« サーバー攻撃にあった平和団体のサイト | Main | 新聞はカネを払って読め。きっと深く理解できる。 »

September 27, 2012

国の看板なき自立の覚悟はあるか?

Byouinjimusho
(元病院で今は某事務所、丸いのは卓上扇風機)
▼いやはやハードな一日でした。朝8時半に先方について、飲まず食わず。仕事が終わったのは午後3時になろうとしていた。土日も休まず約8日間かかったDTPの仕事もようやく終わった。前に書いたように、その事務所は病院の一室だ。だから午後は「見舞いに来ましたが3××号室はどこでしょう?」などと言う人もやってくる。建物には病院の看板がかかっているから間違えるのも仕方ない。本当の病院は、ここから歩いて15分くらい先にある。
▼納品が終わったのでゆっくり食事でもしてくれば良い。しかし銀行の振り込み、さらに午後4時半頃までには雑誌の発送をする作業を終えて、郵便局まで持ちこまなければならない。ここまでが昨日の朝に予定した仕事の段取りだ。やむを得ず駅構内でサンドイッチと牛乳を買って上り電車のなかで食べる。
Kin1924
「週刊金曜日」臨時増刊号を買って来た。499円。大きな書店で売っています。
▼仕事を終えてテレビを見たら、自民党総裁に安倍ちゃんが再選されたというので仰天する。この国は一体どうなってしまうのだろう。前に総裁になったとき公用車で自宅前まで戻って、コンビニに立ちよってコンビニ弁当を買って自宅マンションに入ったという記事があった。こんな生活をしているから潰瘍性大腸炎でやられてしまうんだよ。総裁選に臨み3500円のカツカレーを食べて見せたというが、いかにも病人らしく覇気が感じられない。
▼さらにその後TVを見ていたら「相棒10」の「11/名探偵再登場」の再放送があった。あのマーロウ矢木(高橋克実)が登場する。最後に杉下右京(水谷豊)は事件が解決して、相棒の神戸(及川光延)に「飲みに行こう」と誘う。すると及川は「今晩はギムレットですね」と言う。お分かりだろうか?これはレイモンド・チャンドラーの「長い別れ」(long goodby)の後半にある一シーンで「ギムレットには早すぎる」(I suppose it's a bit too early for a gimlet. )というセリフがある。ドラマの場合仕事が片づいたので「ギムレットが許される」という設定なのだ。
▼最近TVの特番や夕方の番組で「風評被害に負けないで福島県産のものを食べて応援しよう」という番組が多い様に思う。昨日発表されたグリーンピースの「回転寿司」を調査した結果は次の様になる。
▼また第11回目放射線調査の結果は以下の通り。
▼今朝の朝日17面に東京外語大の酒井啓子さんが「あすを探る/国の看板なき自立の覚悟は」という一文を載せている。そこで酒井さんは8年前にイラクで人質になった3人は激しいバッシングにあい。山本さんは美談になっている事を考えている。前者は自衛隊の海外派兵に従えという大きな圧力が国からも社会からもあった。人は異国の人と接するとき、国籍という看板を背負う。そのとき国家の政策や国際社会上のイメージが、望むと望まぬとに関わらず巻き込まれる、と指摘する。(この項明日に続く)

|

« サーバー攻撃にあった平和団体のサイト | Main | 新聞はカネを払って読め。きっと深く理解できる。 »