« 2月22日のt国会前行動には福島から大勢参加した。 | Main | もしも「ゼロ・ダーク」がアカデミー賞になったら…。 »

February 24, 2013

安倍の訪米に諸手を挙げて「歓迎」するマスメディア

▼居住しているマンションの総会で理事長に推薦された。別にこれは能力というより持ち回りである。13年に一回くらい回ってくる。それで昨日は午前中に第一回理事会をひらく。今期は大規模修繕がテーマになっている。13年前も屋上防水加工と外壁の塗装が課だしで業者の選定から、その業者の過去に行った事業の実績を見るために都内のマンションを回ってあるくなど大変だった。さらに最後は外壁塗装の足場を作ったので、解体する前に実際指定通りに工事が完成しているかチェックしなければならない。
▼わたしには閉所恐怖症と高所恐怖症を併せ持っているので細い足場を9階から降りてくるなど命がけだった。昨日は業者を決める前の診断検査のための見積書のチェックだった。検査だけで約200万円ほどかかるのだ。工事に着工するまでに会議はほぼ毎月で9月までに契約書を取り交わさなければならない。というのは消費税の引き上げがあるからだ。9月までに契約した分については5%で済むというので、急がねばならない。幸い居住者の中には様々な建築分野の専門家が4、5人いるので、その方々の力も借りながらすすめていく事になる。
▼安部首相の訪米はその記者会見すら日本の午前7時に合わせているのには驚いた。マスメディアを巻き込んで「TPP」参加への大合唱を繰り広げている。今朝のNHKラジオでは専門家がかつて1960年代の「木材の自由化」が日本を復興させるためには、安い海外の丸太を輸入したの安い木造家屋を建てることができた。しかしその結果として日本の山の木は高くなって荒廃してしまった、と語っていた。そして肉はファストフードのハンバーグや牛丼チェーンでは輸入肉。国内のブランド肉は旅館やホテルなどと棲み分けをしてここまで来た。しかしTPPですべての農産物の関税が撤廃されたらどうなってしまうのだろう、と指摘していた。
▼モンサントの例を見るまでなく、国民の生命の安全を担保に自動車産業に有利な道を造ろうというのでは日本の将来は暗澹としてくる。試しに「ワシントンポスト」と「ニューヨークタイムス」サイトを見たが、安倍のこともTPPについても一行も書いてない。会議が終わってから銀座丸の内ルーブルに行って韓国映画「王になった男」を見て来た。来ている方は意外なことに女性が多く。後半すすり泣く声も聞こえてきた。映画の詳細は明日ご紹介する。
▼昨日の朝日別刷りに「グノシー」のことが紹介されていた。わたしは自分でグーグルリーダーを設定している。グノシーだけではなく、たとえばプロバイダーのニュースにしてもかなり、政府や右派勢力のバイアスがかかったニュースが多く出てくるので利用するのは見合わせている。

|

« 2月22日のt国会前行動には福島から大勢参加した。 | Main | もしも「ゼロ・ダーク」がアカデミー賞になったら…。 »