« 自動車保険のCMは、みな横並び | Main | 国の看板なき自立の覚悟はあるか? »

September 26, 2012

サーバー攻撃にあった平和団体のサイト

▼昨日の朝6時頃に友人宛メールを送った。ところが3度も送ったがその都度「返信」されてしまう。添付ファイルにA4、4ページの週刊誌をPDFで付けただけなのだが、夜になってこれが原因だと思い、2ぺージずつに分解して送り直したら、ようやく届いた。普通だったら、もうちょっと多い分量でも送れるのだが、ダメだった原因は不明だ。
▼ところで数日前から都内の某平和運動をしているサイトが、あの例の沖縄近くにある島を買った問題で反発している国で乗っ取られたという。サーバーが攻撃され乗っ取られ、彼らの主張が掲載されているという。試しにアクセスしてみたらご覧の通りだ。日本政府のサイトが攻撃されるならば分かる。しかし同団体の毎年恒例の8月の行事には、その国からも代表はやってきていた。どうして攻撃の対象になるのかまったく分からない。有効団体のサーバーを攻撃するとなると、もう勘違いしているとしか思えない。
▼昨日も元病院の中にある事務所に通って仕事をしていた。ここの困った事は午後5時には退出しなければ鍵がかかってしまう。わたしも出られなくなって看護師さんに頼んで開けてもらった。ただ毎日パソコンを持ちかえるのは重いので、安心して預けられるのは便利である。今朝もこれから出かけるのだが、出版記念会のパーティ会場を抑えてあるので今日の昼までに100ページ強の本の版下をPDFファイルにして印刷屋さんに渡す期限になっている。
▼昨日は朝のNHKラジオ、そして今朝は朝日で中国の「空母就役」した事が話題になっている。この旧ソ連製の空母については、このブログで何度も書いてきた。甲板がフルフラットではない。傾斜があって勢いをつけて飛び上がる仕組みになっている。そして浪が高いときには飛び立てない。現在の空母はカタパルトという蒸気を使った飛行機発射システムで打ち出すようになっている。この仕組みはアメリカとイギリスにしか作れない。だか旧式の空母を「危険だ」と取り上げる背景には、「中国脅威論」を殊更に強調して、日本の防衛予算を増やそうという思惑がある。
▼ま、しかし沖縄海域の動きを見ていると、あの国の動きは国際平和に逆行している事には間違いない。要するに東シナ海で権益を確保しようといいう単視眼的な行動なのだ。軍事力が弱いベトナムフィリッピンなどの国に対しては軍事力で小さな島を占領しまっているのが現実だ。今朝のNHKラジオではなぜか映画「トップガン」のテーマ曲「愛は吐息のように~トップ・ガンLOVEテーマ~」が聞こえて来たので、この原稿になった。

|

« 自動車保険のCMは、みな横並び | Main | 国の看板なき自立の覚悟はあるか? »