« NNN「チェルノブイリから福島へ未来への答案」を見る(2) | Main | 日本シリーズの展開は予想通りだ。 »

October 31, 2013

10月30日新橋スーツデモに参加する。

Suitdemoa
(スーツデモ出発地点の桜公園で)
▼昨晩は新橋で行われたスーツデモに参加。東京新聞の1面と社会面には比較的大きく取り上げられている。わたしはそれよりも、「会ってご挨拶をしたい」とおっしゃる方がいらしたので、着慣れないスーツを着て出かけた。このスーツは2年くらい袖を通していなかったと思う。烏森口にある、桜田公園が集合場所だった。たしかここは昔小学校があった場所だと思うが住民が減って学校がなくなってしまったのだろう。
Suitdemob
(スーツデモ煉瓦通りで)
▼目的の相手にお目に掛かり、「こういう場合も、名刺を出して挨拶するのでしょうか?」という前に先に名刺を出されたので、こちらも昔の名刺を差し出す。さらに今晩のラミネートで裏打ちされた「プラカード」を手渡される。午後7時に出発するデモなんて久しぶりだ。いつもの国会周辺は止まったままの抗議行動だけだ。警備の愛宕署員は「今晩はどのくらい集まりますか?」と主催者に聞く。その時点では100人足らずだったので「分かりません」と答えていた。裏通りから田村町交差点に出て、そこを右折する。日比谷交差点を右折して東電本社前に出る。

(スーツデモ解散地点近くで)
▼動画もあるが、このときのコールはたしか明日香さんだったと思う。東電本社の建物に向かって,「私達も昼間働いて夜、このデモに来ています。働くというのは人の役に立つからお金をいただく、という事だと思う。しかし皆さんがやっている事は何なのでしょう」と訴えた。みんな聞いているのかなー。来週水曜日も東電本社抗議だから、また来るね。東電本社を第一ホテル方向に右折して振り出しに戻る。およそ2kmくらいの距離だから、さっさと歩けば20分くらいで歩ける。交通規制もあるので、夕べは40分くらい掛けてあるいた。気候が良いのでスーツは疲れない。しかし革靴に靴下は滑ってとても歩きにくい。わたしは先頭から5列目くらいを歩いていた。途中で振り返ると最後尾が見えないほど連なっていた。

(田村町交差点を右折、日比谷交差点に向かう)
▼出発地点に戻って、最後の列が入って来るのを拍手で迎えた。夕べはネット記者だけではなく、新聞取材も大勢来ていたが、どのように報道されたか?主催者の一人が、「小熊英二氏が著書のなかで、反原発運動は相手が何を考えているかよく考えて、それに対応した長続きする運動を考えていかなければならない」と書いている。と紹介していた。主催者は、「今晩で終わり」とは言っていなかった。プラカードもラミネート加工されているし、参加者も600人だと最後に発表あった。これからもしばらくは、こういう多様な抗議行動が続くのだろう。ブログを読んで下さっている皆さんも、今までと同じことを続けていたのでは、社会は決して変革しない。仕事帰りの一杯は次回に回して次回は是非参加して欲しいものだ。

|

« NNN「チェルノブイリから福島へ未来への答案」を見る(2) | Main | 日本シリーズの展開は予想通りだ。 »