« ◇『モンサントの不自然な食べもの』(2) | Main | サーバー攻撃にあった平和団体のサイト »

September 25, 2012

自動車保険のCMは、みな横並び

▼やるべき課題は山積み。しかし今週はデスクに座っている時間は少ない。どいう手順で作業を進めるか?今通っている事務所は元病院だったところだ。部屋はベッドが取り外されただけ。ベッドの枠やナースコールのボタンだけ残っている。だがここで寝ているわけではなく、持ちこんだパソコンに向かって作業している。そういえば表参道の病院に入院していたとき、持参したパソコンに携帯を使ってネット接続していたら、看護師さんに「婦長さんの許可はとったか?」と叱られた。病室でやっていた訳ではなく。面会室で自分の電力をつかったのだから問題ないと思っていた。
▼見舞いに来てくれた某氏は「良い場所ですね、これから飲みに行きましょう」と誘ってくれたが、流石にそれはできなかった。
▼健康診断をしていたというニセ医者の話。わたしが通っているクリニックでは、顔写真入りの「医師の証明書」のような物がデスクの上に置いてある。それよりわたしは医者にかかるとき担当医の経歴をネットで調べて受診する。会話でそれを出すと医師も「ちゃんと調べて来ているな」と思うに違いない。みなさんも受診するとき、担当医がどれだけの専門性を持っているか調べて行った方が良い。
▼テレビを見ているとサプリメントと自動車保険会社のCMがいかに多いか気づくだろう。前者はさておいて、後者はみんなA社、S社、Z社とも一様に「売上げナンバーワン」「サービスナンバーワン」と言っている。しかし売上げが上がることと、サービスは相反する価値観だ。売上げが良くてサービスが良いことはあり得ない。支払いを渋るから売上げが伸びるのだ。それにTVのCMに出てくるシュチュエーションは現実離れしている。
▼夜の雨の中で電柱に衝突して、救援の車が来たのは翌日晴天になっている。この人はじっと雨の中で待っていたのだろうか?さらに最近のZ社のCMは娘のコンサートに向かう途中で車が故障してしまう。こんな時は普通、付近の修理工場かJAFだな。しかしZ社に電話すると、妻と娘はタクシーで先にコンサート会場に向かい。夫はスクーターか何か別の方法で行き、間に合うという。
▼事故で一番困るのは人身事故のはずだが、その悲惨な事故は一件もでてこない。「休日も社員対応する」として、やや傲慢な顔をした男が。鷹揚な態度で悩みを聴いているだけ。ま、車には乗っていないからどうでもいいけど。生命保険ではアヒルのマークの会社には「支払わない」という苦情が殺到しているとネットで話題になっている。では今朝も早い出勤なのでこれで終わり。

|

« ◇『モンサントの不自然な食べもの』(2) | Main | サーバー攻撃にあった平和団体のサイト »