« NNNドキュメンタリー「生活保護/自立をめざして」を見る。 | Main | ■『鍵盤乱麻』HPはは5月23日で閉鎖します。 »

May 09, 2013

◇「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」を見る。

▼昨晩の取材は待ち合わせる場所と時間は決まっていたが、お互い携帯番号しか知らない初対面だったので、ちょっと失敗してしまった。わたしは改札口の直前に出てくる人に顔がわかるようにして、約束の15分前からカメラを露出させて立っていた。取材相手の方は仕事が早く終わり、1時間も前から改札口の先5mくらいの位置で待っていて下さった。事前にお聞きした携帯の番号も他に掛かってしまい困惑していた。
▼この方は気仙沼や南相馬の被災地の支援に100回以上通っていらっしゃる。復興支援の中身はいわゆる、がれき(ご本人は震災家財と呼ぶ)の片付けや、汚れた家の清掃や再建をボランティアを組織して、現在は行方不明なった方々のご遺骨探しをなさっている。この原稿は来週に記事にするので、ご希望の方には校正紙をPDFファイルでお送り出来る。
▼取材は話しが弾んで2時間も瞬く間に終わった。帰り道にスカイツリーを見たら真っ赤なイルミネーションが点灯していた。4月に藤の開花とスカイツリーの動画をアップしたらすでに700カウントを突破していた。ふと昭和30年代に安達明がうたった「女学生」を思い出した。♪「薄紫の藤棚の~」2ヶ月ほど前に日曜日のBSTBS「徳さんのお遍路さん 四国八十八カ所 心の旅」でこの曲を口ずさむ場面があって、この曲を懐かしく思い出した。
◇「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」18後半のベルギー王朝にイギリスから若くして嫁いだカロリーネ。持って来た本は取り上げられ本国に返送されてしまう。嫁入りするにあたって母親は娘に「初夜に王があなたの部屋に来たら結婚は成功よ」と諭す。それは成功したが、クリスチャン王はあきらかに精神を病んでいた。
▼国王の母は思案の末、野心家のドイツ人ストルーエンセを精神科医として王室に呼び入れる。王の症状は少しずつ改善されるが、何事かを決定するときに、その精神科医に援助を求める。啓蒙思想を持った医師は宗教の影響と貴族の影響を排除して、健全な王室の改革を目指す。と同時にカロリーネとも深い関係になってしまう。
▼権力が剥奪されるのを不満に思う貴族は国王の母親に、医師と王女の関係が怪しいと訴える。まずいことに王女は医師との間に出来た子どもを妊娠していた。国王を1年間寝室に招き入れなかったので、義母にそのことを知られると大変なことになってしまう。国王の理解者であり、親友となった医師は啓蒙思想で税制改革や貴族の土地の解放、検閲の廃止、拷問の禁止など国王の言動を操り、摂政として数々の改革を推し進めていく。しかし旧守派貴族たちは密かにクーデターを画策していた。2時間半とかなり長い。渋谷ルシネマで。

|

« NNNドキュメンタリー「生活保護/自立をめざして」を見る。 | Main | ■『鍵盤乱麻』HPはは5月23日で閉鎖します。 »