« ◇「シベールの日曜日をみゆき座で見る。 | Main | NNNドキュメンタリー「日本の空は今も占領下?」を見る。 »

November 26, 2012

相手を理解できないと『異端者』と決めつける。

▼連休になるとブログもアクセス数が減る。国会前の動画は、ブログよりもツイッター経由でアクセスして下さる方の方が多い。ということは常連のみなさんどちらかにお出かけなのだろうと思っている。首相官邸前抗議行動は年内12月28日まで行うというから安心だ。とすると年始の行動始めは1月4日からかな、と勝手な想像をしている。今週は明日27日は経団連に行くので結構忙しい。わたしは都内にいる限り、たとえ元旦でもその全部に参加するつもりだ。コタツに入って蜜柑や雑煮を食べテレビを見ているだけでは、絶対に世の中は変わらない。
▼今エジプトを旅している友人がいて、土曜日「これからナイルクルーズに行く」というメールを下さった。この方とは海外に行くと絵はがきを送ったり、メールで現在位置を知らせあっている。海外に送信する携帯メールはかなり割高である。しかも自分の送信だけではなく、友人からのメールをいただいてもすべて受け取る側に請求書が回って来る。次回から海外に行くときは「選択受信」にして帰国してから「開く」設定にしていく。
▼今朝の朝日新聞には選挙の世論調査予測が出ている。だいたい予想している通りだ。それなのに昨日の朝日には「小林多喜二の蟹工船の精神で」とおっしゃっている方がいる。「正論」を言うのは簡単だ。しかしそれを多くの人々に納得してもらうのは、かなり時間がかかる。
▼たとえば「脱原発」、「即時廃炉」といっても今朝の朝日に出ているように、技術的にも気の遠くなるような時間とお金がかかる。さらに電力会社や経産省、それにマフィアの集まり経団連を様々な方法で包囲して「原発を断念」させなければならない。もし脱原発、即時廃炉というならば、実際態度で示さないと何も意味はないと考えるので、わたしは毎回抗議行動に参加する。口先でいうのは簡単である。しかも何度も書いているが、宇都宮さんは集会の始まる30分も前に来て、参加者と談笑して、記念写真に気軽に応じている。
▼方や集会に発言枠の予約をして、1分だけ威勢のいいこといって対話もせずにさっさと逃げるように帰っていく。部下に「古い名簿をひっくり返して対話せよ」といって自らこの態度ではどうしようもない。だいたい批判を聞く「耳」を持ち合わせていないのだから。
▼土曜日午後、親しい人と10分くらい話す時間があった。「筋を通すという名のために全選挙区で立候補している時ではない」という認識で意見は一致した。とにかく石原、橋下らが安倍と一緒になって「憲法を変えよう」、という政策で打ってでようとしているのが今だ。そんな「独自路線」、「戦争に反対してきた」をいっても、選挙で大敗したら「暗黒政治」が復活するので、「初心貫徹」などまったく意味がなくなってしまう。
▼聞く耳を持っていない人に何を言っても意味がない。昨日ご紹介した「シベールの日曜日」の後半で、看護師の姉とパリに住んでいる弟がピエールを救出するために車で向かう。その車中に会話。姉「お前は自分が理解できない物や人に対して、すぐ『異端者』と決めつけるけど、それは間違っている。もっと相手を理解する努力をしなければ」。世の中どこにも同じような人がたくさんいるらしい。

|

« ◇「シベールの日曜日をみゆき座で見る。 | Main | NNNドキュメンタリー「日本の空は今も占領下?」を見る。 »