« ◇「酒とバラの日々」(DVD)を見る。 | Main | 再び図書館のDVD「猫が行方不明を見る。 »

May 27, 2013

余命1ヶ月を宣告される。ただし猫ちゃん。

Peace
(猫の超音波画像、内臓を腫瘍が覆っている)
▼後述するが、昨日午後5時に近くの動物病院を予約して猫(長男)を診察に連れて行った。検査が多く待ち時間が3時間もあった。診察はすぐ終わると思っていたので、何も持って行かなかった。夕方の福沢アナウンサーの番組で、中国では反日映画が流行る理由を放送していた。つまり「反日」であれば検閲がかなり緩い。「検閲か」と思った。日本では検閲はないが自主規制という「検閲」が存在する。25日TPP反対の集会が芝公園で開かれ、金子勝慶応教授の挨拶がネットに流れている。曰く「日本の放送は国歌が流れたりアナウンサーが絶叫しないが、北朝鮮のそれとまったく同じである」と。
▼今朝のNHKもトップはフランスのカンヌ映画祭がトップニュースだった。しばらくして5本目くらいに東海村の事故である。今度は被曝した研究者が増え、20代の若い女性も入っている。原子力村の相変わらずの隠蔽体質で、1日半もたって重い腰をあげる。そして小出しに情報を流す。大体において福島の第一原発であれだけの事故を起こしておきながら「想定外」とシラをきる。今回の東海村の事故も「想定外」と言っている。トップがそういう姿勢だから、下々もそういえば責任逃れてきると考えるのだろう。福一(福島第一原発)では、未だに家宅捜索も行われていない。東電社長は拘束もされていないし、取り調べすら行われていない。どこに北朝鮮や中国のメディアを笑う資格があるのだ。だから、「マスコミは腐っている。マスゴミだ」と揶揄されるのだ。そして警察は証拠が何もなく、人的被害がまったくないPC遠隔操作ウィルスの容疑者だけ血祭りにあげる。
▼だから最近のニュースを見るとき「これはニュースバラエティ番組だ」と思う事にしている。そう思えば腹も立たない。医療番組も増えている。タレントに健康診断を受けさせそれをあげつらう。こういうのも「メディカル・バラエティ」というのだそうだ。そう思えばこれも腹が立たない。
▼本題だ。動物病院にいった猫は今年の9月に満20歳になる。人間の年齢で言えば100歳を超える。2月にも血尿か血便が出るので医者に連れて行ったが、血液検査だけしてもらい、尿が採取できずそのままになっていた。実は1週間ほど前からおなかがパンパンに張ってきた。触ってみてもどうも異常である。元気もなくなってきた。それで昨晩連れて行って最終的にCT検査までしてもらった。その結果がん細胞が大きくなって脾臓や腎臓になどの内臓に癒着している。この年齢では手術はできない。余命1ヶ月くらいであろう、という診断だった。検査・診察料はペットの場合保険が利かないので、わたしの12ヶ月の受診料に匹敵した。好きなものを食べさせて、「おなかが再びふくれたり、呼吸困難になったらまた来て下さい」。という事になった。余命一ヶ月。

|

« ◇「酒とバラの日々」(DVD)を見る。 | Main | 再び図書館のDVD「猫が行方不明を見る。 »