« ◇「フタバを遠く離れて」を見る。 | Main | 正しい情報はどこで知る事ができるか? »

March 07, 2013

キューバが野球に強いワケ(理由)

▼昨日ブログを書いている真っ最中にベネズエラのチャベス大統領の訃報が入ったので驚いた。1月キューバに行っているとき、彼はたしかキューバの海軍病院か何かに、3度目の入院していた。ガイドは「キューバ国民は大統領の一日も早い回復を祈っている」とまるで外交官のような口ぶりで話したので可笑しかった。キューバは自国では化石燃料は生産されていないようだ。だからベネズエラからの輸入に頼っている。もしもキューバを快く思わない政権が誕生すると、また一つやっかいな問題を抱えることになる。だからキューバは国力を上げて、必死にチャベス大統領のガン治療をしてきたのだろう。カストロと野球jをするチャベス。
▼そして昨晩のWBCの日本対キューバ戦はとても良かった。わたしは現在のところキューバを応援している。ゴンザレス投手だったかな、彼はものすごい迫力だった。監督も8回裏にホームランが出たときは飛び上がって喜んでいた。監督の後ろにスタッフとは違う女性がいたので、何をする人かなとずっと見ていたら通訳で監督の意志を主審に伝える役割を負っていた。しかし監督も投手に自分の意見を伝えるときに口元を隠さない。日本の投手と捕手の場合は相手チームに作戦を読まれないようにグローブで口を隠す。しかしお互い相手国の言葉が分からないから自由に指示していたので面白かった。本当にやる気ならば対戦国の言葉を読む読唇術者を雇用しなければならない。しかしそれを翻訳していたら試合には間に合わないだろう。キューバ共産党機関紙「グランマ」には、まだ2日前のニュースしか掲載されていなかった。
▼その数日前のNHKだったと思う。キューバの野球人口が多くて選手を養成する専門学校まであると報道していた。これはすごいことだ。ビデオに映っていたのは少年達が、拾ってきた木の実を細い棒きれで打つ練習をしていたことだ。終戦直後から1960年代にかけて日本はオリンピックで卓球だけは強かった。日本はなぜ卓球に強いかという研究をした人がいて、どんな田舎の公民館に行っても、ひなびた温泉地に行っても卓球台だけはかならずある。これが強い証拠というのだ。それからするとキューバが野球に強いのも木の実を棒切れで打っていることが原因かもしれない、という研究結果が出てくるかもしれない。
▼1月にサンタクララに行った。午後2時頃だったが、タクシー(といってもガソリンは高価なので馬車タクシー)運転手さんたちが客待ちか、昼休みに路地裏に集まって野球に実況中継に熱中していた姿を思い出す。ひいきチームの活躍に一喜一憂しているように感じた。キューバがこれだけ野球が盛んになっったのもカストロが野球好きだったことが関係している。ロシアで現在テニスが盛んになったのもエリツィンがテニスのファンだったこと。彼が全国各地域にテニス練習クラブを作らせた事が一因になっているらしい。

|

« ◇「フタバを遠く離れて」を見る。 | Main | 正しい情報はどこで知る事ができるか? »