催した人は「この金曜日の集会は原発止めろというで一致するすべての人が集まっている。中には日の丸を持って来る人もいるが広い気持ちを持って参加して欲しいと締めくくりの挨拶をした。集会は小さなトランジスターメガホンで喋る。ところが警備の機動隊は小さな声で喋っているにもかかわらず、大きなスピーカー声で交通整理をする。わたしは「一生懸命しゃべっているんだから黙って聞けよ」と何度も叫んだ。その後機動隊はようやく発言中に大きなスピーカーで規制することはなくなった。

|

« 27日も国会包囲デモに来ました。 | Main | 南沙織だって沖縄の基地はイヤと言っている。 »