« 役にたたない防衛費2兆円、年金の物価スライド差額1兆円。 | Main | 9月7日は国会議事堂前集会に参加しました。 »

September 07, 2012

「ヒーローを待っていても世界は変わらない」湯浅誠の著書

▼党首選レースにはまったく興味がないから書かない。各党ともこの程度の人材しかいないのかと思うだけだ。細野の脇が甘いから出ればスキャンダル続出になるだろう。所詮前原という少数派閥の出身だから勝ち目はない。
▼例の首を冷やすタオルは、わたしも昨年から使っている。昨年の夏はスカイツリーまで往復30分で行って帰ってくるとホカホカになっていた。今年は首相官邸前抗議行動(昨日まで「国会包囲デモ」という言葉を使っていたが、校正をしていたら間違いだと指摘されたので、今後は「首相官邸前抗議行動」とする。6月末はまだしも7月に参加するようになって熱中症の心配が出てきた。そこでケーキや鮮魚を買ったときにもらう、保冷剤を3つほどハンカチにくるんで使っている。これでもせいぜい1時間程度しかもたない。
▼昨日あるブログを見ていたら、湯浅誠さんの「活動家一丁あがり」を受講している、筆者とほぼ同じ年齢の人が、「いいチラシを作る為の14の条件」とはをあげていた。
1.一番伝えたい事を大きく
2.いつ、どこで、何を、どうする
3.間違えないように
4.イベント説明
5.連絡先
6.料金
7.紙の選定
8.テーマ
9.裏に詳細を載せる
10.なるべくビジュアルに訴える
11.ゲスト(いる場合)のプロフィール載せる
12.とっつきやすくする
13.会場の地図載せる
14.website載せる
▼先日もNHKTVで深夜だったが津田大介氏が仙台で「Webを使ってどうやって人を集めるか」という研究会の模様の一部を紹介していた。参加者はいずれも若い人たちだった。集める方法の多くを「有名ブロガーに協力してもらう」と口を揃えて言う。津田氏は「有名ブロガーが協力してくれないときはどうする?」と問い返し、複数の方法をあらかじめ考えておくようにと指示していた。他人頼みでは何も変化しないし、世の中は変わらない湯浅さんの著書「ヒーローを待っていても世界は変わらない」は重版になったという。まさに自分が動かなければならない時なのだ。
▼昨日のレーバーニュースでこんな話があった。銃器マニアなら誰でも知っているドイツの「H&K」(ヘッケラー&コッホ)本社前で武器の搬出に反対する抗議コンサートが開かれ、正門は音楽家と観衆により完全に囲まれた。

|

« 役にたたない防衛費2兆円、年金の物価スライド差額1兆円。 | Main | 9月7日は国会議事堂前集会に参加しました。 »