« 11・21は秘密法反対の銀座デモに参加する。 | Main | 11月22日国会前のスピーチの様子です。 »

November 23, 2013

国会前集会に来たスラップ訴訟の人たち。

Out1122
(国会前で名調子を披露するさいた・まんぞうさん)
▼お早うございます。いやはや猪瀬知事も次々でてきますねー。こういうのはオリンピック指定業者から外された筋からの、たれ込みでしょう。これでおそらく「ミカドの肖像」も沈没。5千万円も、貰って知らん顔していたとは同県人として情けない話です。猪瀬はケチな人なのです。誘致のため最初イギリスかどこかに行く必要がでてきたとき、「妻の費用も公費で」といって、部下はその捻出に苦労したという話もあるくらいです。

(上関原発建設に反対して闘う祝島のひとたち)
▼昨日は国会前からファミリーエリアに移動して主催者にご挨拶して、また元の位置にもどってきました。観察すると、はっきりいって参加者は激減しています。わたしの周辺を見ても半年前にはいた人が3人の常連さんが、なぜか来なくなってしまいました。それは反原連の人たちも感じている様子で、今週からあたらに「対話コーナー」が出来、参加者との交流をする仕掛けが作られました。場所は経産省上から国会前に来る途中にあります。
▼昨晩は全国各地のスラップ訴訟で訴えられている人たちがいらっしゃいました。まず上関の祝島で中国電力の原発建設に反対して闘っている方々で4人が、中電から高額賠償を求められています。詳しくはYouTubeをご覧下さい。ブログにYouTubeを貼ってもクリックしない方々がいて困ります。わたしは国会前に来ない人にもメッセージを送りたいのでYouTubeでご紹介しています。自宅の暖かい部屋でご覧になれますので、ぜひご覧下さい。わたしは今までいろいろお願いしてきました。パブコメ提出。地域選出議員へのメール、ファクス、電話をする等々。国会前にも東電前にも、日比谷野音にも来ない。YouTubeもクリックしないでは話になりません。また企業などから訴えられた人たちは、高額の訴訟費用が必要なのでカンパを募集しています。そちらもご協力下さい。
▼もう一つは沖縄の高江ヘリパット建設反対で闘っている人たちで、これは映画「標的の村」でご紹介した人たちで、6歳の少女の一時期被告にさせられていました。さらに富山からいたした高山さんとおっしゃる女性。この方は高レベルの放射能汚染のガレキを持ち込もうとして市に苦情を言ったら、市長に訴えられました。それで警察から「事情聴取」の電話がかかってくる旅に血圧が上がり、子どもも情緒不安定になり、友人も電話恐怖症になっていると訴えました。
▼本来国は住んでいる国民や、市は市民の財産や生きる権利を守るためにあるものです。スラップ訴訟発生の地はアメリカですが、すでにアメリカでは最高裁の判断でこのような住民、個人に対するスラップ訴訟はできなくなっている筈です。日本は後進国というか、江戸時代の獄門さらし首で、市民を恐怖に陥れる手段は何も変わっていません。
▼昨日エリアを移動中通行を区分けする赤いコーンとまだら模様のプラスティック棒に足をひっかけ転倒しそうになりました。転倒はしませんでしたが、ジーンズを裂いてしまいました。帰宅して家族に穴の縢りを頼んだら、「それは流行の先端を行っているからそのままで良いのでは」と言われました。そういえばミサオ・レッドフルフさんもいつもそんなスタイルです。
▼昨晩のスピーチはトップバッターで比較的うまく出来たと思います。いずれIWJさんにアップされたらご紹介します。

|

« 11・21は秘密法反対の銀座デモに参加する。 | Main | 11月22日国会前のスピーチの様子です。 »