« 日本シリーズの展開は予想通りだ。 | Main | 本を逆さに読む少年の話。 »

November 02, 2013

11月1日反原連、国会前とFA抗議行動に参加する。

Fa1101
(11月1日ファミリーエリアでスピーチする人)
▼毎週金曜日の国会前にいくと、隣りに某ご高齢のご婦人がいらっしゃる。この方がこの数ヶ月毎回、毎回山本太郎氏の批判を繰り返している。毎回の発言内容は余りにもえげつない内容なので省く。昨晩も来るなり「田中正造は命がけで直訴したのに50年早い。秘密保護法に火を注ぐ結果になる」という意味だった。わたしは「いじゃないですか」と無視をしていた。すると彼女は隣りにいた某政党機関紙の若手政治記者に話しかけていた。彼もまた「個人的見解だ」と前置きして彼女と意見が一致して盛り上がっていた。一致点を見つけないで批判ばかりするのが、この政党支持者の悪いところ。

(「阿部晋三はウソツキーだ」の声は迫力満点です)
▼2番手でスピーチをして国会前には1時間滞在してファミリーエリア(FA)に向かう。というのは開会前にいつも向かい面にいる、横浜から参加していらっしゃる年配のご婦人が、「一度もファミリーエリアに行ったことがない」というのでご案内した。会場に到着するとスーツデモでご挨拶をした二郎さんが熱い握手を求めてきた。その前に国会前で明日香さんにはお会いして、11月3日号の某新聞に掲載した自分の記事を用意していったので、お二人分すでにお渡ししてあった。

(FA最後のマイクリレーは、六本木のクラブ風にとても盛り上がった)
▼そうこうしているとデモクラTV呼びかけ人のお一人である鈴木耕さんが見えていたのでご挨拶をした。鈴木さんとはデモクラTVスタートの記者会見で既に名刺をお渡しして面識がある。鈴木さんは元集英社の伝説の編集者で、その武勇伝は限りなくある。それは省略し、最近の放送でダグラス・ラミスさんとの対談があったので、「とても良かった」とお話すると「ありがとうございます」とおっしゃって下さった。実は先週27日のデモクラTV内田誠さんの番組「ウッチーのデモクラジオ」の中でリスナーの投稿メールが紹介された。曰く「国会で大声あげている連中はふだん巨人の応援をしているのでは…」という趣旨の内容だった。わたしは来週の国会前スピーチで集会に参加している人にアンケートを取ってみるつもりだ。
▼わたしはこのメールの投稿者に不愉快になった。そして反論メールを番組宛て送ってから国会前に来た。そのことを鈴木耕さんにお話すると、笑っていらした。ここでは常連の方々にご挨拶してビデオ撮影をした。火炎瓶テツさんも素晴らしいスピーチとコールだったが、何故かビデオの電池が途中で切れてしまい、録音はできなかった。電池は3本持っているが、赤信号が出たら、すぐ交換しなければならない。昨晩も1万歩余を歩いて帰宅した。わたしが書いた新聞記事をお読みになりたい方がいらしたらPDFファイルでお送りします。トップページの申し込みフォームからお申し込み下さい。もちろん無料です。

|

« 日本シリーズの展開は予想通りだ。 | Main | 本を逆さに読む少年の話。 »