« 「ヒーローを待っていても世界は変わらない」湯浅誠の著書 | Main | ◇「カルロス」第一部を見る。 »

September 08, 2012

9月7日は国会議事堂前集会に参加しました。

9071
(「人事案ハンタイ」のシュプレヒコール)
▼毎週金曜日に首相官邸前抗議行動に行くとき、この蒸し暑さで2時間も身体がもつだろうかと心配になる。7日はいつもの官邸前が盛り上がりに欠けると思ったので、国会議事堂前に変更した。首相官邸前は警察の規制が厳しすぎて、身動きも出来ずに立ちっぱなしというのは余計に疲れる。さて議事堂前に来るのは7月29日夜7時半に「解放区」が出現して以来だ。こちらはテーブルを寄せ集めた「舞台」も出来ている。早かったので先頭に位置を確保した。そのため今日のレーバーネットの写真に、2点ほど(10枚目と11枚目)わたしが写っている写真が掲載されている。しかし写真が小さいので、本人が見なければ、自分だとは分からない。
90712
(「人事案撤回、ナカムラヤメロ」と叫ぶ)
▼準備をしているとき「第九」の音楽がかかっていたので何をするのかと思っていた。すると後半に「第九合唱隊」が登場して「第九」を歌いはじめた。直前に第九の歌詞が配布された。一曲歌い終わってから「原発」に歌詞を変えて歌ってくれた。以下の画像はわたしがデジカメのビデオ機能で撮影したものだ。画像は2分だがアップロードに20分ほどかかった。
▼いや官邸前からこちらに変更して正解だった。歌って踊って有名・無名の人の訴えや演説が目の前で聴ける。途中議員のトップバッターで「国民の声が第一」の姫井議員が来た。ところが「5年後に廃炉」と言ったものだから、会場から野次が飛び始めた。わたしが先頭切って野次ったのだけど…。「5年後じゃないよ、即時廃炉だ。親分を連れて来いよ」と。彼女は一瞬たじろいだが、なおも「5年」を繰り返すので野次がとめどなく続き、最後は「5年」とは言えなくなった。
▼この日の舞台は千葉麗子さんが超ミニスカートでやってきていて、「chibar.3GP」をダウンロード

音頭をとっていた。(千葉さんの声です)演説が続くと、その合間にシュプレヒコールを入れるという工夫がされていた。議事堂前の集会は千葉さんがリードで盛り上がり、最後は踊りまで登場して、プロらしき人がTRFのように、路面に這いずり回って踊りまくるので、いやはやとても楽しいひとときで蒸し暑さも吹き飛んだ。集会はいつもの8時で終わった。
Kankyosho
(「環境省前」の抗議活動の様子、Tさん提供)
▼その後8時15分から9時まで環境省の前で抗議活動をするというので、かなり大勢の人が向かって行った。参加していた「Tさん」に「そちらに向かいますか?」と意向を聞かれたが、「疲れているので」と断って帰ってきた。
90713
(フィナーレで踊りまくる人たち)
▼しかし来週月曜日は人事案が首相の一存で決められるらしいという情報があり、もしかして緊急集会になるという。そうするとわたしも行かなければならない。これは他の人が撮った7日の抗議活動の動画です。

|

« 「ヒーローを待っていても世界は変わらない」湯浅誠の著書 | Main | ◇「カルロス」第一部を見る。 »