« October 2013 | Main | December 2013 »

November 30, 2013

みなさん土・日も国会周辺にいきましょう。

▼お早うございます。動画でご覧のように国会の衆議院会館付近は大変なことになっています。まだ国会にいらしたことがない方も一度は来て下さい。官邸前まで来れば誰かが何かの行動をしているはずです。わたしは昨晩、ファミリーエリアの明日香さんと約束があって、ビデオレターの収録を済ませてから国会前に行って4番目のスピーチをしました。その後、吉良さんが見えてので挨拶してビデオを撮り、交流コーナーへと進みます。
▼これは前回ご紹介した反原連の人たちが参加者の意見を聞くなど交流する場として作られた場で、インスタントではありますが、ノンシュガーのコーヒーとココアをいただくことが出来ます。ここで10分くらい言いたい事を言って、経産省上に向かいます。とにかく冬場は2時間も突っ立っていると膝が痛くなります。そのことを交流の場で言いましたら、12月から1月は6時半始まりの短縮バージョンにするとの事です。やはりいってみるべきです。経産省上ではドラム隊の皆さんが演奏していたので、挨拶してビデオを回し、官邸前へと進みます。横顔でちらっとみた限り、知り合いはいませんでした。

(火炎瓶テツさんの睨みが冴え渡る)
▼そこを右折して参議院会館に向かうと警備も厳しくプラカードを持ったまま歩いていると制止されている人がいました。もう火炎瓶テツさんのコールがガンガンと聞こえてきます。今朝のNHKでは重要な事を言っていました。アメリカの元政府高官が日本の秘密法案はアメリカが求めている以上の内容が盛り込まれていることに懸念を示したというのです。それはモートン・パルペリン氏です。秘密の指定内容が国民の知る権利を著しく制限していて公益性を損なう。さらに「知る権利」の指定の解除が長すぎ、誰が「指定解除をするか明確でない」というものです。
▼みなさん,もう一押しです。土日も国会周辺に行きましょう。今朝はとても忙しい(以下夕方に続く)かも知れない。
Leon1129_2
(28日官邸前で抗議する筆者IWJ通信より。)
▼皆さんアクセスありがとう。私は、明日12月1日松山で開かれる「伊方原発再稼働反対集会を取材するため、松山市にきています。安いLCCのチケットを一月前に買ってきています。もちろんノートPC持参です。明日夜のレポートをお楽しみに。夕べ反原連の集会に参加して、帰宅したのが、午後9時半、今朝家を出たのが午前7時半。まぁ、いろいろな人と出会うことがわたしの生き甲斐なのです、日本を変えてやるという気概を失ったら、オシマイですわ。当地でも反原連の活動家にお会いしましたが、こちらでもユースホステルに泊まって寸暇を惜しんで街宣活動していらっしゃます。酒は飲まずに爪の垢でも煎じて飲まなければバチが当たります。

|

November 29, 2013

皆様のNHKから「ご返事」をいただく。

1128a
(やはり火炎瓶テツさんがいないと盛り上がりに欠ける。前日はレイバーネットTV出演でお休みした。)
▼昨晩はC市で会議が終わってから5時半頃に鈍行に飛び乗って首相官邸前に駆けつけた。いつものように有楽町から歩いていたのでは遅れをとるので、東京駅から丸の内線に乗り換える。現地に到着したのは6時40分でテツさんの挨拶が終わってスピーチが始まった頃だった。しかし昨晩は今年一番の冷え込みとかで、とても寒かった。国会正門前の冬も耐え難い寒さだたが、こちらもかなりこたえる。周囲にいた参加者はみな同じ感想だった。

(外国人と思われる女性が流ちょうな日本語で「廃案」とコールする)
▼最初に秘密法強行採決に関して翌日のNHKが正しく報道しなかった事に関して「ご意見メール」を出したことは既に書いた。夕べ9時半頃に帰宅してGメールチェックをすると返事が届いていた。政府や抗議、パブコメなどをするときはGメールのアドレスを使っている。内容は私信なので概略をお知らせする。要旨は次の様になる。
▼ご指摘の午前5時のニュースは、メインのニュース時間とは異なり、深夜~早朝に一時間毎に放送している短時間のニュースで、その時点での新しいニュースやそれまでに入っているニュースのうち、まだ放送していないニュースを放送することにしています。
ご指摘の『秘密法案』に関するニュースですが、前日の夜からだけでも、19時、22時、午前0時という、時間の長いメインニュースの時間では、トップ項目として反対の声などを含めてたっぷり時間をとって放送している他、衆院本会議で可決された直後(20時過ぎ)には臨時ニュースで伝え、他に21時、午前1時、午前6時などの短時間ニュースの時間でも繰り返し伝えています。

(芝さんの事務所を訪問した結果を報告する堀田さん)
▼今朝29日午前6時半のニュースでは「昨晩都内でジャーナリスト達が元北海道県警の幹部を呼んで学習会を開き100人が集まった」とかなり正確に、かつ秘密法の本質に迫って解説していた。だがその後7時からはまた消えてしまった。みなさんも黙っていては何も変わらない。ぜひ疑問を感じたらすぐその場で政府や報道機関にきちんと自分の意見を伝えた方が良い。
▼27日の山本太郎氏の官邸前からの訴えをYouTubeでご紹介したことは、昨日のブログをご覧になれば分かる。28日の官邸前抗議集会の最後の方で芝博一事務所を訪問してロビー活動を行った、堀田千栄子(福島老朽原発を考える会)さんが直接訪問した結果を報告して下さった。それによるとファクスがヤマのように届いていて、議員もYouTubeをご覧になっているとのことだった。あの日わたしは録画した沢山のビデオの中から、該当する山本氏の話を28日22時20分にはアップロードした。もちろんIWJさんもいらしてはいるが会員限定のフルバージョンYouTubeでもまだ見る事はできない。

(素足にサンダルで来て寒いと訴え笑わせたあと安倍は、ヒットラーのやり方を真似ようとしていると訴える)
▼今朝の段階で81アクセスだったが、YouTube、ツイッター、ブログと3本立てで流しているので、どれか一つでもひっかると思う。もしこれが社会のために役立ったとしたら嬉しい。まだ芝さんに激励ファクスやメールを送っていない方がいらしたら、いますぐ昨日のブログから送って頂きたい。
▼NHKラジオに出演している気象予報士の伊藤みどりさんによれば、昨晩はこの冬一番の冷え込みだったという。今晩はさらに暖かくして行かねば。わたしが寒くてもベストを着ていくのは、腕を振り上げて抗議をするとき長袖は邪魔で重たいから、それを避けるためだ。集会が終わって帰ろうとすると、いつも国会前でお会いする70歳半ばと思われる年輩の女性がいらしていて、思わず握手して、心が温かくなった。

|

November 28, 2013

27日は前日の半減で450名の抗議活動。

1127a
(11月27日の秘密法に反対する集会の様子)
▼おはようございます。今朝のNHKラジオは朝5時台から聞いていますが、「秘密法」には一切触れていません。昨日の朝に出したご意見拝聴も例によって「黙殺」です。今朝のNHKは本八幡のストーカー殺人事件がトップニュースです。NHKは「誤字、誤読」の指摘に関しては向きになって反論してきます。昨日もNHKTV「朝イチ」で「子宮内膜症」を特集していました。当然夫婦間のセックスについての話も出て来ます。すると視聴者から「NHKでそんな話題を取り上げると恥ずかしくて見ていられない。話題を変えてくれ」というメールが来たと話していました。しかし、時代劇ドラマの俳優に関して延命嘆願のメールはあっても、政治の話題に関する投稿は少ないのでしょうか?これが日本の現実。

(ボスニアから来た人の挨拶、日本語です。)
▼わたしは一貫して秘密法に反対して官邸前行動に参加しています。今の状況を見ているとヒトラーがワイマール憲法下で多数党になり、「ドイツ共産党が国会に放火した」とクーデターを起こしたときとかなり似通っているように思います。これはわたしが言っているだけでなく、他の方々もブログで書いています。もしここで尖閣問題で火が付いてしまったら、さいた・まんぞうさんではありませんが完全に「アウト」。少しでも歯車が逆に回らないようにと思って、寒いし、立ちっぱなしで足は痛むけど毎晩毎晩、官邸前に行くわけです。
▼YouTubeの動画も前日と変化はありませんでした。ブログの1面に貼った動画も昨晩でアクセス数はたった「5件」でした。ブログの昨日のアクセス数は124ですから0.04%となります。みなさんNHKにもメールをして下さらないと思います。きょうは次のお願いがあります。
▼昨晩の官邸前抗議の参加者は26日の半数の450名という発表がありました。決して熱しやすく冷めやすいなどと言いたくはありません。挨拶に来た国会議員も山本太郎さんだけ。前日「絶対認めない」などと威勢のいい挨拶していった議員さんは、きっと対応で忙しいと考えましょう。しかし山本さんは来て激励してくれました。いくら威勢の良いことを言っても最終的には、数ですからハンストするか、座り込みをしても、議決までの時間を多少引き延ばせるだけです。通過したらまた「暴挙を許さない」といっておしまい。

(山本太郎さんの重要な訴えです。)
▼山本さんのスピーチを聞いて納得したら至急民主党の芝博一参議院議員に激励のファクスを送って下さい。FAX 03-6551-0317どうぞお願いします。民主党や山本太郎が嫌いでも、あなたが自宅や職場にいて今できる秘密保護法に反対する唯一の方法です。ファクスが繋がらないようなので、激励メールはこちらからお願いします。

|

November 27, 2013

いま行動しないと将来に禍根を残します。きっと。

1126a
(26日夜首相官邸前で抗議する人々。昨晩は約千名集まりました。)
▼みなさんお早うございます。昨日昼直前の国家秘密法の強行採決の時、あなたは何をなさっていましたか?お願いした項目を何か一つやって下さったでしょうか?このブログの読者は一日平均120~130人前後と、まだとても少ないです。何らかの行動をなさった方、お一人からは現地で連絡いただき、もう一人からは強行採決に関するメールを頂きました。あと毎日読んで、ご自分に出来る事をして下さっている方が、お二人いる筈ですから合計4人。の筈です。みなさん怖いですか?小林多喜二のようにされてしまうとか考えて…。

(抗議集会開催に先立って挨拶する火炎瓶テツさん。夕べの動画は全部で14点あります。国会で何が行われているか?全部見て理解し、周りの人たちに宣伝して下さい。)
▼でも過去のデータを洗うのは得意な人々がそろっているから、今更「運動」や「活動」を止めても手遅れです。もっと前向きに生きた方が人生楽しくなります。趣味や飲酒、TV鑑賞大いに結構です。一時的に目をそらせても弾圧と監視の準備は背番号制などもうすぐ運用が始まります。
▼昨晩の強行採決や反対集会の事は27日朝5時のNHKニュースでは「秘密法関連」を一切無視していたので、「NHKのご意見拝聴係り」にさっそく抗議メールを送りました。そしたら、私だけの抗議ではなかったと見えて6時から報道スタンスが一変しました。ツイッターのアカウントを持っていても運用しない方々、ぜひ声をあげて下さい。声をあげることが、「電通のビッグデータ」に蓄積されます。発信は決して無駄になりません。ぜひネットであなたの声を発信して下さい。
▼夕べの国会で何があったかはYouTubeの「6ー13」を見て下さい。わたしは官邸前で録画して帰宅して遅い夕食を取りながらアップロードします。30分の録画をアップするに必要は時間は1時間半から2時間です。従って午前零時を越えてしまいます。アップした事を文章にする時間などありません。YouTubeには知らない方々が読者登録をして下さっています。あなたも是非登録して下さい。会員になって下されば、こちらも元気が出て来ます。実際ブログも余り意味がないように感じてきています。そうなるとブログもメルマガも年内で打ち切りの可能性もあります。「ゲストハウス」は「ひと月」書く人がないので消滅寸前です。

(衆議院の審議を傍聴した人から驚くべき報告があった。)
▼「動くのはイヤだ」。「家から動きたくない。何もやりたくない」、と言う方は筆者の自宅宛ハガキに自筆で「抗議文」を書いて送って下さい。国会の会期12月6日までは毎晩抗議行動があります。わたしは皆さんの手紙を背負って毎日抗議に行きます。メールは不可、肉筆のハガキに限ります。「ツイッターのやり方が分からない」方は図書館に、「マニュアル本」がありますので読んで毎日つぶやいて下さい。足踏みしては世の中変わりません。足踏みで役に立つのは「麦踏み」だけです。

|

November 26, 2013

◇「遙かなる勝利へ」を見る。

▼まずブログ読者のみなさんに今朝やって頂きたい緊急のお願いは、以下、きくちゆみさんのブログに掲載されています。あなたの出来る事を一つ選んでやって下さい。筆者はきょうから毎晩、夜6時半頃には官邸前に行っています。いらっしゃる方は事前にご連絡下さい。
▼昨日自宅に届いた進歩的と思われる医療団体の新聞に「10月13日の原発運転再開に反対する集会」と書いてあったので驚きました。「再稼働」という言い方は「左翼的な運動を連想させる」というので、NHKと電通が作ったのが「運転再開」という言葉です。まるで事故で止まっていた電車のイメージで、こういう言葉は使って欲しくないです。
▼先日金曜日行動でつまずいてGパンを切ってしまったことは書きました。日曜日近くの駅ビルにある、衣類の補修屋さんに見せました。すると1260円だというので、買うよりは遥かに安いので、昨日持ち込みました。すると店頭にいた中国人らしい女性は,「脇を切り裂いて補修しなければならないので、2500円だ」とおっしゃいます。わたしは「先日実物を見せて価格を確認した」と粘ったら、最初の価格にしてくれました。完成まで2週間かかりますが、まずはよしよしです。
◇「遙かなる勝利へ」この映画のニキータ・ミハルコフ監督の第一部「太陽に灼かれて」を見たのは19年前のこと。主演のコトフ大佐はスターリンの秘密警察のドミトリに連行されるところで終わっていた。ここで止めておいて欲しかったが、続編と称する「戦火のナージャ」が311の直後公開された。監督は「プライベートライアンのような映画を作りたい」あえてこの映画を作った。しかし、わたしは当時の映画紹介で書いたが「あれ、これで終わり?」というあっけない結末だった。第一作目は明かにスターリン主義を批判しているのだが、日本の左翼映画評論家の山田某は、ミハルコフの出自が貴族だとまで暴露して映画を批判していた。一部では二人とも死んでしまう設定になっていた。
▼コトフはドイツ軍の陣地を乗っ取るべく、一兵士として督戦隊(懲罰部隊)に入れられ敵陣に突撃しようとしている。そこへドミトリが現れて「コトフはどこか?」と探し歩く。ようやくコトフを捕まえたドミトリは,将校が乗る高級車に乗せる。そこには皮バッグがあり、「開けて見ろ」というので開くと中将の肩章が入っていた。つまりスターリン直々の名誉回復である。晴れて幹部用の特別配給のハムやワインを持って実家に戻るのだが、集まっていた親戚や妻は、何故かよそよそしい。
▼あとは書きませんので、映画館で直接ご覧下さい。

|

November 25, 2013

「秘密法」は今週がヤマ場です。

▼日曜日疲れ切っているところに「校正紙」が送られて来る。誤字や表記のまちがいを点検している。先週は「オリンピック待望論」があったり、今週は「東北R天の優勝が嬉しい」という投稿があったのでがっくりする。前者で言えば東京の葛飾や江東など臨海地区ではどれだけ環境破壊が行われるのか、考えたことがあるのかと言いたい。後者で言えば「R天が勝つため」に情報コントロールが行われ「原発汚染水」を消そうとする動きがあった。かなり前、読売K軍が優勝すべく、練習場と後楽園を人工芝にした事はよく知られている事実である。
▼国会前でスピーチしていて「プロメテウスの罠」を圧倒的多くの人々が知らないと言ったとき、背筋が寒くなってきた。もしかして「原発反対」と叫んでいれば、原発はなくなるとでも思っているのだろうか?金曜日夜にYouTubeに国会前集会の動画をアップ下が、アクセスの多いのは「吉良さん」、あと伊方原発も、沖縄高江のヘリパットもアクセス格段に少ない.人気投票やっているのではないので、もっと真剣にYouTubeのスラップ訴訟を闘う人たちをご覧いただきたい。
▼秘密法反対集会の日比谷野音の集会でいくつかの新聞では最前列に陣取っていた婦人団体の人たちを写していたが、いかにも動員されて来た人たちで、顔が生き生きしていないので不気味に感じた。今週がんばらないと未来に禍根を残しますよ。ネットで言えばグーグルが警察の命令でアクセスした人のクッキー(足跡のようなもの)を提出しろ、と言われれば、あなたの見ているページはすべて分かる。アマゾンで物を買っている人も、どんな本やモノを買ったか分かる。法案が可決されれば、図書館も警察の命令があれば将来的に「読んでいる本の履歴」の提出が命令されるかもしれない。今でも図書館が外注民営化されているところは不安がある。
▼わたしは冗談で書いている訳ではない。現時点でもわたしのブログは、どなた(個人の特定)がどのぺージを何秒読んで下さっているか70%までは分かる。だからサーバーの管理者が警察の命令があったら「履歴の提出」は拒否はできない。どうも今朝のNHKを聞いていると「野党」の反対とは「維新の会」だけらしい。現実に民主のかなりの部分と、共産、社民は反対しているが、その動きは報道を封印されている。これだけ書いてもおそらく多くのみなさんは「そんなこと起きない」と考えいらっしゃるに違いない。
▼だが現実はかなり深刻な事態である。何も官邸前に毎日抗議行動に参加しようとは言わない。しかし委員会の傍聴をしたり、議員会館で議員個人を回って「反対の意思表示」するように要請活動している人たちは大勢いらっしゃる。あなたに出来る事を今やらないと将来に禍根を残す。何ができるかご自分で考えて、工夫していただきたい。

|

November 24, 2013

11月22日国会前のスピーチの様子です。

1122a
11月22日の反原連国会前集会でスピーチする筆者。6分04秒あたりから2分ほど喋っています。以下の動画部分をクリックして下さい。
▼しかしツイッターで分からないことがある。それはある「政党新聞」などがそのまま写真かPDFファイルでアップする人がいるとする。するとそのお仲間らしし人たちが次々「リツイート」(支持しますという相づちのような符号)を入れる。それもたちまち何十も入る。それがツイッターだと理解している人は良い。しかし仲間内だけで盛り上がってどうする?
▼わたしはスピーチの内容でお分かりのように、独立系(インデペンデンス)で特定政党とは距離を置いているから何を発信しても「リツイート」される確率はかなり少ない。よほど怪しいと思われているのだろう。ま、それはそれで覚悟しているから何とも思わない。その人たちは自分の頭で考えての、自分の言葉で発信しないから、とてもつまらない。上から言われていることをそのまま鸚鵡返しに繰り返していて何が楽しいのだろうと、常に思っている。
▼今朝24日の火炎瓶テツさんのツイッターによれば,来週は26日、午後6時半から連日官邸前で抗議をするといっているので連日通うつもりでいる。

|

November 23, 2013

国会前集会に来たスラップ訴訟の人たち。

Out1122
(国会前で名調子を披露するさいた・まんぞうさん)
▼お早うございます。いやはや猪瀬知事も次々でてきますねー。こういうのはオリンピック指定業者から外された筋からの、たれ込みでしょう。これでおそらく「ミカドの肖像」も沈没。5千万円も、貰って知らん顔していたとは同県人として情けない話です。猪瀬はケチな人なのです。誘致のため最初イギリスかどこかに行く必要がでてきたとき、「妻の費用も公費で」といって、部下はその捻出に苦労したという話もあるくらいです。

(上関原発建設に反対して闘う祝島のひとたち)
▼昨日は国会前からファミリーエリアに移動して主催者にご挨拶して、また元の位置にもどってきました。観察すると、はっきりいって参加者は激減しています。わたしの周辺を見ても半年前にはいた人が3人の常連さんが、なぜか来なくなってしまいました。それは反原連の人たちも感じている様子で、今週からあたらに「対話コーナー」が出来、参加者との交流をする仕掛けが作られました。場所は経産省上から国会前に来る途中にあります。
▼昨晩は全国各地のスラップ訴訟で訴えられている人たちがいらっしゃいました。まず上関の祝島で中国電力の原発建設に反対して闘っている方々で4人が、中電から高額賠償を求められています。詳しくはYouTubeをご覧下さい。ブログにYouTubeを貼ってもクリックしない方々がいて困ります。わたしは国会前に来ない人にもメッセージを送りたいのでYouTubeでご紹介しています。自宅の暖かい部屋でご覧になれますので、ぜひご覧下さい。わたしは今までいろいろお願いしてきました。パブコメ提出。地域選出議員へのメール、ファクス、電話をする等々。国会前にも東電前にも、日比谷野音にも来ない。YouTubeもクリックしないでは話になりません。また企業などから訴えられた人たちは、高額の訴訟費用が必要なのでカンパを募集しています。そちらもご協力下さい。
▼もう一つは沖縄の高江ヘリパット建設反対で闘っている人たちで、これは映画「標的の村」でご紹介した人たちで、6歳の少女の一時期被告にさせられていました。さらに富山からいたした高山さんとおっしゃる女性。この方は高レベルの放射能汚染のガレキを持ち込もうとして市に苦情を言ったら、市長に訴えられました。それで警察から「事情聴取」の電話がかかってくる旅に血圧が上がり、子どもも情緒不安定になり、友人も電話恐怖症になっていると訴えました。
▼本来国は住んでいる国民や、市は市民の財産や生きる権利を守るためにあるものです。スラップ訴訟発生の地はアメリカですが、すでにアメリカでは最高裁の判断でこのような住民、個人に対するスラップ訴訟はできなくなっている筈です。日本は後進国というか、江戸時代の獄門さらし首で、市民を恐怖に陥れる手段は何も変わっていません。
▼昨日エリアを移動中通行を区分けする赤いコーンとまだら模様のプラスティック棒に足をひっかけ転倒しそうになりました。転倒はしませんでしたが、ジーンズを裂いてしまいました。帰宅して家族に穴の縢りを頼んだら、「それは流行の先端を行っているからそのままで良いのでは」と言われました。そういえばミサオ・レッドフルフさんもいつもそんなスタイルです。
▼昨晩のスピーチはトップバッターで比較的うまく出来たと思います。いずれIWJさんにアップされたらご紹介します。

|

November 22, 2013

11・21は秘密法反対の銀座デモに参加する。


(東京電力本社前を進む火炎瓶テツさんのグループ)
▼昨日みなさんに「21日の集会に来て欲しい」と呼びかけたのは、実は20日の官邸前抗議行動の参加者が100人もいなかったからです。北風が吹いて寒かったことも原因の一つですが、「このまますんなり秘密法が通過してしまって良いのか」とかなり落ち込んだ気分になっていました。もしも「特定国家秘密保全法」に反対の意思表示行動に参加した人は監視の対象外にする」という条項でもあれば、参加する人は見返りを求めて大勢集まるでしょう。
▼近くのJR駅から電車に乗ろうと思ったら、かなり遠方にお住まいのX氏から電話があって「既に会場の日比谷野音に来ている」という一報が入りました。X氏とはその後何回かメールでやりとりしましたが、有楽町に着いたときは「野音の席は満杯だ」という事でお会いすすことは出来ませんでした。駅を降りて日比谷交差点で信号待ちをしていると見知らぬ熟年女性から声を掛けられました。「日比谷公園はどちらでしょう」と。「デモですか?」とヤマをかけて返事すると「そうです」とおっしゃるので「わたしも行きますからご一緒しましょう」という事になりました。
131121a
(銀座を行く火炎瓶テツさんのグループのデモ隊)
▼お聞きすると大宮からいらっしゃったという事です。ひと月ほど前から参加を予定していた。1週間ほど前にマイクロバスをチャーターして福島に行って来た。行ったのは「ふくしま忘れない」で夫が牛舎に落書きをして自殺した酪農家の妻のところ。さらに「希望の牧場」にも行ってきたというお話でした。何か記録になさるのですか?とお聞きすると「町内のような狭い範囲に配るだけ」という事なので「ぜひ拝見したい」と名刺をお渡しして別れました。
▼会場は満員で入れないので、顔見知りのドラム隊の人が3人いたので、その人たちと出発を待つことにしました。すると登録をしていない電話番号からの着信がありました。それは何と団長さんからの初電話で30分後にドッキングすることが出来ました。わたしたちは火炎瓶テツさんと一緒に銀座コースで最後まで行進することができました。テツさんは気さくな方で,ラップでお話することもすべて納得できます。組織労働者の一員として参加していた家族は9時になっても出発できないと、10時過ぎに帰宅しました。という訳でおかげさまで1万人集会になったようです。でも衆議院で通過する26日くらいまでは火炎瓶テツさんと一緒に抗議行動に連日参加するつもりでいます。
▼昨日定例の21目の髪を切りにいきました。眼の前にはYahoo!のネットニュースが流れており、「安倍晋三が表敬訪問をしたキャロラインと会って、日米同盟を強化したい」と話したという。これには驚きました。安倍には女性を口説けないなと思いました。せめて「お母さんに似てお美しいですね。これを機会に対等・平等・互恵・平和の日米関係を築きたいものです」とでも言えないのかなーー。

|

November 21, 2013

21日は午後6時半から秘密法反対の集会

1120a
(20日官邸前で抗議コールをする青年)
▼20日夜の官邸前は寒風が吹きすさんでいた。前日、火炎瓶テツさんのツイッターで「国家秘密法官邸前の抗議行動」20日に変更になった事を知ったので駆けつけた。いつもの国会前より遠距離にあるが、JR有楽町から歩いたら6時10分には到着してしまった。火炎瓶テツさんはライブ中継をしているIWJのカメラに向かっていう。「豆を食いながらコタツにあたってネット中継を見ているのも良いが、寒い国会前に来て声をあげろよ」と。何度も言いますが、「国家秘密法」とは公務員とかわたしのようなフリーの物書きだけの問題ではありません。

(力一杯コールする火炎瓶テツさん)
▼詳しくは下にあるYouTubeの「4」で喋っている人の話を聞いて欲しい。これは国民相互に監視し、密告する時代がやってくるという事です。参加者の一人の男性は「息子が18歳になったが軍隊に行って銃を構えるために育てたんではない。」要するに石破がいった「兵役を拒否したら300年の懲役刑にしてやる」という状態の現実的な運用する時代がやってきます。戦争中に弾丸や戦艦を造るため、金属の供出をさせました。このときも密告を奨励して根こそぎ出せました。中には国宝級の寺の梵鐘まで出させています。

(日本に新たな秘密法はいらないと訴える人)
▼新設された「共謀罪」の中には密告した人物は罪が軽くなる「項目」まであります。家族友人まで疑心暗鬼になって、飲んでも楽しい会話も出てこなくなります。わたしは昨晩は3番目にスピーチさせていただきました。内容はIWJにもアーカイブでそのうち出てくるかと思います。それは2006年のドイツ映画「善き人のためのソナタ」の話です。冷戦時代の東ドイツにはシタージという秘密警察が暗躍していました。映画はあるシナリオ作家を監視するように命じられた、秘密警察の中佐のことです。対象者の家にこっそり盗聴マイクを仕掛け、隣のビルから監視します。すると作家の恋人が大臣の愛人であることがわかります。
▼さらに盗聴を続けていると権力者たちは収集した情報を政敵を倒したり、陥れるために使っていることが分かって来ます。そして作家の家から捜索の最中持ち帰った小説を読み進めるうちに自分の行っている盗聴が誤っているのではないか、と気づく話です。レンタルビデオにありますから,ぜひご覧下さい。
▼国会議員に毎日要請活動をしている人の報告もありました。25日に福島で公聴会、25日に委員会で自・公・み・維新で「可決」して衆議院で可決して国会の会期が終了する12月6日までに参議院でも可決させるというのが、自公のシナリオのようです。昨日書いた続きですが、わたしは後悔しないように可能な限り抗議行動に参加する予定です。本日11月21日は午後6時半から日比谷野外音楽堂に集合して国家請願です。

|

November 20, 2013

◇「ある愛へと続く旅 」を見る。

▼昨日夕方のTVはNHK午後7時も含めトップニュースは、「キャロラインの認証式出席」であるのは驚いた。ホントに日本のメディアはノーテンキ。朝刊をみたら「一目キャロラインを見よう」という人たちが押し寄せたという。終戦直後にマッカーサーが占領軍としてやってきたとき、GHQ(当時の内堀にあった第一生命)に押し寄せたレベルとほとんど変わっていない。いやそれどころか横須賀に停泊しているアメリカ海軍の空母ジョージワシントンが公開されるとき、数万人の日本人が押し寄せている。
▼「特定国家秘密法案」は今朝のNHKによれば自民党は公明党と仲良く、みんなの党を巻き込み、さらに維新と調整中だという。民主党は条件付きだから明かな反対勢力とは言い難い。他の法案に反対している政党や市民運動や、学者・文化人の動きは一切無視している。NHKが好きな日本人の国民性から言うと、一般国民は「法案は順調に衆議院を通過するに違いない」と思っているのだろう。昨日夜ブログに追加したが、本日20日午後6時半から9時まで首相官邸前で緊急の抗議活動が行われる。わたしは参加するが時間のある方はお運びいただきたい。と,書いても先日の東電東葛本社の抗議活動に参加したという報告や、別の抗議集会に参加したという報告も一つも届いていない。数年後原発が再爆発して、日本は防毒面をつけないと生活できないほど汚染が進んでいる。そして町には思想警察が闊歩している、かもしれない。わたしとて体調は万全ではないが、死ぬ間際になって「あのとき抗議行動に参加して意思表示をしておけば良かった」と後悔したくないから参加している訳です。
▼出かけるのがイヤで何も出来ない方は以下「東京23ネット」に全国の国会議員の連絡先が掲載されています。一人でも二人でも良いので「秘密法案に反対して下さい」というメッセージを送って下さい。
◇「ある愛へと続く旅 」(原題は赤いアモーレ)主演のベネロペ・クルスが500ページもある原作を一日で読み終えて主演に志願したという曰く付きの映画。最初と最後の場面は左が船の甲板、右が泡立つ海面が画面の半分半分を占めている。今は息子とローマに暮らすジェンマ(ペネロペ・クルス)のもとに、ある日電話がかかってくる。それは彼女が青春時代を過ごしたサラエボに住む旧い友人ゴイコからの誘いだった。
▼ジェンマは今は16歳になった一人息子のピエトロとの関係がしっくりいかないのでこれをチャンスとして、自分の過去を探す旅に出る。21年前ボスニア・ヘルツェゴビナで紛争起きていたとき旅をしていたジェンマとカメラマンのディエゴと恋におちる。しかし結婚した二人は子どもが生まれることを熱望するが卵子が不活性で妊娠できる可能性は98%と医師から告げられる。行き付けの酒場で出会ったニルヴァーナが好きな女性が、「イギリスに行きたいが、カネがないもし資金を出してくれれば代理出産しても良い」と告げられる。生まれた赤ちゃんを一目みて、カネのために子どもを手放す若い女性。
▼内戦のどさくさに紛れて出生証明はすぐ手に入るが、国連の飛行機に乗る直前、夫がパスポートをなくして出国できないことになる。ジェンマと生後間もないピエトロは戦火の街を逃れてイタリアに渡るが、父親であるディエゴは一人サラエボに残り、後に命を落としていたのことが分かる。日比谷シャンテシネで上映中。
▼この一週間ほどこのブログの提供者であるニフティのアクセス・カウンターの動きが変で、通常の半分くらいのアクセスしかカウントされていない。本日メルマガ原稿の締め切り日です。投稿して下さる方は午後4時をメドにお送り下さい。それ以降の投稿は次号扱いになります。

|

November 19, 2013

秘密法は21日に強行採決するらしい。

1115leon
11月15日国会前でスピーチする筆者)
▼みなさんは、毎日のニュースを見聞きしていると気分が落ち込んで来ませんか?特定国家秘密法は21日にも衆議院で強行採決されそうです。昨日もデジタル朝日の「投稿」にはご協力いただけましたか?以下に国会議員の連絡先が掲載されています。あなたのお住まいの地域の議員にぜひ電話をするか、それが出来なければファクスかメールで「特定国家秘密法」に反対するよう働きかけて下さい。
▼昨日午後は図書館に岩波書店発行の分厚い2冊の「福島原発事故」本を返却に行き、「国会事故調報告書」を借りて来ました。こちらは600ページでCDロムが一枚付いています。ざっと見たところ150万字あります。そのほかに図書館から借りた普通文庫本が4冊あるのでこちらを優先して読み、「事故調」に取りかかるのは来週にしようと思っています。
▼しかしNHKのニュースを聴いていると日本てなんて幸せな国なのだろうと思う.特定国家秘密法にしても自公合意はすでにできあがっている。問題はみんなの党の去就に関わっている。さらに維新との最終調整が残っている。問題は民主党とのすりあわせだが、要求がかけ離れ過ぎている、と報道している。おいおい、今あげた政党は基本的にみな法案に賛成している政党だ。維新が自民党より左の筈はなく、右よりである。正面から反対している政党は何も見えないように感じる。昨日の新聞で福島市長選挙の結果が出ていたが、何故か現職を押していたのは自民党と社民党と書かれている。この政党も「革新」とは口先だけで訳の分からない政党である。
▼「火炎瓶テツさん」からの緊急メッセージ
11月20日(水)『特定秘密保護法〜成立させない!絶対させない!首相官邸前大集会』の開催時間は18時半〜21時に変更となります。

|

November 18, 2013

朝日が秘密保護法の投稿マップで意見募集中

▼お早うございます。本当は映画を見に行かねばならなかった。しかし連日の疲れが出て出かけるのは見合わせた。いや近所にも映画館はあるが、大体ハリウッドのエンターテイメントが多い。ニフティのアクセスカウンターもこの一週間不調でアクセスログの解析もできない。それでブログを書き終えてからPCの電源を切って、ひたすら読書に集中していた。80万字の本は残すところ10万字くらいまで迫った。
▼15日の東京新聞社説で「東電柏崎の審査/福島が最優先のはずだ」という社説を掲げている。その中に「東電に融資していた銀行団がすでに貸し手責任を問われることに備え、融資を優先弁済される社債に振り替える動きに出ている」という一文がある。これには驚いた。おそらく株主代表訴訟などで敗訴になったとき、差し押さえになった場合を懸念して先手を打ったつもりなのだろう。金貸しの正体は江戸時代も近代も何も変わっていないことを感じる。
▼以下朝日新聞で「秘密保護法に関する投稿マップ」で読者の意見を募集しているので、ぜひあなたの意見を早急に届けて欲しい。政府自民党は明日19日にも衆議院で強行採決を狙っているようだ。
▼今朝上記の投稿マップに応募していたら。ブログを書く時間がなくなってしまった。

|

November 17, 2013

夜道を歩く取材は疲れる。

Sdb100j_2
(カシオsdb100j)
▼土日と夜の取材はお断りしている。とくに昨日の場合、前夜のデモで疲れていた。取材先は真っ暗な道で街灯もない。もうこういうのは最悪である。しかも1時間近く待たされた。取材に応じてくれたのは20分で、これからどうやって2600字の原稿にするか?頭が痛い。
▼目が痛いのは小さな文字の本を読んでいるからだ。先週は125万字の本を3日で読み終わった。今は2冊目の「福島原発事故タイムライン」で9ポイントの文字で320ページある。だから約80万字で、3時間も読んでいると文字に焦点が合わなくなる。これも5分の2くらい読み進めている。ところが先日金曜日の集会が終わって団長さんと歩いていると「事故調は読んだか?」と問われる。今朝さっそく図書館のデータベースを検索すると「在庫あり」なのでリクエストを出した。まだまだ文字との格闘は続く。
▼先日マリオン前の超党派国会議員による街頭宣伝のことは書いた通りで、全員の発言をYouTubeに掲載してある。わたしは「来た人は全員公平に録画してアップする」というのが考え方である。それをいろいろな党派の支持者が見つけて下さって「リツイート」して下さっている事がわかった。それで帰宅してからツイッターをやっている議員さんのサイトに貼り付けたら次々とリツイートが入って来た。
▼ブログに何を書いてもメールは来ない、何のアクションもないとかなり憂鬱になるが、昨晩はこれで多少救われた。
▼わたしは腕時計は持っているが、普段は身につけない。海外旅行に行くときと国内の長距離旅行に行くときだけ使う。今まで使って来たのは10年前に買ってすぐ、うっかり洗濯機で乾燥までしたが、外見の悪さを除けば何の問題もなく動いている。だが本体と一体型ベルトは硬化して少々使いづらい。これは父の介護で実家に帰省しているとき、夜中に起こされるので「夜見やすい」ことを最優先に選んだ。それにソーラーなので、電池を交換しなくてもいつまでも動く。
▼最近映画を見に行って終わるまでトイレを我慢できるか計算する必要があって、小型の夜でも時間が計りやすい時計を探していた。携帯でも分かるか気をつけないと周りに迷惑を掛けてしまう。先週映画の帰りに秋葉原で下車して、安売りの時計屋さんで気に入った時計を見つけた。衝動買いはしないので、1日待って翌日買ったのが写真のリストウォッチ2980円(定価5000円くらい)だった。24時間つけていても何の不具合はない。電池式で10年持つというので死ぬ前に一回交換すれば使える計算になる。

|

November 16, 2013

21日に5,000人集まれば…


(特定秘密保護法反対をロックする力(つとむ)さん。右下は火炎瓶テツさん。)
▼夕べは雨が上がるという天気予報だった。防寒対策をしていくべきか?それとも雨対策をしていくべきか迷った。外に出て雨は小降りになっていたので、レインスーツででかけた。国会前まで、わたしの場合は徒歩の時間も入れて40分で着く。しかし普通の方々は昼頃にはどうするか判断をしなければならない。そのせいかどうか、国会前の参加者は少なめだった。
▼スピーチする内容はどなたも大体国家秘密保護法にたいする危機感だった。先週のデモクラTV「本会議」に出席されていた海渡弁護士は「アフリカのツワネ原則の事を、山本太郎さんは取り上げていたが、自分は最近まで知らなかった.弁護士会としても鋭意翻訳中で近く発表できる。この時代に逆行した法律を何としても廃案にしたい。21日の日比谷集会でもし、5000人集めれば廃案に持ち込める可能性は高い」と話していた。
▼連日どこかで抗議行動が行われているので、みなさんもぜひ意思表示をして欲しい。昨晩も反原連の集会が終わって、午後8時半から官邸前で抗議行動をすると、火炎瓶テツさんが訴えていたが、体力不足で帰って来た。自宅でテレビを見たりお酒を飲む体力がある人、あなたが住んでいる選挙区の議員に反対するよう電話、ファクス、メールを送るなどせひ何らかの行動をして下さい。わたしは午後から夜にかけて取材です。

|

November 15, 2013

◇「いとしきエブリディ」を見る。

Kocha11
(初日プレゼントのイギリスハーブティ)
▼昨晩12ch系の「もくハチ」という歌謡番組が島倉千代子の特集をしていたので録画して見た。録画するとCMやつまらない部分は飛ばせるので時間の節約になる。「すみだ川」という昔の歌を東海林太郎と一緒に唄っていて、♪「銀杏がえしに黒繻子かけて、泣いて別れたすみだ川」と1番が終わると台詞が出てくる。「ああそうだったわねぇ」その中に「竹谷の渡し」という台詞があって気になり出した。わたしはネット依存症にならないために携帯もPCも原則9時には電源を切ってしまう。そして今朝になって調べた。すると隅田川にかかる橋は徳川家康によって防衛上の観点から意図的に作られず、明治になっても20本くらいの渡しが残っていた。言問橋の少し上から墨田区の三囲神社の辺に掛かっていた橋だという事が分かった。これで今晩は安心して眠れそうだ。
◇「いとしきエブリディ」この映画を作ったマイケル・ウィンターボトム監督は寡作である。かつては「ひかりのまち」があり、前回は確かキューバにある米軍のグアンタナモで行われている拷問、サラエボの話などある。前作からかなり時間が掛かっていると思ったら、この映画を作るために5年の歳月をかけていた。何故か?映画の舞台はイギリスの地方都市。父親が何かの罪で刑務所に入れられている。父親は家にいなくても日常生活は淡々と過ぎていく。だが残された家族は何らかのフラストレーションがたまっていく。まだ眠っていたいが子どもたちを食べさせ、時間通りにスクールバスで学校に子どもたちを乗せなければならない。
▼唯一家族そろって出かけるのは刑務所にいる父親に会いに行くことだ。子どもたちも危険物を持っていないか身体検査をされ面会室に入る。一番小さい子は身体検査で泣き出してしまう。驚くべきは日本の刑務所と違って仕切りのない部屋で談話できることだ。唯一収監されている人物はベージュのベストを着用していることだ。
▼映画では現実の幼い兄妹に実の4兄妹を起用している。撮影がスタートした時点では8歳、6歳、4歳、3歳だった彼らの成長していく姿を見ることができる。とくに子どもたちの演技は演技に見えないほど素晴らしくすがすがしい。5年は長い。だが彼らは唯一電車、バスを乗り継いで3時間ちかくかけて面会にやってくることにすべてがかけられている。「坊主おおきくなったな」というと末っ子ははにかむ。彼はとくに素直に演じている。夫妻にとって一番辛いのはベッドを共に出来ないということだろう。その切なさは台詞で切々と痛いほど伝わって来る。
▼父親のいない長い別離の時を家族はどうやって耐えることができるか。愛の絆は持続できるのか?父親が刑期満了で再び家にもどってくるまでの5年間の日々を繊細に描いている。かなり地味な作品である。ヒューマントラスト有楽町
▼みなさん昨日お願いした「国家秘密法反対」の行動を何か一つ屋って下さい。そして明日午後は東電東葛支社向け反原発行動です。お忘れなく。家で寝ていても誰も原発止めてくれません。

|

November 14, 2013

銀座で特定国家秘密法反対超党派リレートーク


(開会の挨拶をする田村智子さん。参加した全党派のスピーチは画面左下の「『鍵盤乱麻』YouTube」にあります。)
▼昨晩は有楽町マリオン前で特定国家秘密法に反対する超党派の国会議員によるリレートーク(銀座街宣)があったので取材に行った。というのはマスメディアはおそらく「無視するだろう」と思ったからだ。予想通りTV局も新聞社も一社も来ていなかった。YouTubeに全員の発言をアップロードしたが、こちらも残念な事にアクセス数は一桁で、レッサーパンダの赤ちゃんのアクセス数に負けている。
▼ツイッターやYouTubeも吉良よし子さんとか山本太郎さんが登場するとアクセスや、リツイートは集中するが、完全に無視された感じだ。9日のデモクラTVで弁護士の梓澤和幸さんが電話でゲスト出演していた。彼が言うには「この法案によれば懲役5年以下の容疑ならば捜索令状なしにマスメディアに入って証拠を押収できる。記者の取材メモや生のビデオデープもその対象になる。そうなったら記者が一番困るのに、もっと真剣に取り組んで欲しい」といっていたが、まさにその通りだ。
▼帰宅して午後9時台の民放BSを見ていたら元防衛長官の中谷元と公明党の議員がこの問題で対談していた。不遜な態度の中谷に対して公明党の議員は「こちらの要望も入れていただいて」とペコペコしていた。それを見て「こりゃダメだ」と思った。一週間後の11月21日には日比谷野外音楽堂で「国家秘密法に反対する大集会」があって午後7時から国会請願デモも計画されている。今までお願いした自分の居住地の国会議員への電話やファクスなどの要請活動など何もしなかった方はぜひお運び頂きたい。
▼管理組合の理事長をやっていると毎日のように住民や管理会社から電話がある。一昨日は内装工事に関する苦情で、該当者が直接わたしのところにやってきた。昨日は管理会社から「ネズミがでて困っているが共有部分なので管理組合の費用で駆除してくれ」という内容だった。家のハエや蚊は自分が自分が殺虫剤を撒いて駆除するはずだ。本当に共有部分に生息するネズミだと特定できるのか?必要だったら我が家にはネコが2匹いるので貸し出しても良い。それは自分の費用で駆除するべきものだと思う、と答えた。担当者は「駆除会社に見積もりを取ってみる」、と言っていた。しかし10分後再度同じ担当者から電話があって「別のマンションの話でした」とお詫びがあった。ネズミくらいけちけちしないで殺鼠剤とかねずみ取り籠で自分で対応して欲しいぞ。わたしは過去にネズミを2回捕まえたことがある。一回は「鍋つかみ」を使ったので「窮鼠猫を噛む」にはならなかった。2回目は早朝の六本木の街頭だったので踏んづけた。
▼しばらくの間、携帯の電源ONの時間は午前8時から午後8時までとします。

|

November 13, 2013

とても「親切」なバスの運転手さんに出会う。


(市川市動植物園のレッサーパンダの赤ちゃん。)
▼昨日寒かったが予定していた取材に出かけた。JR某駅のバス乗り場で某バス停まで30分くらい揺られて目的地に着く、はずであった。ネットで目的地を調べてあるので運転手さんに「Aに行きたいのでBで下ろして下さい」と伝える。運転手さんは「Aに行くのなら一つ先のCで降りたら良い。公園と畑を突っ切れば、こちらが早い」というので、AはキャンセルしてCで降りた。下車して住民に場所を確認すると「それはかなりわかりにくいから、バス停を一つ戻った方がよい。4つ目の信号を左折する」というので約500m道路に沿って戻る。そして信号から入り口まで1kmはあった。取材したのはレッサー・パンダの赤ちゃんなのでYouTube愛らしい姿をご覧いただきたい。
▼取材が終わって元の位置まで戻るのだが、受付で聞くとJR駅までのバスは1時間に1本くらいしかない。そこで途中の武蔵野線の駅までということにした。15分ほど待つとバスが来た。車内の風景は来た時とまったく同一に見えた。目的地が近づいて立ち上がると運転手さんが「どこで降りるの?」と話しかけて来るので「??次で降ります」と答える。運転手さんはなおも「さっき降りたバス停とは違う駅で乗ってきたから、どうしたのかと思って…」という。やは運転手さんは来た時乗ったバスと同一人物だった。
▼上記のいきさつを話すと「それはすみませんでした」と素直に謝って下さった。つまり地元の地形を知悉している方ならば畑や藪をかき分けて目的地に到達することができるだろう。しかしそうでない人には無理な道だった。そんな訳で帰宅してすっかり疲れてしまった。
▼昨日の迷惑メールは突然「踏み倒して逃げるつもりか」という脅迫メールに変わった。なぜ迷惑メールが来たか考えてみた。すると2週間前に着メロのサイトで「試聴」していた事を思い出した。それ以後「○○○サイト」の勧誘が1日10通くらい来た。お猿さんのノミ取りよろしく、来るメールを一つひとつ「着信拒否」と「ブロック」していった。ところがそれでは手に負えない状況になって、さらに数日前に書いた「サイトの解約」に同意したので違約金を支払え、という「督促内容」が日ごとにエスカレートして行った。最初は穏やかだが、払わざるを得ないような気持ちにさせる、すごみを利かせてくる。
▼昨日午後の設定でホントに脅迫メールが止まるかどうか分からない。どうしてもダメなら国民生活センターか警察に相談する。もしくは携帯を別会社にして「UMIカード」を取り替えるなどの方法がある。たとえメールに苦情や脅される内容があっても「返信など」一切しないこと。相手はその情報を狙っているのだから。
▼という訳で携帯メールのアドレスを変更しました。5人ほどの方にはお知らせしましたが、多忙のためとても友人全員にはご連絡できません。必要な方はPCメールでご一報下さい。折り返しお知らせします。

|

November 12, 2013

NNNド「消えたヤマの告発/三池炭鉱大災害から50年」を見る。

Shouyusasi
(ソラマチで売っている醤油がおしりに回らない醤油差し.キャップの磨りガラスの製法に工夫がある)
▼携帯の迷惑メールはとどまるところを知らない。今朝など午前4時から着信音が鳴りだした。その内容も脅迫めいてきた。もう個別の対策をしても面倒で仕事に差し障るので、本日中にメールアドレスを変更する。過去3ヶ月にメールの送受信があった方には個別にご連絡差し上げる。
▼食品偽装問題は次々と広がって行く。今朝のニュースは灘で作っている広島の「福久娘」にまで発展したとある。みなさん純米酒や吟醸酒が「良い酒」だと思っているから、これもブランドで買う。自分の舌に自信があれば問題ないが、「純米酒」などを有り難がっているとこうなる。これも国税庁の指摘だとされる。要するに買った米と出て行った酒の種類の差で分かったのだろう。
▼2週間前に放送された「相棒12」は食品中毒のようは症状が多発し、調べていくと有名レストランにスープを納入している業者が、指定とはことなる油を使って加熱温度を低くしていたことから雑菌が繁殖してしまった、という内容だった。攪拌加熱マシンの不調を調べに行った納入先の女性社員が抜き打ち検査に行ったところから不正が発覚する、という。食品業界を知り尽くしていないと、こういう脚本は書けない。思わずうなってしまった。2回前の「素数」を使った暗号装置の話も良くできていた。
▼11日午前2時のNNNドキュメンタリー「消えたヤマの告発/三池炭鉱大災害から50年」も力作だった。何故かネットでは「三池」の部分は「○○」と伏せ字になっている。1963年11月9日三池炭鉱せ戦後最大の爆発事故が起き試写458人。一酸化中毒の患者は839人に上った。その原因は会社側が炭塵対策を手抜きできちんとしていなかったため、炭車のチェーンが切れて暴走して発火したのが原因で炭塵が大爆発を起こした。約1000人近い人が記憶障害など不自由な生活を送っているのに,会社側は謝罪もせず労災病院を廃止して民間病院に切り替える。
▼大勢の人は会社の方針を受け入れるが31人の人は訴訟で会社の責任を問う。中には怒りっぽくなって妻子に暴力をふるったりするなど、乱暴な言動がある人もいる。先日事故から50周年にあたる記念式典が開かれた。その式典にも参加できなかった清水正重さん(89歳)は病院のベッドで妻の栄子さんとひっそりとしている。だが奥さんが「ガンバロー」を唄うと反応する。「ガンバロー、突き上げる空に、くろがねの男のこぶしがあがる。燃え上がる女のこぶしがある」と奥さんが美しい高い声で唄うと、夫は枕元にあった、ハモニカで合わせる。経済成長のために国民を犠牲にする。これは原発まで戦後一貫した国の方針だった。

|

November 11, 2013

携帯メールを使った様々な詐欺にご用心。

▼YouTubeで「女子大生のダンス」を載せたら、国会前のスピーチよりもアクセスが増える。みなさん「女子大生」がお好きなのですねー。昨日は携帯に○○サイトからのお誘いメールが10通ほど届いた。何故か毎週金曜日の夕方あたりから各10通くらい押し寄せてくる。先週「Suicaメールの解約」を装ったメールが来たので開けたら、今なら「5000(5000円)ポイントプレゼントするが解約すると60%の返還を求める」という内容だった。詐欺だと分かったのですぐ切った。ところが今朝6時頃に、その装いサイトからメールが「お客様の端末からアクセスした履歴が残っているので、連絡くれ」と書いてある。相手はプロだろうから、もし催促の電話がかかって来たら、近くの警察に相談に行こうと思っている。
▼先日友人が振り込みサギの電話があって、すぐそれと分かったので警察に知らせた。警察の指示にしたがって「ニセの札束」を持って指定場所にいき、取りに現れた容疑者を逮捕し、警察から「表彰状」を頂いたとブログに書いていらした。わたしにそんな勇気はないが、まず相手の動きを見て警察に相談するのが一番良いだろう。
今朝のNHKニュース、イランの核開発疑惑で日本が、IAEAとともに協力しているがトップ。次に特定秘密法案、自民党が残り2週間になった今国会で成立させたいとしている。民主党が「審議を尽くせと反対している」。維新の会が「防衛秘密に特定せよ」と補正案を出している、とこれだけ。自民党とグルになっているポチの公明党はどうしたのだ。明かに反対しているのは、共産、社民がいるのに一言も報道しないのはどうしてなのだろう。今朝も衆議院の委員会を傍聴したり、議員会館で控え室を訪問して、議員一人ひとりに「反対して」と要請行動や学習会をしようという人たちがいる。それができなければ、あなたの地元出身の国会議員の地元事務所、国会事務所を探して電話かファクスをして欲しい。
▼こんな筈ではなかったと、将来に禍根を残さないように何らかの行動をして下さい。このブログをいつも黙って読んでいる方々にお願いします。
★特定秘密保護法案についての院内勉強会★   11月12日(火) 13時開始 16時終了予定   会場:参議院議員会館101会議室申し込みフォーム
▼今週から本格的に「福島原発事故東電テレビ会議49時間の記録」を読み始める。わたしの読書能力は一日最大40万字くらい。この本は1冊で120万字もある。

|

November 10, 2013

「無駄骨」とは一体どこの骨?

▼今朝の地震は驚いた。もうその瞬間はPCに向かっていたが、フクイチの燃料棒が爆発で日本全滅かと覚悟した。昨日出かけた帰りに隣の駅前にある新宿3丁目に本店のあるスーパーに寄った。2点買ってレジに行ったら、セルフレジが2台あった。やったことがないので、普通の店員さんがやってくれる方に並んだが、中々進まない.思い切って無人のセルフに行ってやってみた。バーコードの読ませ方が分からなかったが、読み取り機に水平ではなく、」リーダーに垂直に押しつけるのだ。おそるおそるやってみたが、それさえやれば簡単にクリアできた。何事も経験が大切。
▼NHKラジオを聞いていたら、「骨折り損」という言葉と、次のニュースでは「無駄骨」と連続してでてきた。原稿を書いた記者はよほど「骨」がすきなのだろうか?しかし辞書を見ても「無駄骨」は一体どの骨なのか分からない。まさかアダムとイブのことではないだろう。本日出かけるので、これで終わり。

|

November 09, 2013

参加者は「プロメテウスの罠」の事を知らなかった。


(燃料棒取り出しで日本は危機的状況にあると訴えるUさん)
▼最近国会前で2時間も突っ立って抗議活動をしていると足が痛む。対策をいろいろ考えた。一つは体重を減らす。一週間前に友人たちにそのことを話すと、「それよりも足の筋力つけるべきだ」とおっしゃる。ここ10年間スクワッドと腹筋などは毎日60回やっているが、それだけでは不十分か?それで柔軟体操も取り入れた。もうちょっと物理的な解決策として、国会前は1時間15分程度で終わらせ、その後はファミリーエリアに移動することを考えた。ファミリーエリアの責任者とも知り合いになって、これはかなり具合が良い。やはり足を動かさないとダメだ。あと良い靴を履き、適当な厚さの靴下で調整する。この方法でやっていけば、この冬は乗り切れそうだ。

(ファミリーエリアのマイクリレー)
▼毎週国会前に来ている某紙若手記者と親しくなった。政治の話よりも記者としての生活を話してくれるので、中々楽しい人物であることが分かった。詳細はプライバシーになるので書けない。
▼昨日書いた「菅元首相」がデモクラTVで話した続きがある。その桜美林大学の公開講座には、菅氏とともに朝日で連載している「プロメテウスの罠」を取材している記者も出席して発言している。それによれば「スピーディ班は事故直後から、大型コンピュータを使って放射能の汚染はどのように広がるか計算始めた。汚染は同心円に広がるものではない。蟹の足状だ。データは3日間で100枚以上プリントアウトされ、官邸に6枚届けられたが、菅首相の元には一枚も届けられなかった。原稿が新聞に掲載されたとき、菅氏から編集部に電話が掛かってきて。「こんな話(スピーディのプリントアウトが数枚、官邸まで来ていたこと)はいま始めて聞いた」と怒っていたという。記者が書くのは裏を取っているから「菅元首相がスピーディの存在を知らなかった」というのは間違いないだろう。
▼YouTubeでわたしのスピーチをご覧になればお分かりなるが、朝日の「プロメテウスの罠」をご存じでしょうか?といっても圧倒的に「???」が多くてショックだった。
▼昨日はYouTubeのいくつかをご覧になれば分かる様に、フクイチの4号基からの燃料棒取り出しは失敗して、日本に壊滅的な被害を与えるだろう」というかなり悲観的な観測が流れていた。某友人は「来週生きていたら、またここで会いましょう」といって別れた。
▼本日は某大学で行われる公開セミナーに行くので、内容はまた明日ご紹介させていただく。

|

November 08, 2013

辺見庸氏の怒りは国民の怒りでもある。

▼相変わらずといますか、今朝のNHKは「女子中学生の誘拐事件」一辺倒です。それも市役所の個人情報や住基ネットの情報が「探偵」を通じて漏れたことが原因であるかのような口ぶり。住基ネットのパスワードなど、担当職員が漏らさない限りでないと思います。わたしがもう10年近く前ですが、東京某区の出張所に住民票の発行依頼に行ったとき、本庁とのやりとりは、「毎回毎回パスワードを入れるのは面倒で現実的ではない」という事で朝一回入力したらそのままになっていました。
▼今はアクセスログの解析が出来ますので、誰が漏らしたかはまもなく分かるでしょう。しかしそれと「特定秘密保護法案」は別の問題です。今朝の東京新聞には法案の全文が掲載されています。それには「その他」という表示がいかに多いかわかるような仕組みになっています。ざっと数えて40個くらいあります。「ほか」とは何か?広辞苑によれば「ほか【外・他】一定の規準・範囲に含まれない部分。」現場警察官の判断で何でも十把一絡げ「じっぱ‐ひとからげ【十把一絡げ】どれもこれもあまり価値のないものとして、多数をひとまとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにして扱うこと。」にされてしょっ引かれます。
▼辺見庸さんが11月7日付けのブログに書いています。ハンナ・アーレントは幼い時、母親のマルタが幼いハンナにむかって叫んだという「よく注意しなさい、これは歴史的瞬間です!」と。辺見さんは日本版NSC法案が衆議院で自公民の賛成多数で通過した瞬間をそれとまったく同じだと指摘している。
▼その一方で中国の天安門爆破事件、中国共産党地方の建物の爆破事件、そしてPM2・5についてはこれでもかこれでもかと虚報(どうでも良い内容)を流し続ける。もうお手上げ状態の放射能汚染水問題も、もしトラブルがあったら再爆発するかも知れない燃料棒取り出しも一行も触れていない。
▼菅元首相はあちこちで「311事故の対応は正しかった」と講演して歩いている。一番近い例では桜美林大学のゼミで喋っている例がある。(「デモクラTV」で放送)しかしスピーディの部分ではいつも口を濁す。情報はなぜアメリカ軍にだけ流れて、近隣住民には隠されていたのだ。菅も枝野も細野らも情報を知らない筈はない。そうでなければ爆発直後にフクイチをヘリで訪れた菅が、宇宙服のような真っ赤な防護服を着ている筈はない。辺見庸によれば菅も辻本、千葉景子も一体なにをしていたんだと声を荒げる。

|

November 07, 2013

マスメディアこそ最大の「偽装団」の手先


(新橋の東電本社で抗議のコール)
▼新聞、TVは「食品偽装」報道でブレークしています。わたしに言わせれば「ブランド好きな日本人は騙されやすい」ということです。「運動」に関わっているちょっとした人がヴィトンやコーチのバッグや財布を持っていると、「あ、この程度なのか」と思ってしまいます。それらは単に道具の筈。しかしそれを持つ事によって「自分は他の人と違う」と思いたくなる。しかしその実みんな同じブランドを持っていて「同類項」にいる事に安心する。わたしの考えではスーツにネクタイも同じです。

(「東電の広瀬社長は出て来て説明しろ」、と訴えるUさん)
▼食品はもはや偽装ではなく、詐欺です。今朝のニュースで奈良の会社役員が「1週間前は偽装と口に出すことにためらいがあった」と言っています。では一体全体「客の口に出すこと」には抵抗がなかったのか?そちらの神経の図太さには呆れるばかりです。こういう風潮が流行るのも「ブランド物」を持ち、「ブランド牛」をうれしがって食べる人がいる限りなくならいでしょう。それほど自分の舌に自信がないのでしょうか。
▼昨晩の東電本社前にはメディア、機関紙の取材はゼロ。口裏を合わせたように一社も来ていません。欧米の記者が小型のビデオカメラを持って一人だけ来ていました。ですからどの新聞を見ても昨晩の状況は分かりません。主催者の発表によれば、東電本社抗議の呼びかけ団体は10団体に増え、参加者は350人だと発表がありました。
1106a
(右手の東電本社に向かって怒りのコールをする女性)
▼昨日の集会で重要な発言がいくつかありました。1時間半全部ビデオを回してもみなさん、決して最後までご覧にならないでしょう。だから最大3分にしています。きょうからフクイチ4号炉の燃料棒の取り出しが始まります。訓練は10mの高さだけやっていますが、実際は40mもあります。取り出すとき引っかかったり、落としたら311を上回る大事故に発展する可能性があります。半径5kmの待避になっていますが、これは少なくとも20kmを待避地域にさせる必要があります。なぜこの重要な事が新聞やNHKで取り上げられないのか?このブログをお読みの方は、一応重要な荷物をまとめておいた方が良いでしょう。
▼次に東電を牛耳っているのはメガバンクの銀行団と日生、第一生命、などとリニアを動かそうとしているJR東海などです。銀行は振り込み手数料で設けているので解約して城南信用金庫に代えようという呼びかけもありました。株主の正体を見極めて、解約など具体的な行動を考えなければならない時に来ています。
▼はっきり言ってわたしも冬はこういう場所に来たくない。しかし私より年配の人が大勢、体調が悪くても来ているのを見ると、来ない訳にはいかないのです。 

|

November 06, 2013

NNN「消せない放射能65年後の警鐘」を見る。

▼日本のメディアは腐っているとしか思えません。山本太郎氏が街頭演説をしている場所に彼らはまったく来ていません。彼の言っている事を一行も報道していません。ところが園遊会の一件以降、「いつ辞任するのだ」というぶら下がり記者が群がっています。彼ら記者たちは自分の頭で考えることはないのでしょうか?上司に「山本のところに行って来い」とでも言われた行くのでしょう。
▼その一方で大臣などの記者会見で「差し支えない範囲で結構ですから」とへりくだった態度。原子力規制委員会の記者会見はYouTubeで公開されていますが、厳しい突っ込みはゼロです。記者が勉強していないのか?それとも政治家や田中委員長に睨まれるのが怖いのか?あなた方は何を聴いても会社が守ってくれるよ。毎朝NHKのニュースを聴いているだけで血圧が上がってしまう。云う事口移しで書いているなら記者ではなくてパリシだよ。
▼例のNSAがメルケル氏など西欧の首脳の電話を盗聴していた話。日本の首脳は「うー大丈夫だ」と言っているが、歴代日本国首相は盗聴防止の携帯があるにも関わらず。誰も使っていなかったことは、昨日のメルマガで書いた。それに輪をかけるようにNHK元記者は今朝のブログで「スノーデンは日本は盗聴の対象外になっている、と言っている」と書いているが、かなりノーテンキだ。記者ならば裏は取ったのか?だとするならば、なぜ対象外にされているのか?これが評論家だというから聞いて呆れる。
▼いつも首相官邸前抗議行動や国会前は遠くて参加できないとおっしゃている方々へ朗報。11月16日に千葉県柏で「さよなら原発東電東葛支社デモ」があります。お近くの方も遠くの方も是非参加して下さいね。わたしは当日取材があって行けません。それに我が家からはかなり遠いしね。近い方にお任せします。
▼NNNで4日午前2時に放送された「3・11大震災 シリーズ /消せない放射能/~65年後の警鐘~」はご覧になりましたか?何?デモにも来ない。テレビのドキュメンタリーも見ない?毎週やっていますから必ず録画して見て下さい。福島第一原発事故の原因究明隠蔽されたまま、再稼働の動きが加速しています。ロシアのウラル山脈の東側の地域では、ソ連時代原爆を作るためウラン鉱石の採掘をやっていた。そのため放射能による被害が続いていた。ソ連政府は何も発表しないまま、住民を汚染の軽い地域に移住させた。ところが大勢の住民が高レベル放射性廃棄物を投棄した川の周辺に住んでいたため、手足の欠損した子ども、膨れ上がった頭部、巨大なコブ…現実の世界ではあり得ない被害が起こっている。
▼6日は夜6時半から東電本社抗議デモです。みなさん来てね。

|

November 05, 2013

◇「眠れる美女」を見る(その2)

Kaedekana
(カエデの一種だと思うが…)
▼日曜日の夜中、サイレント・モードにしてある携帯が着信を示すピカピカと点灯していた。みると女性を装ったメールで「久しぶり帰って来たよ、覚えてる?」という内容だった。そういう話し方をする女性の友人はいないので、翌朝着信拒否に設定した。と、今朝8時10分にブログを執筆中にまた同様のメールがきて「アドレス登録してくれたか?」という催促である。
▼電車で移動していると車内はスマホを使ってツイッターをしている人が多い。何と時間の無駄遣いをしているのだろう。「繋がっている」証明か?わたしの携帯は古いのでツイッターでの発信はできるが、何が起きているか,リツイートも流れがわからないので、よほどのことがないと使わない。
◇「眠れる美女」を見る(その2)監督は「尊厳死」の是非は当事者の問題である。だから第三者があれこれ言うべきではない、という立場である。だから妻が人工呼吸器をつけられベッドに横たわっている。議員である夫は、妻をなるべく早く楽にさせてやりたいと思っている。だが娘と意見は違うことで悩んでいる。娘はかたくなに、父親の説明を拒みつけている。
▼一方女優は植物状態の娘を長生きさせようとしているが、長男は「無駄だ」と呼吸器を取り外そうとさえする。監督はどちらの行為が正しいかという考えは示さない。同時に監督はイタリア最高裁が「尊厳死」を認めたという判決をだし、議会ではキリスト教影響下の政党がそれに反対する議決を出そうとしている。議員は自分の所属しているキリスト教政党の党議を破って反対票を入れようとする。
▼監督は当時のイタリアでキリスト教勢力と、マスメディアが一体となって最高裁の判決に抵抗勢力としてガン状態になっていることに疑問を投げかけている。さらにここに3つめの話が入って来る。それは教会に入って寝ていたドラッグ中毒患者の女性の登場だ。リストカットををして病院に強制入院させられ、看病している担当医の目を盗んで飛び降り自殺をしようとさえする。しかし窓から落ちようとした瞬間医師に引き揚げられる。隙あらば自殺をしようとするが、真摯な医師の態度に次第に考えを改める。この女優はモロ首相暗殺事件をテーマにした「夜よ、こんにちは」に出演していたっけ。
▼わたし的には、この麻薬中毒患者と若い不眠不休で看病にあたる医師が、次第に心を通わせていく場面がもっとも良かった。上映終了後のトークショーでイタリアに詳しい女性教授(名前は忘れた)が話していたが、イタリアではまだ尊厳死の可否に結論は出ていないという。それに引き替え、我が日本国では医療マフィアの言いなりになって、国民的合意ができないまま、お涙頂戴式の話をマスメディアに垂れ流し、事だけは先走っていく。

|

November 04, 2013

◇「眠れる美女」を見る(その1)

Boat1103
(水道橋脇のの神田川を走るボート)
▼日本シリーズは3日前に予想した通りの結果に終わりました。「東北地方復興」と言う政府の至上課題と20マイクロシーベルトの汚染地域への「住民の強制帰還」をセットにして日本の政治は進んでいます。それに電通が一枚加わって「盛り上げ」られています。これはこの数日の新聞を見ていても分かります。
▼昨日のTVを見ていたらS生命のCMが流れて来ました。「長生きして本当によかったと思われる生保」といっています。この台詞は前にも一度聞いたことがあります。そう橋本龍太郎元総理が生前に言っていました。彼も「アメリカ国債を売りたい衝動にかられる」と発言したことから、病気とはいっていますが、「急に病気」になって死亡してしまいました。大体今の日本で長生きして幸せなことなどありません。認知症やガンになって苦労するのは周りにいる家族です。病院はおいだされ、「在宅介護」と聞こえのよい自宅に帰され、負担はすべて家族の肩にかかってきます。
▼施設に入院したくても新聞やTVに出ている施設などは毎月25万以上払わないと入れない。それを死ぬまで払い続けることが出来る人は限られます。特養ホームは申し込んでも10年待ち。それまでは座敷牢、何と楽しい未来が待っているじゃありませんか?
◇「眠れる美女」この映画を作ったのはマルコ・ベッキロ監督で前作の「ムッソリーニを愛した女」を見てごブログで紹介しました。この映画の舞台になっているのは2009年イタリアで問題になった、17年間植物状態だった少女エルビアーナの生命維持装置を外す「尊厳死」を認めるのかとうか、という実際の論争がテーマになっています。
▼映画では妻が生命維持装置をつけている国会議員がおり、彼は見るに忍びないから「外したい」と思い、娘はそれに反対している。その二人の考えの違いが国論を二分する意見が凝縮しています。同時に3つの話が進行しますが、2つめは娘が植物状態で延命装置をつけている若い娘と母親の元女優。
▼当時のイタリアでは最高裁で認められた決定を上記の議員が議会で賛成しようとしていると、同僚に「反対すると二度と議員にはなれない」圧力をかけられる。同時にイタリアのカトリック勢力も当時のベルルスコーニ首相と同一歩調を取ろうとする。監督はマスメディアと政界、教会が一体となった「延命装置除去反対」の動きに一貫して反対する。これが理解できないと、映画は何を言っているのはまったく分からなくなる。(明日に続くかも知れない)渋谷イメージフォーラムで上映中。1面トップの写真に撮影ポイントに注釈をつけました。クリックしてご覧下さい。

|

November 03, 2013

本を逆さに読む少年の話。

Sky1102
(2日夜の小雨に煙るスカイツリー、携帯で撮影)
▼1日の反原連の国会抗議行動から帰る途中、自宅近くの橋に群がってスカイツリーを撮影している高齢者の方々がいました。代わり映えしない風景なのだが、何故か?翌日の新聞を見て「クリスマス・バージョン」の点灯だという事が分かった。いずれ撮ってご紹介しますが、みんなと同じアングルで同じ被写体を撮ってなぜ面白いのだろう、と考える事があります。我が家の近くは絶好の撮影ポイントになっていて、NHKなどTV局も何かというとやってきて三脚をセットしています。
Kaki1102
(渋谷の根室漁港の店で食べた牡蠣)
▼一週間前に「噂の東京マガジン」の事をご紹介しましたが、ご覧になりましたか?当該地域にお住まいの方から「ビデオに撮っていないか?」と問い合わせがありました。撮ってはいますが地デジでHDDレコーダーに録音したため、「コピー禁止」になっていたkとに気づきませんでした。一度録画したものの「コピーガード」を外すわけにも行きません。究極の選択は画面に映ったものを別の、手持ちビデオカメラで撮影するといいう、極めてアナログ的な方法でした。それでも相手様からはたいそう喜ばれました。
▼国会前にいるとき執拗に「○○サイト」からの勧誘メールが送られてきました。合計20通くらいだったでしょうか?わたしの携帯メールのアドレスを知っているのは、ドコモ、リモートメールの会社、お財布携帯のSuica、それにツイッターくらいです。それがどうして漏れるのか不思議でなりません。最終的に一つひとつ「迷惑メール」で「受信拒否」にしてストップしました。
▼仕事で総武線各駅停車を使って電車移動をしているとき、小学校の下校時間と重なりました。4人の4,5年生の生徒がいて、3+1が別々になり、3人は端のシルバーシート。1人はわたしの眼の前にいて退屈そうにしています。そしてわたしが読んでいた今西憲之著「原子力ムラの陰謀」の背文字を口をだして読み始めました。煩いので本を二つ折りにして表紙が見えないようにしました。ところが彼から見ると逆さなのにそれでも読んでいます。思い切って、本を渡して「読みますか?」と言うと首をヨコに振るのでそこで終わりました。この本はかなり面白いです。
▼本日は休日なので、これで終わり。では、また明日。

|

November 02, 2013

11月1日反原連、国会前とFA抗議行動に参加する。

Fa1101
(11月1日ファミリーエリアでスピーチする人)
▼毎週金曜日の国会前にいくと、隣りに某ご高齢のご婦人がいらっしゃる。この方がこの数ヶ月毎回、毎回山本太郎氏の批判を繰り返している。毎回の発言内容は余りにもえげつない内容なので省く。昨晩も来るなり「田中正造は命がけで直訴したのに50年早い。秘密保護法に火を注ぐ結果になる」という意味だった。わたしは「いじゃないですか」と無視をしていた。すると彼女は隣りにいた某政党機関紙の若手政治記者に話しかけていた。彼もまた「個人的見解だ」と前置きして彼女と意見が一致して盛り上がっていた。一致点を見つけないで批判ばかりするのが、この政党支持者の悪いところ。

(「阿部晋三はウソツキーだ」の声は迫力満点です)
▼2番手でスピーチをして国会前には1時間滞在してファミリーエリア(FA)に向かう。というのは開会前にいつも向かい面にいる、横浜から参加していらっしゃる年配のご婦人が、「一度もファミリーエリアに行ったことがない」というのでご案内した。会場に到着するとスーツデモでご挨拶をした二郎さんが熱い握手を求めてきた。その前に国会前で明日香さんにはお会いして、11月3日号の某新聞に掲載した自分の記事を用意していったので、お二人分すでにお渡ししてあった。

(FA最後のマイクリレーは、六本木のクラブ風にとても盛り上がった)
▼そうこうしているとデモクラTV呼びかけ人のお一人である鈴木耕さんが見えていたのでご挨拶をした。鈴木さんとはデモクラTVスタートの記者会見で既に名刺をお渡しして面識がある。鈴木さんは元集英社の伝説の編集者で、その武勇伝は限りなくある。それは省略し、最近の放送でダグラス・ラミスさんとの対談があったので、「とても良かった」とお話すると「ありがとうございます」とおっしゃって下さった。実は先週27日のデモクラTV内田誠さんの番組「ウッチーのデモクラジオ」の中でリスナーの投稿メールが紹介された。曰く「国会で大声あげている連中はふだん巨人の応援をしているのでは…」という趣旨の内容だった。わたしは来週の国会前スピーチで集会に参加している人にアンケートを取ってみるつもりだ。
▼わたしはこのメールの投稿者に不愉快になった。そして反論メールを番組宛て送ってから国会前に来た。そのことを鈴木耕さんにお話すると、笑っていらした。ここでは常連の方々にご挨拶してビデオ撮影をした。火炎瓶テツさんも素晴らしいスピーチとコールだったが、何故かビデオの電池が途中で切れてしまい、録音はできなかった。電池は3本持っているが、赤信号が出たら、すぐ交換しなければならない。昨晩も1万歩余を歩いて帰宅した。わたしが書いた新聞記事をお読みになりたい方がいらしたらPDFファイルでお送りします。トップページの申し込みフォームからお申し込み下さい。もちろん無料です。

|

November 01, 2013

日本シリーズの展開は予想通りだ。

▼今朝6時38分に友人から携帯メールが届いた。昨日の園遊会で山本太郎氏が天皇に「直訴」した件で「処分すべきだ」なとどする自民党に対して怒っているらしい。昨日はYahoo!でも「是非を問う」ネットアンケートをしていたらしい。そんな事よりも汚染水問題とか、300平米で完全にブロックされている事をテーマにすれば、社会の進歩に役立つはずである。こういうテーマ設定で暗躍するのは電通でツイッターの「ビッグデータ」を蓄積しては、いまこの瞬間にどういう一手を打てば世論操作できるか考えているのだろう。
▼政治利用というが「手紙を渡す行為」がなぜ政治なのだ?園遊会自体が「政治セレモニー」であり、そこに招かれる人のかなりの多くは、時の政府の意図に沿って宮内庁あたりと鳩首を集めて、「誰を呼んだらもっとも効果があるか」考えるのだろう。大体戦後政治を見れば分かるが「終戦の詔勅」にしても、戦争を始めたのが東条英機なのだから、彼が国民に謝罪すべきだった。ところが天皇制を維持したいというアメリカ側の密かなメッセージとともに「お声」が利用された。これが政治的利用でなくて何なのか?この辺のところはジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」を読んで頂きたい。
▼31日の朝日新聞朝刊に、作家として高橋源一郎が書いた文章,「〈論壇時評〉皇后陛下のことば 自分と向き合って伝える 」が話題になっている。長いが興味のある方はご覧いただきたい。
Suit_demo1030d
▼昨日電話連絡をしているとき、友人に「スーツデモにいってきた」と言うと、わたしがスーツを着用しないことを知っているので、「久しぶりじゃないんですか?」と言われる。忘れもしない昨年10月16日、大手町の経団連抗議行動を行っている最中に「叔母が亡くなった」というメールが来た。それでダークスーツを着て以来1年ぶりになる。ネットを検索して、自分が写っている写真をようやく一枚見つけた。右端サングラスにスーツ姿が筆者である。
▼日本シリーズは大体予想通りの展開になってきた。先週某ネット放送を見ていたら、読者の投稿で「国会で原発反対を叫んでいる人たちは、ふだん巨人を応援しているに違いない」というのがあって腹を立てていた。巨人ファンはだいたい権力で志向の財界人たちが多い。もしくは「絶対勝つ」「常勝巨人」という安定志向に酔いしれている。カネにあかせてあれだけ強い選手を集めて勝たなければおかしい。わたしの場合いずれにも該当しないので巨人は応援しない。ま、プロ野球にあまり興味がない。

|

« October 2013 | Main | December 2013 »