« NHKETV特集「水俣 未来への遺産」を見る。 | Main | 朝日は11日の集会を7500人と書いた。 »

November 12, 2012

100万人の国会包囲デモの断片描写

Utunomiya
(集会に参加していた宇都宮健児さん)
▼小雨の日曜日いかがお過ごしでしたか?わたしは午後3時に有楽町から日比谷公園に向かって歩き始めました。すると図書館脇で「憲法改正・皇室典範を改正せよ」という200人くらいのグループが行進をはじめていたので驚きました。さらにいつもの経産省から国会に向かいました。いつもの議事堂前はいっぱいだというので、ファミリーエリアから迂回するように指示されました。近づくとさすが日曜日なので立錐の余地もありません。近くまでいくと、先日「大集会のための要員の要請メール」をくださった方が自ら要員として道案内をしてらっしゃいました。声をかけると「自ら引き受けるはめになりました」と苦笑いされていました。
▼仮設ステージの前にはいつものメンバーが仕切ってコールをしていました。わたしは普段きているので、そこには留まらず、仕切っている常連のメンバーには目で挨拶を交わして先を急ぎました。7月29日には道路に参加者であふれました。そのとき憲政記念公園の脇で、黄色いドラム缶をたたいていた人たちは、きょうも同じ除洗服と防護マスク姿で景気よくたたいていました。
▼さらに先を急ぐと、うまい具合に都知事候補の宇都宮健児さんが、みなさんに挨拶をしてる場面に遭遇しました。取り巻きは20人もいなかったので超接近して撮影に成功しました。みるからに優しそうで、政治家ぶっていないところに好感が持てます。毎回、毎回演説のために1分間ばかり来て能書きばかり偉そうにしゃべる奴の話は聞き飽きています。さらに先日、首都圏反原連の人たちが「日比谷公園を借りられないから力を貸してほしい」と、挨拶に来た政治家に訴えていたのを聞き流す。その場面を目撃したわたしとしては、こういう手前勝手な彼らには決して一票は入れません。
▼一カ所に留まっていても仕方ないので、なるべく参加者の顔を見て話を聞くことにしました。カトリック教会の人たちは「いますぐ原発の廃止を!」というステッカーを配布していたので3枚もらってきました。さらに自作の反原発ポスターのデータを配っている方もいたので、「無料です」というのでCDに焼いたデータをいただいてきました。もうこうなるとコミュケ広場のような感じです。
▼雨が少し降り出しましたので経産省角に移動すると、東部労組が楽しそうに演奏していたので、そのグループに潜り込みました。その前のグループが元大学の過激派らしいので、混乱に巻き込まれないように意図的に距離を作って隊列は進みます。東部労組はシュプレヒコールを印刷して誰が担当しても、同じスローガンが出てくるように工夫されていました。その一つに「戦う労働組合を取り戻そう」というのがあってジーンと来ました。近くを一周して霞ヶ関駅に戻ったところでわたしは列を離れました。
▼その理由は前夜ほとんど眠っていなかった。日曜日に疲れると今週の仕事に影響を及ぼす。雨具は持っていたが濡れると風などひきやすくなる。いつもより大勢の人が参加しているので、普段来ているわたしが抜けてもたいした影響はない。と考えからで2時間だけ参加して帰宅しました。帰宅するとTさんから「現在位置を知らせよ」というメールがありました。同行者のNさんにも会いたかったのですが、もはや体力は限界なので事情を伝えて了解を得ました。という一日でした。
▼おもしろい動画はたくさんとりましたが、こちらに5本ほどアップしました。

|

« NHKETV特集「水俣 未来への遺産」を見る。 | Main | 朝日は11日の集会を7500人と書いた。 »