« 原発を守るのは機関銃ではなく殺鼠剤。 | Main | 国会前はネズミの話で持ちきり。 »

March 22, 2013

上総湊では鶯が鳴いていた。

Mikaeri1
(鋸南町菱川師宣記念館の「見返り美人の像」)
▼昨日は冬が戻って来たような気温だった。取材があったので冬支度で房総半島の保田まで出かけた。事情があってお茶の水を午前9時頃の総武線各駅停車に乗った。乗り換えで千葉で待つこと30分余。さらに木更津、君津で各30分、しかもその先は単線になるのでたとえ特急に乗っても同じこと。目的地の保田に到着したのは12時半頃だった。時間的に大阪よりも遠い。飛行機ならば那覇に着く。途中の上総湊駅ではウグイスが鳴いていた。
▼取材で行ったのは菱川師宣記念館だ。記念館は鋸南町の施設だが、ハッキリ言って昨年取材で行った東山魁夷美術館とは意気込みが違う。彼はこの地で生まれたが江戸に出て、版画の下絵からやがて今で言うファッションクリエイターとして腕を上げていく。わたしは彼の書いた最初の「見返り美人」の切手が印象に残っている。それは父が使わなくなった軍隊手帳の余白に使わなくなった切手を貼っていたコレクションの一枚だった。展示を見ると最初のあまりカラーが鮮やかでない切手が発行されたのは1948年とあった。
▼そんな昔だったのか。それと鋸南町にあった梵鐘に師宣直筆の文字が彫られていた。しかしその梵鐘も第二次大戦末期の供出政策によって残っていない。もしもあれば国宝級だと思うのだが、戦争はそれをも容赦しなかった。今記念館の前に展示されている梵鐘はレプリカである。
▼中の展示は師宣の影響を受けた画家の作品も多数展示されている。伊藤深水の作品もあってやってきた見学客がは一様に「娘の朝丘雪路は実子ではなくてお○○○さんの子なのよ」」「バカねそんなこと大きな声で言うものじゃないわよ」等と言っている。もう記念館中に響く十分に大きな声である。別に朝丘に責任がある話ではなく、立派に自立して生きているのだからとやかく言われる筋合いはない。
Skytreecherey
(夕べのスカイツリーと夜桜、携帯で撮った。今晩はちゃんと撮ります。)
▼1時間取材して何か食べようかと思ったがが記念館の脇にあるレストランは刺身定食で結構値段が高い。房総と伊豆方面の決定的な違いを考える。TVの旅番組の食事の内容と比較すると、こちらは交通的にどん詰まり文化の交流がないので、サシミや魚が新鮮なのがごちそうということになる。向こうは東海道で交通の要衝となっているので人の行き来が多く、他文化を受け入れる要素が多かったのではないかと思う。つまり魚一つとっても新鮮だけではなく、煮たり焼いたり、フレンチにしたり工夫を凝らしている。もちろん房総半島にもそういう店がまったくないわけではない。
▼なぜか木曜日定休の店が多くて土産物兼パン屋さんでとんかつ弁当を買って駅のベンチで食べる羽目になってしまった。やれやれ、夜は会議があり千葉で途中下車。会議が終わるやいなや、家族が検査入院していて家を留守番している3匹のネコが可哀想なので一目散に脇目も触れず帰宅する。
▼今朝ネットを見たら、首都圏反原連が初めて東電本社に抗議行動を行ったという写真が出ていた。残念知っていたら行ったのに。

|

« 原発を守るのは機関銃ではなく殺鼠剤。 | Main | 国会前はネズミの話で持ちきり。 »