« November 2013 | Main | January 2014 »

December 31, 2013

来年は、タコツボをでて行動しよう。

▼昨日の東証納会で安倍首相は「アベノミクスは買いです」と喋っていたので腰を抜かすほど驚いた。大体税と社会保障の一体改革は片一方の大金持ちがより富むということで決着し。社会保障は削られるばかり。国民の大多数を敵に回して何ができるというのか?
▼今現在図書館から6冊の本が来ている。だがわたしは書斎に座って読書する方ではない。もちろん書斎という洒落た場所もない。何度も書いているように移動中の電車がいちばん集中して読むことができる。だから電車の中でスマホを見つめて、ツイッターやゲームをしている人を見ると「何と無駄な時間だろう。もったいない」と思ってしまう。
▼図書館にリクエストを出してある本は7冊くらいで、「原発ホワイトアウト」なんて100人待ちとなっている。ということはみなさんがせっせと読んでも1年半くらい待たないとわたしの手元には届かない。まぁその本を読んで下さった方々が、結果として毎週金曜日に官邸前に来て下されば良い。しかし、14日の「東電テレビ会議49時間」映画会も上映会終了後の発言を聴いていると、お勉強としての鑑賞であり、「NHKの報道姿勢に疑問を感じるから支払いを止めようと思う」、「東京に原発を作れば良いと思う」というだけで実際には何も行動をおこす気配はない。それに参加者の顔ぶれをみても、一度度も国会周辺では見かけた人が一人もいなかった。
▼逆に27日国会正門前でその話をしたが、こちらはその映画を見た人は一人もいなかった。まぁ4時間もする長い映画だし、常設で映画が上映されているわけではない。しかし原子炉には沸騰型と加圧型があり、再稼働の準備をしているのは、福島で使われていた前者ではなく、関西から九州にかけて多い、加圧型であることをどれだけ多くの方々がご存じなのだろうか?とも考える。
▼本を読んで知識を得ただけで行動しなければ、まったく意味はない。逆に行動しても自分のやっている事を理解していなければ周りの人を説得できないし、論破されてしまう。今年も一年間官邸前や国会正門前に通いつめた。わたしにとっては特定秘密法が問題になってから、急激に人とのつながりが増えた。ブログを読んで下さっている見知らぬ方に、わたしの人脈を知られたくないから、それを知れたくないから、それは書いていない、YouTubeにも乗せていない。人の話を直接ナマで聴いて、できれば一対一で話し合う。これに勝る刺激はないと思う。毎日同じ事を繰り返して行動しなければ、進歩も新しい出会いも決してやってこない。
▼1年間つたないブログを読んで下さってありがとうございました。読者のみなさんにとって、来年はよりよい年でありますよう祈念しています。

|

December 30, 2013

安倍支持率ネットは増加でもNHKは減少。

▼残すところ今年もあと一日。わたしの仕事も昨日昼で終わり、美味しい昼食をごちそうになって帰宅した。それから年賀状は裏表完成しているので、数行の文面を書いて投函を終える。仕事の年賀状は残っているが、これは30分もあれば終わる。
▼不思議な現象があって、安倍首相な靖国を参拝してから支持率が82%くらいに急上昇しているという。新聞の世論調査などはむしろ減っているにの不思議な現象だ。というよりはNHKお得意の世論調査でもかなり減っている事がわかる。首相のお友達がNHKの会長なのだが、数字の操作まではしていないようだ。
▼ネットは自分の身元が分からないと思って、悪口雑言を言いたい放題、書き放題になる傾向がある。例のスイス出身の女性タレントのバッシングも同様であろう。相手が強面の男性や女性の場合YouTubeに動画を載せても決してこういう現象は起きない。「常勝○○軍」という言葉がある。勝ちが約束されているチームを、安心して応援している人たちとかなり似通った傾向がみられる。
▼今晩夜9時(毎週月曜日夜)からケーブルテレビ( FOXCRIME PLATINUM)で「ホームランド」シリーズ3が始まる。話の内容はアメリカのオバマが推進する「文明の衝突」(サミュエル・ハンチントン)路線を踏襲している。その、ご都合主義のばからしさが面白く、シリーズ1(シリーズ12話)から見続けている。ただしアメリカで制作されるのは1年に1シリーズ程度なので、ここまで来るのに3年かかっている。ではまた明日。

|

December 29, 2013

「先頭に立つ」とは言わない人々が多い…。

▼毎朝早くでかけるので、ブログは帰宅後加筆補正しています。昨日のブログはかなり変えてありますので、まだ午前中版しかご覧にならなかった方は再度ごらん下さい。
▼1月中旬に管理組合の総会と、議案が可決されたら、「修繕計画説明会」が実施業者によって行われる。ところが業者の「説明会」のチラシが先週木曜日には配布されてしまった。順序が逆なので、管理業者に連絡して「総会案内、議案と委任状」の作成を急がせた。その分厚い文書が早朝の仕事が終わって帰宅すると届いていた。理事長印を押して全戸に配布した。
▼全戸配布と言っても少ない。それに反原連の「原発と選挙の争点」、「集会案内」のチラシを常に自分一人で配布しているので、慣れている。

(27日国会正門前での筆者のスピーチ)
▼YouTubeの定期購読者は毎日のように一人またひとりと、まったく未知の方が読者になって下さる。さらにツイッターでは週一回くらいは話題が盛り上がる。しかしブログは果たしてみなさん読んで行動して下さっているのか皆目見当がつかない。わたしは退屈しのぎに書いているワケではない。政治家の挨拶のようにその場限りの「プロパガンダ」でもない。「絶対許さない」という言葉だけが踊っている。冷静に聞いていると、「わたし(達)(○○党は)は皆さんの先頭にたって○○○阻止のため、身体を張ってがんばります」などと一人も叫んでいない。その場だけ盛り上がれば良い。「○○○廃止」というがそのプロセスがまったく明らかになっていない。
▼さらにブログの読者は、例えば「原発再稼働」を肯定しているのか、否定しているのかすら動きが読めない。夕べは自分の写真を使ったカレンダーができあがってきた。お送りすることで、何も見返りを求めていない。しかし残念ながら、ブログ読者の皆様のお手元にはお届けできない。

|

December 28, 2013

今と似ている中島みゆきの「世情」の歌詞。


(「パブコメ書くぞ」とコールする阪上武さん)
▼お早うございます。国会周辺への出動は昨日で終わりました。考えて見ると1回参加するための往復と、参加時間が2時間。帰宅して動画をアップしてYouTubeにリンクを張っていると延べ8時間使っています。別の事をしていればもっと楽しい事をすることが出来たかもしれません。26日の官邸前集会で参加、発言していた熟年の女性も発言していらっしゃいました。既にYouTubeでご覧になっていますよね。
Duke1227a
(12月26日首相官邸前で安倍首相の靖国参拝批判スピーチをする筆者)
動画は以下サイト9分14秒のところにあります。
▼パブコメや署名のお願いもたくさん出していますが、「書いた」というメールは一件も来ていません。そうなるとわたしのやっていることはまったく無駄、という事になります。コタツにあたっていても出来る運動くらいにはお付き合い下さい。とくに急ぐのは一週間前にお願いしたエネルギー政策転換のパブコメです。ブログを遡ってご覧の上、協力して下さい。昨晩も阪上武さんがコールで訴えていました。
▼ブログも本日から年末・年始バージョンとなります。わたしは今日、明日と仕事で毎朝遠方まででかけます。26日官邸前に向かっている途中、携帯音楽端末から中島みゆきの「世情」が聞こえて来て引き込まれるように繰り返し、繰り返し聞いてしまいました。♪「シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく 変わらない夢を、流れに求めて」幕末の志士を唄ったというのですが、「シュプレヒコール」の部分が現在と似通っています。

|

December 27, 2013

Aさんの釈放と「秘密保護法」の廃止を求める。


(火焔瓶テツさんの激しいコールに官邸前は盛り上がる)
▼26日夜の官邸前は昼頃に安倍晋三が靖国神社を参拝した「事件」があったので、わたしのスピーチもそれにした。火焔瓶テツさんのコールが終わった後、「誰かスピーチをして下さる方?」と言って下さったので、いの一番に挙手をして喋らせていただいた。IWJさんは実況中継をしていたので、いずれアーカイブが紹介されたらアドレスをお知らせする。わたしがスピーチのときサングラスをしている理由は、こういうスピーチをするときのためだ。顔を知られたら、昨今包丁が飛んでくる時代なので、一応警戒をしている。
Kantei1226a
(秘密法を廃案にする年内最終抗議集会)
▼昨日も団長さん以外、官邸前にブログ読者はやって来てはいなかった。そうもう一人いつものWさんがいらした。わたしは官邸前や国会正門前には、いちおう何があってという決意を持って参加している。みなさんご存じだろうか?12月6日参議院本会議で秘密法が審議されようとしていたとき、傍聴者のAさんが議場に靴を投げ入れ抗議したことを。その後衛視はAさんの口にハンカチを突っ込み、議場から4人掛かりで排除した。さらにAさんを麹町警察署に引き渡し「威力業務妨害」で起訴しようとしている。です。ブログは以下の通り。
▼Aさんは「証拠隠滅のおそれがある」としてまだ麹町警察署に拘留されたままなのだ。これは特定国家秘密法を先取りした「みせしめ」以外のなにものでもない。26日は参議院会館で行われた。Aさんの釈放を求める署名を行っているので、ぜひ協力して頂きたい。署名の日本語サイト
▼昨晩は午後7時50分くらいから永田町周辺では雨が降ってきた。ビデオカメラマンたちは一斉に撮影機材に雨水対策を施しはじめた。わたしは小さな傘は持っていたが、足がかなり痛くなったので8時10分頃に撤収した。
▼帰宅して動画をアップしてツイッターを覗いていたら某友人が「Yahoo!で安倍首相の靖国神社参拝の可否を巡るアンケート、というかお遊び調査のようなものをしているとあったので早速応募した。しかし不思議な事に「賛成」が圧倒的に多い。もし可能であったら、応募して欲しい。しかしこの集計結果はかなり怪しい。組織的にネトウが動いているのだろう。それよりも12月6日に身をもって参議院の傍聴席で抗議したら逮捕、拘留を続け、「起訴」されそうになっている人がいることを忘れないで欲しい。本日は反原連の年内最終抗議行動ですす。さらに今日と明日28日に、夜市ヶ谷の防衛省前で「辺野古基地移設」に抗議する集会が行われます。
▼こたつにあたっていても平和はやってきません。いまだに「秘密保護法」に抗議して暖房のない留置所に20日間も拘留されている人の事を忘れないで下さい。辺野古にも行かないで「許さない」と叫けぶ。自分の都合良いことだけを書いて真実を書かない新聞の「拡販」をやっても世の中は決して変わりません。

|

December 26, 2013

「東電を破綻処理させよう」という署名のご案内。

▼クリスマスは終わりましたね。クリスチャンでもそうでないかたも…。きょう26日は火焔瓶テツさんの仕切りで首相官邸前の抗議行動があります。明日27日は反原連の年内最後の抗議集会。どちらかに参加して下さいね。ツイッターなどを見ていると「○○○は絶対許さない」と書いたり、スピーチしている人を見かけます。叫ぶのは簡単です。しかしそれで原発が止まったり、秘密法などの悪法が廃案になった試しは一度もありません。
▼要するに格好つけているだけでは、実効性はないのです。朝刊によれば柏崎・刈羽原発は来年7月に稼働させるという考えのようです。止めさせるためにカンパを募ってオルグを派遣している組織が現実にあります。あの原発が再稼働したとき身体を張って作業車の往来を阻止した人たちもいました。いずれも政党関連の人たちではありません。みなさんどうやったら原発が再稼働しないか。特定秘密法が発効しないか、考えて下さい。酒を飲んでコタツにあたっていたのでは、それは不可能です。
▼先日お願いしたパブコメ書いて下さいましたか?さらに今朝はもう一つ「東電を破綻処理せよ」という署名があります。わたしは昨晩のうちに済ませましたが、あなたもぜひ署名して下さい。第一次集約は明日27日です。
▼昨日の昨年6月の東京都議選で一票の格差の是正を求めた裁判で、東京高裁は「3・2倍の格差は憲法違反ではない」という判決を出しました。訴えたのは元最高裁判事の泉徳治弁護士がですが、判決後の司法記者クラブで苦笑しながら「話にならない」と言っていましたが、当然です。あなたがもし北多摩三区に住む当事者ならば人間として千代田区に住む人間の3分の1しか能力がないと言われているのと同じだからです。そうであるならば税金を千代田区の3分の1だけ納めれば済むかというと、そうはなりません。選管、自治体と国はサボタージュしているのです。そして国民には「無力感」を味あわせて、政治にずっと無関心でいさせる。
▼昨日ブログでご紹介した野口悠紀夫氏は「もっと国民は税金に関心を持って欲しい」と書いていました。サラリーマンの税金天引きと言う便利な方法は戦争中作られました。一度作った便利な収税方法を政府は手放す筈がありません。小選挙区制度も同様で、18%の得票で独裁国家を手にした安倍は「魔法の杖」を自ら手放すことはないでしょう。どうするか?わたしの考えではとりあえず「中選挙区に戻すための選挙連立政権」を目指すことが一番だと思います。「叫んで」いるだけでは自公政権を打倒することは出来ません。

|

December 25, 2013

戦場における弾丸の貸し借り、再論。

▼クリスマス・イヴはいかがお過ごしでしたか?昨日の銃弾の貸し借りの話はお分かりになりましたでしょうか?その後韓国側は、想像通り「弾を貸して欲しいと日本政府に頼んだことはない」と言っています。現地調達とは旧日本軍の悪癖です。食料から装備品はあまり持たせず、「現地調達」と主張していたのは辻政信ら、陸軍士官学校を出た参謀本部の連中が言っていたことです。だから太平洋戦争で戦死した7割の日本軍兵士は「餓死」だったのです。正当な理由付けもなく「聖戦」という名前だけ先行して、参謀本部の参謀の出世欲だけに利用されたのです。
▼ちなみに銃弾はどれだけ撃てば人間に当たるのか?ベトナム戦争の時のある統計によれば「10万発撃って1人死亡する」という統計があります。2日前に日本が韓国軍に貸した弾は1万発。大昔ならばともかく、弾不足で戦闘に行くはずがありません。大体フル装備の兵士は一人300発くらい携帯させられています。たとえ1万発でも30人分(1個小隊)程度の装備でしかないのです。
▼来年度の国家予算が発表になりました。史上最大の借金予算。借金して経営は野放図にするならば誰にでも首相や日銀総裁は務まります。太平洋戦争に突き進んだとき、時の政府は軍部の要求に「ノー」と言えなかった。それは閣僚に軍人が入っていたからです。「オレは辞める」といえば内閣総辞職をするしかありません。そうならないように努力しましょう。先週ご紹介した雑誌『世界』8月号の論文で伊東光晴氏は最後の方でトヨタの社長が「国内市場は縮小している」と言っている。どんより曇った日本の景気は、国内市場の縮小と深く関係している。これは通貨政策も近づくことはできない。
▼経済アナリストの藻谷浩介氏は日本の生産年齢人口のピークは1995年で2010年までの15年間で7%減っている。さらに2010年から15年までは日本史上最高の400万人以上の生産年齢人口が減少する。生産年齢人口が旺盛な消費の主体である。ここをきちんと見据えておかないと、えらいことになってしまう。もちろんあなたの家計も…。
▼22日の東京新聞で野口悠紀夫氏(早稲田ファイナンス総合研究所顧問)は法人税を納めている企業が3割未満というのは税制として公平性に欠け、法人税という制度が機能しなくなっている。そして「利益への課税は時代遅れ」だと指摘している。そして企業の規模や売り上げ高に応じて課税する。そうすれば課税対象の企業が増え、一定の税収が確保できる」。

|

December 24, 2013

パチンコ玉の貸し借りとワケが違う。

▼今年は28日、29日に集中的な仕事が入っている。したがってブログも28日から3日まではツイッターだけで済ませようと考えている。年内の抗議デモの予定は昨日23日のブログの最後に掲載してあるので、ご覧いただき、積極的にご参加頂きたい。
▼今朝の重要なニュースは南スーダンに滞在している韓国軍に、日本の自衛隊の銃弾を提供したというニュースだ。パチンコの玉の貸し借りと違って、これは日本が戦争の積極的な当事国となり、もし相手の国から攻撃されても文句は言えなくなる。さらにアフリカや中東のテロ組織が日本を標的にしなかったのも、日本が積極的にそれらの国の戦争に荷担してこなかったという理由による。しかし今後日本国内が彼らの標的になっても文句は言えなくなる。かつての自衛隊の小銃は64式といわれる7・62ミリのNATO弾を使っていた。ところが89式に変更するとき556弾になった。556とは弾丸の先端が約5・5ミリ(22口径)でボトルネック型の銃弾は火薬の装薬がものすごく多い。そのため貫通力が強く、人間の身体に入った場合銃創が極端に大きくなって手術が出来ず、出血多量で死ぬ。
▼戦争に人道的も非人道的もないが、ハッキリ言って非人道的だ。それで弾丸を大量に運ぶことができる。今回のケースで検証しなければいけないのは、本当に韓国軍が「弾が不足しているから貸してくれ」と言ったのかだ。スーダンには世界各国からPKOの軍隊が派遣されている。世界の趨勢では小銃の弾丸は556に統一されている。それなのに「竹島問題」でもめている韓国が、弾が不足していると日本に求めるのか疑問だ。おそらくそれはあり得ない。
▼それに日本の弾丸はかなり高価である。安価な銃弾を手に入れるならばアフリカ大陸の北端にあるイスラエルとスーダンは極めて近い距離にあるので手に入りやすいはずだ。アメリカでこの556弾を購入するとネット販売で日本円にして一発55円程度。ところが日本のそれは1発200円くらいになる。
▼何よりも重大なのは今まで日本政府が堅持してきた武器三原則を大きく「逸脱」してしまったことだ。本当に他人を殺害することが「人道的」なんか考えて欲しい。防衛官僚のいいなりになった安倍自民党政権は、これを機会に武器輸出をなし崩し的に拡大していくだろう。安倍晋三は大きなルビコン河を渡ってしまった。ある意味歴史的な○○首相として名前を残すであろう。
▼本日のもう一つの重大ニュースは旧ソ連の銃器設計者で自動小銃AK47の生みの親であるミハイル・カラシニコフ氏が23日死亡したことが発表された。AK47は世界で最も普及している自動小銃です。ご冥福をお祈りします。

|

December 23, 2013

12・22反原発集会の模様は

Hutigami
(経産省テント村の渕上さん)
▼YouTubeに動画を10本アップしてありますので、ご覧下さい。長い間、コンクリートの道路の上に満員電車状態になって立ちっぱなしなので、膝が痛いです。いま日比谷の映画館に来ましたか、夕方まで、チケットは売り切れです。仕方なく明日のチケットを買って別の映画館に回りました。
Pabucom
(パブコメを出そうと訴えるみなさん。左端のサンタが満田夏花さん)
▼日曜日の朝刊を見ていたら、官邸前でポスターを持ってたっている知人のWさん写っていたので早速ご自宅に電話をしました。なぜ官邸前や国会正門前の反原連の抗議行動に参加するか?わたしには抗議ともう一つ見知らぬ人たちと人間関係を築くことにあります。このWさんとも昨年経団連本部の抗議行動の中で知りあって名刺をお渡ししたところ後日、わたしが国会正門にいる事を知って、手作りの名刺を持って来て下さいました。Wさんはとても目立つプラカードを毎回手作りで持参するので、各紙に掲載されています。わたしが見て気づいた時は切り抜くかして郵送でお送りしています。
▼昨日も律儀に抗議行動が始まる直前に国会正門まで挨拶に見えました。Wさんは官邸前抗議専門の方です。そういえば昨日も菅元首相がSPを10名ほど引き連れて挨拶にやってきました。挨拶が始まる前に主催者から「前回ゲストに『帰れ』とかペットボトルを投げようとして人がいましたが、今回はそのような事がないようにお願いします。この場所にはいろいろな立場の方が見えます。ご意見がある方は集会がないときに、それぞれの事務所などにご連絡下さい」と言ったので会場は大笑いになりました。

(鎌田慧さんの挨拶)
▼続いて登場した菅元首相は「わたしは官邸にいたとき、良い意味でも悪い意味でもみなさんが抗議の声をあげていることはちゃんと執務室に聞こえています」と言ったのでまたまた笑いの渦になりました。
▼まぁこういうところに来て「オリンピックが待ち遠しい」などと言ったら袋だたきにあうことは間違いありません。みなさん一様にオリンピックを準備するのに500億円あったら、そのカネでまず福島を何とかしてやれ、さらに汚染水が完全に止まったらオリンピックをやればよい、というのが大方の声です。
▼それでよせばいのに政党代表が来ると「○○○党がんばれー」と叫ぶ人がいることです。残念ながらここの反原発運動の中心になっている人は○○○党関係の人ではありません。地道に下準備をしているのは、経産省テント村やふくろうの会、タンポポ舎など政党とは違う人たちです。さらに特定秘密法反対運動でも身体を張って公聴会の車を阻止した人は政党に属していない人たちでした。そういうのを冷静にみないとダメ。そんなに「○○○党と」叫びたかったら自分一人で銀座のホコテンにいって叫べば良いのです。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
12月末の様々な抗議行動
▼辺野古埋め立て阻止12・24、25官邸前行動
日時:12月24日(火)、25日(水) 18時30分~
場 所:国会記者会館前(首相官邸向かい)路上
▼日時:12月26日(木)、18時30分~20時30分
首相官邸前路上
『安倍晋三〜みんなの願いは、退陣!退陣!首相官邸前大集会』(18時半〜20時半)は原発、TPP、弾圧三法(特定秘密保護法、共謀罪法、国家安全保障基本法)等…イカサマ暴君「安倍晋三」のあらゆる悪巧みに対する抗議アピールを歓迎致します!!!(主催:火焔瓶テツ)
▼反原連年内最終抗議活動
日時:12月27日(金)、18時00分~
▼筆者は26日と27日は参加します。

|

December 22, 2013

◇「少女は自転車にのって」を見る。

▼みなさん昨日お願いした「パブコメ」は送って下さいましたか?簡単ですからね、一行でもいいのです。原発再稼働をさせないためにもぜひ送って下さい。昨日の「サヨク」の記述部分は補正・強化してあります。要するに「サヨク」を自称する一般市民の中には手放しでオリンピック待望論を言ったり、書いたりする人が多いのです。そんなお金があったら、福島から県外に避難している人たちや、仮設住宅を何とかすべきだろう。除洗も進まない。子どもたちは放射能汚染の数値が高いところに、実質的に住むことを「強制」されている。福島から官邸前や国会正門前、ファミリーエリアに来て訴えている人たちはみんなそれで東電や政府の仕打ち、それに東京都の無神経さを怒っています。現実をもっと見て自分の頭でじっくり考えて判断して欲しいものだ。「革新政党」に一票いれる人がこの程度だから、日本の政治はいつまでたっても変わらない。
▼それに加えて市民がノーテンキに「オリンピック待望論」言うなど信じられません。今も続いている現実を見ようとしないで、光が当たっている部分だけみようとする。山路を歩いていてクマに襲われたら、逃げたり、しゃがみ込んで顔を手で覆ってクマに食われてしまうのと同じです。オリンピック開催では東京臨海部の環境破壊や、海を使って競技をする選手の放射能汚染の問題もありますが、それはまた別の機会に書きます。
◇「少女は自転車にのって」サウジアラビアの首都リヤドに住む10歳の少女ワジダは、ある朝、男の子の友達アブドゥラと喧嘩をする。少年は「男に勝てるわけないだろう」と自転車で走り去る。ワジダが通う女子校では、イスラムの戒律を重んじる女校長(美人)がいつも目を光らせている。ワジダは制服の下はジーンズとスニーカー、ヒジャブ(黒いスカーフ)も被らず登校しているので校長に目をつけられている。ある日、学校の帰り道に綺麗な緑の自転車がトラックで運ばれるのを目にする。
▼彼女は帰宅後、「自転車が欲しいと母(これも美人)に頼むが、全く相手にしてもらえない。あとは各自映画館で見て欲しい。わたしは岩波ホールは必ず「C-10」席に座って見る。この日上映開始の直前、祖母らしき人に連れられた12,3歳の少年がわたしの前に座った。着席しての野球帽をかぶっていたので「ぬぐ」よう促す。祖母も祖母でこんな映画少年に見せて分かるはずないじゃないか?岩波ホール婦人に多い自己満足だよ、と思う。あに図らんや、少年は上映開始から10分ほどして、祖母の膝に寄りかかるように、上映終了まで寝てしまった。「コーラン」の暗唱場面も多く、上映が終わったら年配のご婦人二人が「最後がどうも分からない」と会話していたが、大人が分からないもの、少年に分かる筈はないのである。わたしは美人女優二人を見たので極めて満足して帰って来た。

|

December 21, 2013

エネルギー計画にあなたの声を

Mixchan
(20日ファミリーエリアで「パブコメ書いて」と訴えるクマちゃん)
▼毎週なぜ反原連の集会に参加するか?それは新聞やTVで、決して報道されることがない情報を聴くことができるから。これが一つで、もう一つは見知らぬ人と知り合いになれるからだ。後者は人見知りする人にはできないかも知れない。しかし会うたびに同じ話をエンドレスに聞かされるよりは、遥かに刺激的で楽しい。

(FAコールリレーで訴えるダミアン・村上さん)
▼前者で言えば原子力規制委員会ウォッチをされている「団長さん」から詳しい報告があった。汚染水除去地域に立っている排気筒がもし倒れたら、かなり放射能汚染されているので東日本は人類が生息不可能になる。その汚染は全国に広がり、世界の人は誰も助けてくれないので、日本は滅亡するというシナリオが待っている。わたしは毎回こういう話を聞いているので、忘年会をする気分になれない。実は20日夜も忘年会のお誘いはあったが、「反原連の金曜行動に参加する」とハッキリお断りしてきた。

(クリスマスをトランペットで表現する松平晃さん)
▼今朝も昨晩画像付きでアップしたツイッターに「寒いのに毎週金曜日ご苦労様」と見知らぬ人からリツイートが入っているので、また来週がんばらねばという気持ちになる。政府や官僚、そして原子力マフィアによる情報隠しで、そのままむざむざ殺されてたまるか、という気持ちが一番強い。楽しく忘年会をしたり街で酔っぱらってフラフラ歩いているみなさん。サヨクの中には「オリンピック待望論」を書いている人もいて「気は確かか」と仰天してしまう。まさか安倍首相の「汚染水は300mで完全にブロックされている」という言葉を信じているのではないでしょうね。
▼さて昨晩の重要なお知らせです。政府はエネルギー政策を転換して原発に回帰しようとしています。そのパブリックコメントは以下の電子政府のサイトで募集しています。これは2012年の経産省の審議会で「国民的議論」の結果8割の人たちが「原発ゼロ」を選択したのにも関わらず、安倍政権はこの民意をひっくり返そうとしています。締め切りは来年1月6日です。コタツにあたって国会前までくるのはイヤだという方も、一言「原発は止めろ」、「核燃料リサイクル政策は止めろ」と一言書いて送って下さい。PCは使えないが、郵送したいと言う方は書式のフォーマットをPDFファイルでお送りします。1月6日です。お忘れなく。

|

December 20, 2013

HDDは動画でいっぱいになっていた。

▼昨日は某所から「PCの動きが遅くなった。ウィルスなどにやられていないか、見て欲しい。それに起動するまでの時間がかりすぎる」」という要請があったので早くでかけた。ここはひと月ほど前まで、わたしが指摘するまでウィルス対策ソフトはインストールされていなかった。これは家で言えば戸締まりのカギが掛かっていないのと同じ事なので、とても勇気がある。
▼PCの再起動を繰り返して試したが50秒から1分で立ち上がるので、これは普通である。HDDの空き容量を確かめてみると4分の1しか使っていない。メモリーをチェックすると2Gバイト入っている。強いていうならば、この増設である。事情をお話しして「今のままで良い」ということなので終了した。
▼さて夜になって自宅PCが気になってHDDを調べて見た。すると500Gの容量が70%使われているではないか。調べてみると「動画」である。今年撮影したものだけで200G使っている。よく考えて見れば動画を再度使うことはあまりない。YouTubeにアップロードされれば、グーグルのサーバーに保管されている。過去に撮影した分は外付けHDDに移動させたが、1時間もかかった。今後の取材は対象を厳選し、アップロードした分は原則として消す。これで解決しそうだ。
▼朝刊によれば東京地検特捜部は徳州会の德田虎夫氏を起訴猶予処分とする方針を固めたという。権力者は何でもありだ。しかも自分は大勢の専門医を抱えているので、どのような診断書を書くことも自由自在。特捜部は「德田氏は全身の筋肉が萎縮する難病のため、裁判を行うのが難しいと判断した」模様であるという。これで一件落着となって幕引き。相手が権力者でなければ、「容疑者」を警察病院に収容して病床で聞き取り調査が始まるところだ。
▼つまらない事だが昨晩の「秘密のケンミンショー」で山形天童産の大きな将棋の駒を電話に見立てて、各県民はどのような反応を見せるかテストしていた。スタジオにカメラが戻った瞬間、西川きよしは「王将の駒」の電話を使って「王将」(の店)に出前を注文するシチエ-ションを作って大受けしていた。しかし昨日の朝王将の社長が銃弾4発を受けて射殺したばかりだった。録画番組とはいえあまりにも不適切なギャグであった。
▼今朝のラジオでは女川、島根など次々原発再稼働申請のニュースが流れていた。これが事故や人命を軽視して反省しない拝金主義の電力会社の実態です。今晩は寒くて雷雨の予想がでています。忘年会よりこちらが重要だと考えるわたしは、抗議に出かけます。

|

December 19, 2013

猪瀬都知事がついに辞任表明する。

▼一昨日雑誌『世界』2013年8月号の伊東光晴氏の論文が紹介されたことを書きました。すると「伊東藤光晴」という検索用語が激増します。わたしは読んでいますが、著作権がある論文を無料で情報を提供するつもりはありません。図書館でお読みになるか、書店でバックナンバーを注文して下さい。
▼猪瀬都知事は、なぜあんなに粘ったののでしょうか?昨年の本ブログで「東電の大株主である東京都は株主総会で、「原子力から自然エネルギーへの転換を提案するよう」に訴えを出しました。テレビを見ていると猪瀬氏は同時に東電病院の売却を迫っていたのですね。ほとんど多くの政治家がそうであるように、自分の懐を肥やすことしか考えていない困った人です。おおNHKTVの記者会見は涙目でやっている。しかしウソをついてきた事を謝罪もしていない。しかもオリンピックを成功させるために辞めるというようなインチキくさい記者会見だ。
▼比較的朝早い電車に乗ったら、、座席のないアウシュヴィッツ収容所行きの貨物並み列車だった。下りだから空いてはいるが、本を読むには落ち着かない。夕べは会議が終わってから閉館間際の図書館にかけつけた。というのは、第三木曜日は定休日である。なおかつ取り置きの本が4点、CDも4点来ているので引き取りに行く必要があった。図書館はJR駅からはかなり遠い。会議は京成某駅近くだったので、都内まで京成を乗り継いで戻って来た。そうするとJRならが540円だが、私鉄は470円と70円も安い。来年から消費全が値上げになるとこっちにするか?立ちん坊列車のなかでは結局音楽を聴く以外の選択肢はなかった。
▼先日夜遅くになってから急にキーボードの汚れが気になった。ネットで探すといろいろ方法がでている。わたしの好みは安い方法である。それによれば、外したキーをキッチンハイターに漬けておくとあった。昨晩帰宅後実験的にキーを5個ほど外して30分ほど漬けておいたら、見違えるほどキレイになった。ただみなさんが年末の大掃除でやろうとしたら、キーを外す前にキーボード全体の配置をコピーにとるか、デジカメで撮影しておかないと、「押しても任意の文字が出ない」という悲劇的な結果に終わるので注意が必要である。再びキーをボードに差し込むときは水分をきちんと拭かないとショートしたりするので、自己責任としてご注意いただきたい。

|

December 18, 2013

◇「旅する映写機」を見る。

Morita
(森田恵子監督の舞台あいさつ)
▼昨日「三浦市で米軍ヘリが不時着」というニュースが流れていた。ヘリは海難救助ヘリのシーホークである。ブラックホークの海版といえばわかりやすい。この海難救助ヘリという表現にいちゃもんをつけている人がいらっしゃる。まぁ主体は「攻撃型」なのだが、救助という名称になってから、内部構造に一部仕様変更があり、パイロット操縦席の後ろと座席の前の部分ににベッドが一席設けられた。だから「海難救助」というらしい。それで今回の事故は「不時着ではなく墜落」と言った方が正しいと思う。
▼というのは本来止まるべき場所から間違って別の場所に着陸したのが、「不時着」だ。今回の場合横転しているので、初歩的な操縦ミスと思われる。あきらかに横転しているので「墜落」で、場所を間違えたのではない。その恥の上塗りが、キャロラインが三浦市役所を訪れて、パイロットを病院に運んだことに謝辞をのべ、「捜査にはできるだけ協力する」と述べた。まさかこの新任大使は日米地位協定を知らない訳ではないだろう。そうぞう通り、朝刊には「ヘリの墜落を究明するため日本の警察は捜査することができない」と書かれている。つまりキャロラインはパフォーマンスをしただけ。
▼防衛大綱の決定でもどさくさに紛れて、重大な問題を決めたが、別の機会にする。
Cinema
(尾道「映画資料館」入り口にある映写機の模型)
◇「旅する映写機」わたしの映画の原点は巡回映画でやってきた嵐寬十郎の「鞍馬天狗」を小学校に庭につるしたカーテンのスクリーンで見たことにある。当時の娯楽といえばNHKラジオで落語を聞くか、「今週の明星」という歌謡番組を聴くしかなかった。現在のそれはシネコンに取って代わられ、アメリカから直接衛星回線を使ってデジタル配信される。だから小さな映画館では費用が高すぎて潰れてしまう。映画を作った森田惠子監督はなくなっていく映写機をさがし、それを保守点検して全国を回っている人をおう。最初に出てくるのが1年前に潰れた「渋谷シアターN」だ。ここでは沢山の映画を見たが、最後の作品は記憶に間違いなければレニ・リヒテンシュタインが戦前に作ったナチスのプロパガンダ「意思の勝利」だった。
▼Nに設置された映写機は電源コードを切断されてから丁寧に外され、注文がある映画館へと発送される。全国にはシネコンはないが、このようはアーク灯式(映画「ニューシネマ・パラダイス」)の映写機映写機をこよなく愛している人たちが多い.映画に出て来た映写機は一台イタリア製があったが、他はみんな会社は倒産してなくなってしまったメーカーのものだった。(ポルポレ東中野で20日まで朝10時10分の一回だけ上映。監督の舞台挨拶もあった。はにかんで「自分は宣伝が苦手なので、是非お知り合いの方に声をかけて欲しいとおっしゃったのでご紹介する。ただデジカメを持っていなかった。携帯カメラで撮影したので画質は悪い。森田監督、本当はとても美人なのにすみません。

|

December 17, 2013

AKBの利用で知れる安倍首相の頭脳

Meronpan
(昨夕のスカイツリーとツリー限定の星型メロンパン)
▼昨日のツイッターでASEANの首脳会議に安倍晋三がAKBとエクザイルを引き連れて行ったと写真が出ていて驚いた。AKBに関して言えばロリコンとかセクハラではないかという声すら散見される。片一方では世界無形文化遺産として「和食」が持ち上げられた一週間だった。秋葉原では「JKお散歩」(女子高生お散歩というデートクラブ)の店が100軒を超える勢いで普及しているという。お金を払えばデートして食事を一緒にしてうれるという内容らしい。
▼お金を払わないとデートしてもらえない人たちが利用するのだろうが、「デート」の途中に身体を触ったりするケースが多く、警察では取り締まりの対象としてデイト女子高生の年齢を確認する「補導」をしているらしい。12ch系で月曜日午後6時半からの「Yuoはどうしてニッポンへ」という番組があり、大体見ている。その日本にやってくる外国人のかなり多くが「秋葉原のメイドカフェに行ってみたい」という希望である。先週などカナダの女性が3年間アルバイトをして100万円貯蓄し、そのお金で秋葉原にやってきて「メイドになりたい」というのには驚いた。この若い女性はかなりの美人だったのでオーディションを受けてユニットとしてデビューするらしい。
▼ところで安倍ちゃん。アベノミックスってこういうことだったの?今朝NHKラジオビジネス展望で内橋克人さんがその欺瞞性を指摘していた。それによれば雑誌『世界』今年の8月号で伊東光晴が書いた論文はとても優れている。伊東さんは「アベノミックスでカネはばらまいたが、そのカネは銀行の金庫に眠ったままである。それが設備投資などとして市場に出回らないと、景気は回復したことにならない。アベノミックスとは幻であるという内容だ。
▼AKBのASEANデビューはおそらく秋元康に丸投げした結果だろう。それを見させられている首脳も安倍の頭脳の程度がすっかり分かってしまったに違いない。AKB=原発容認世論の形成…か?平田オリザさんか何かに頼めば、ブルーハーツにしたかも知れなかった。しかし安倍首相は記者会見にプロンプターを使い始めた。これを使った歴代3首相は半年以内に辞任しているという。となると彼の先は短いだろう。
▼「週刊金曜日」12月13日号に朝日新聞記者の伊藤千尋(ちひろ)さんがベトナムを訪問して、パリ平和会談の立役者の一人だったグエン・チ・ビンさんにインタビューしている。それによればベトナム共産党の指導者は腐敗している。また原発輸入もみんなが一致して賛成しているわけではない、と言っている。

|

December 16, 2013

NHK「忘れられた引き揚げ者・北朝鮮の日本人」を見る。

▼来週はクリスマスだ。わたしはクリスチャンではないので特別な行事はしない。大体冬場は酒を飲んでも全身がかゆくなって具合が悪いので、最近はほとんど飲まない。唯一聞く音楽がバッハのCD3枚組「クリスマス・オラトリオ」だが、3枚目の最後が引っかかって回らない。昔のレコードで言えば同じ部分を回転してしまう。秋葉原のCDの研磨屋さんに持ち込んでやってもらったが直らなかった。仕方ないので今年は図書館で借りることにした。
□NHK14日ETV「忘れられた引き揚げ者/終戦直後・北朝鮮の日本人」この前編にあたる番組は8月に放送された。ソ連が日ソ平和条約を一方的に破棄して、当時の満州に攻め入ったことは映画「人間の条件」などに詳しい。満州に侵攻したのはソ連の軍事部隊、日本にやってきたのはアメリカを中心とする民政部隊だった。当時のソ連の記録が公開されるのを待って資料館に通っているのは国文学研究資料館助教の加藤聖文さんである。ロシアのアーカイブは見ることと筆写だけゆるされている。加藤さんはロシア文字を事細かに筆写している。その文書によれば、ソ連は当時の朝鮮北部(現在の北朝鮮)から持ち去るべきリストが残っている。そこには小麦やジャガイモなどの食料に、工作機械からガソリンまでを5日間くらいの間に根こそぎ持ち去っている。
▼ところが人間の輸送はソ連とアメリカの押し付け合いである。つまり燃料はアメリカが持て、食料はソ連が持ってくれで決着がつかない。さらに重大なのは日本政府の受け入れ姿勢がまったくなかったこと。つまり当時の日本国内には7500万人いて、帰国者の合計は500万人だとされた。秘密資料によれば日本政府はいきなり500万人帰国しても仕事も食料もないので、国内情勢が不安になるのというので、帰国事業を意識的にサボる。▼ソ連とアメリカの責任の押し付け合いは8月の放送でも紹介された。では20万人いた北の引き揚げ者はどうなったか?38度線が出来て分断されたので、みんなそこまでは歩かざるを得ない。空腹に飢え、ソ連兵の女性に対する暴行が横行する。名ばかりの収容所はできるが、内容はラーゲリとほとんど変わらない。病気になっても薬も投与されないので4人に1人は死亡した。収容施設の仕事とは冬になると寒さに耐えられない人が増えて死ぬので、墓穴堀りだった。だが予想した墓穴も死人が増えるので足りなくなる一方だ。
▼公式なルートで帰って来たのは3千人ほどで、他の20万人の人たちは自力であるくか、船を調達して帰るしか方法はなかった。

|

December 15, 2013

いま何もしなくて後悔しないか?

1213_2
(13日国会正門前でスピーチする筆者)
▼みなさーん、お元気ですかー?13日の動画はご覧になって頂きましたか?反原連の抗議集会だけで疲れ切っているのに、さらに国会を一周したのは昨日書いたブログの通りです。わたしは昨日ものすごく疲れました。午前中マンションの管理組合の理事会。1月末に総会があるので、会計監査を含めた監査理事会です。「来期もやってくれ」と管理会社の人は言いますが、「持ち回り」なので、自分の任期が終わればもう一年「監事」となって残るだけです。
▼わたしはドキュメンタリー類はすべて録画して見ています。NHKで先週放映された中では玄海原発をめぐる2つの市、玄海市と伊万里市が10km圏内だったものが、311以降30kmになって補助金と九電の対応で分断されている番組はとても良かったです。もうひとつNHK教育TVで知的障害を持っている女性たち数十万人が、性産業に組み込まれている話。重度の障害はきちんと保護されている。しかしそのボーダーラインにいる人は把握しにくい。それをマル暴も利用して言葉巧みに接近する。彼女たちは仕事もなく、家もないので家を斡旋するそぶりを見せて売春をさせるという実態が、日本ではかなり広まっているという話でした。支援組織の人たちは、彼女たちを探して保護する。そして過去の聞き取りをして自立するためのサポートを始めます。
▼その第一歩が「なぜイヤなのか自分の頭で考え」、「自分の言葉を使って」、「自分の意思でイヤと伝える」ことの訓練をするのです。そして援助団体立ち会いの上でいわゆるヒモやマル暴の人に自分の意思を伝えさせ縁を切らせるのです。
▼この番組を見ていて、読者のみなさんだったらどう思うかなと考えました。わたしは国会前や参議院、日比谷公園に来る事を皆さんに強制していません。ただ問題の重要性をどう考えているのか、お聞きしたくなります。原発が再爆発しても自分だけ助かるつもりでいらっしゃるのか?一時期、現在もサヨク運動に関わっていて、秘密法が成立したとき自分だけ「目こぼし」にあうとでも勘違いしていらっしゃるのか?法案成立は目前に迫ってきました。同時に共謀罪です。そうなったとき、後ろを振り返って尾行されていないか、電話が盗聴されていないかビクビクして生活するよりも、今のうちに法案廃案の行動した方が良いとわたしは思います。
▼午後は「福島原発事故/東電テレビ電話会議49時間の記録」の上映会に参加しました。映画は正味3時間半、実際には解説と休憩があって、ほぼ4時間半も拘束されました。みなさんも一度どこかでご覧になることをお勧めします。今のわたしの生き甲斐は、YouTubeチャンネルに見知らぬ方が次々登録して下さること。先日のツイッターで「西岡昌司」に関するリツイートが100件を超えたことです。YouTubeで女性の発言者に対する嫌がらせメールは、わたしのところに届きます。しかし怖そうな男性の発言には口をつぐんでいます。ヤツラはよほど小心ものなのでしょうね。

|

December 14, 2013

右から左まで大衆受けすることは「一致」してしまう怖さ。


(火焔瓶テツさんの「怪気炎」はパワーに溢れている)
▼昨日午前11時半ころツイッターを見たら、ある作家が「自民党の西田昌司議員が、秘密法に反対して叫んでいる人たちはカネをもらってやってきている」とテレビでコメントしたことに怒っていた。わたしはすかさず「仕立ての良いスーツを着て冷暖房完備の部屋にいる人には、寒空に震えながら、夕食を午後10時頃まで我慢して抗議をしている人の気持ちは分からないだろう。自分がカネを貰わないと動かないので、他人もそうだと思うのは間違っている」と書き込みをしたら1時間くらいの間に50件くらいもリツイートが増えた。そのリツイートは今朝になっても止まない。中にはアメリカの女性ビジネスマンが「自分は仕事で忙しくてランチを夜中に食べた」という意味不明のリツイートもある。

(安倍の支持率が下がったのはマスコミのせいではなく、わたしたちの力と訴えるテツさん)
▼昨晩は国会前でスピーチして、経産省前のドラム隊の前に行く。それから秘密法を廃止にする集会をやっている参議院会館に行こうとしたら、機動隊員から国会を逆時計回りに回ってくれ。これは主催者との約束事だ、という。そうしたら30分はかかってしまうので「いくのは止めた」と思って、首相官邸前の最先端にいくと、顔見知りのWさんに会った。「そんなの桜田門駅に行くからととぼけて行ってしまえ」というので、他の人と一緒に交差点を渡ってしまった。国会正門前の反原連集会では先日行った伊方原発の話をした。飛行機が高松空港に着陸態勢に入ったとき佐多岬半島が迫って来る。南に向かって腕の付け根あたりに伊方原発が3機ある。これが事故を起こしたら瀬戸内海は全滅でお隣九州の大分も被害を受ける。
▼しかし中国の新しい航空識別圏の設定には全党一致で反対してしまった。北朝鮮の経済制裁もそうだった。遡ればイラクに対する多国籍軍の軍事費用100億円支出も全党一致だった。「戦前から唯一戦争に反対して来た」政党はどうなってしまったのだろう。要するにポピュリズムなのだ。みなさんは秘密法が昨日13日公布されたことに危機感覚えませんか?さらに年をあけると「共謀罪」が取りざたされています。もうこうなったら怖くて会議なんぞできなくなります。相手を密告したら自分の刑は軽くなるのだから。
▼わたしは昨日国会正門前から逆時計回りで各地点を全部回りました。大勢の方が国会に来て頂ければ、一人でこんなことしなくても済みます。過去に進歩的雑誌や新聞に書いた人のリストはできあがっている筈です。夜中にドアをコンコン、罪名はおろか逮捕状もなく連行され「仲間の名前を言えば許してやる」こんな世の中にしたくはないはずです。
▼わたしのYouTubeアップは分量が多いためか制限コードが掛かってしまいました。3分から5分の動画をアップするのに40分かかります。さらに5分を超えると1時間以上もかかります。申し訳ないのですが、わたしには時間がありません。今後は撮影した動画は厳選して一回3本から5本以内にさせていただきます。今回は12本のアップロードで延べ5時間もかかりました。アップしても、興味がないようでご覧にならない方が圧倒的に多いので仕方ありません。

|

December 13, 2013

トピックスを書いて良い気になるな。(むのたけじ)

▼水曜日の午後は、ある集会の取材に行った。会場の入り口で某氏にあった。お会いするのは5年ぶりくらいになるだろか?それは5年ほど前に習志野第一空挺団の視察に行ったときだった。翌日のツイッターを見ると入り口の「おすすめのユーサー」3人のところに彼がでていた。一体何なのだ?彼と一言時候の挨拶をした程度で、メールの交換もしていない。これがツイッターやフェイスブックは、CIAが情報を集めるために作ったと噂される怖いところである。
▼それも知らないでその筋の人たちは「党幹部」がつぶやくと「リツイート」が瞬く間に1000件を超える。これで応援をしているつもりになると思い込んでいるのが、困った事だ。自分の頭で考えて自分の文章で書かないと面白くもおかしくもない。13日の官邸前でスピーチした一人の方が池袋選挙区の得票を分析していた。とくに某政党の得票分析は鋭く、コアの池袋選挙区の票が全国区になると、同党支持者の票が、維新の会など国粋主義的政党に回ってしまっている事実だった。それが同党の国際問題、とくにアジア政策が保守的な内容となって反映されている、とわたしは思う。寒い思いをして震えながらビデオを回してご紹介しても、どのみちご覧にならないので、撮影はしなかった。ネットを丹念に探せば誰かが撮影していたのでご覧になれる筈である。話したり、ブログを拝見していると、多くのみなさんは寒風ふきすざぶ首相官邸前にいらっしゃるより、「花鳥風月」や年中行事の観光に行った方が楽しいのだろう。ま、それも一度しかない人生だから、楽しまれると良いだろう。
▼さて昨日のむのさんはもう一つ大事なことを指摘している。それは朝日新聞社の研修会で入社後1年の記者にたいして「トピックス記事を書いていい気になるな」ということだ。「トピックス記事とは花鳥風月の季節の歩みだ」それを書いて一人前の記者になったつもりでいるな。そんなのはキシャではなくトロッコだ」と語気強く語っている。
◇「ある精肉店のはなし」(承前)市営の精肉工場もこの地域にはあったが、大企業の一貫生産が多くなって閉鎖が続き、「北出商店」だけが利用するだけなので閉鎖になり、自宅工場で屠畜をするようになる。そもそもこの店は祖父が創業したものである。読者のみなさんは大体気がつかれているかと思うが、この仕事には差別がつきまとう。だが祖父は勉強は嫌いだったが、ボロを着てもツギがあたって、洗濯してあれば何も恥ずかしことはないという生き方を貫いてきた。8人兄弟はみなこの近くに住んで力を合わせて精肉の仕事をしてきた。動物の命をいただくのだから、動物に苦しみを与えない。皮から骨までできるだけ使い切る。そして新鮮な肉を早く消費者に届ける。これがモットーである。次男の作った太鼓は今年のだんじり祭りに納品が間に合った。つらい仕事だが、この祭りに1年間の人々の苦労が報われる一瞬である。
▼そろそろカレンダーの写真選定をしなければいけない。しかしこの1年半は国会周辺の写真しか撮ってこなかった。半日かけて写真を選んだ。少部数で1冊当たりのコストがものすごく高いので、残念ながらみなさんにおわけするわけにはいかない。そして今晩は、国会正門前の反原連でスピーチしてから、衆議院会館前の火焔瓶テツさんの「秘密保護法を廃案に」の集会に合流する。

|

December 12, 2013

◇「ある精肉店のはなし」の話を見る。

Munotakeji
(むのたけじさんの雑誌『世界』論文。
▼みなさん昨日の石破茂の日本記者クラブの記者会見に、戦慄を覚えなかっただろうか?彼は一貫して「しゃっべっては訂正」を繰り返している。つまり世論の動向をチェックしているのだ。「自分の身の回り5メートル以内が平和であればよい」という人に話しても仕方ない。しかしこれで萎縮しない記者はいない。いやわたしは朝日新聞の「戦争と新聞」を編集した記者たちに問いたい。「あなたがたは歴史を検証して素晴らしい本を作り上げた。しかし検証した内容が試されるのは今、現在、この瞬間である。みなさんが行動しなければ、また新聞が軍部と癒着して、戦争に邁進する旗振り役になってしまう。
▼知人が今発売の雑誌『世界』2014年1月号に掲載されているむのたけじ氏の論文の存在を教えてくれた。さっそく図書館で読んだ。むのさんは朝日新聞の記者で従軍した経験もお持ちだ。しかし敗戦後、朝日が戦争中の反省をしなかったのに怒り、退社する。そして古里秋田に戻って「たいまつ新聞」を創刊、自宅に印刷所を作り、戦争と平和、世の中の不合理を暴き続けていた。1月号は1000円くらいなので、書店で買うか、図書館でぜひご覧いただきたい。青年将校は226事件で朝日に乗り込み、活字ケースをひっくり返し、「自由主義の朝日め」と言った。
▼むのさんは朝日に憲兵隊が常駐して検閲をしたわけではない。しかし記者が自己検閲をして書かなくなってしまうことが一番怖いと言っている。先週4日頃だったか参議院会館前で開かれた秘密法反対集会の一コーナーで「新聞労連」が仕切った20分間があったが、現役で活躍している記者からの発言は2人だけだった。
Seiniku
(映画「ある精肉店のはなし」のチラシ)
◇「ある精肉店のはなし」人間は他の生物の命をいただいて、自らの命を長らえている。中学生が大阪貝塚市にある屠畜見学会が開かれている。最初はまだ湯気のたつ牛の解体場面を見て少年たちは息をのむ。解体するのは家族四人であり、買った牛をなだめながら車から降ろして屠畜場に連れて行くのは次男。牛の眉間にノッカーを入れるのは長男。巨大な牛は一発で息の根が絶える。家族4人が息のあった作業で牛はさばかれていく。作業現場では牛と人間の息と体温が混じっている。血液は常に水できれいに流され、刃物を使う危険な作業に支障がないようにする。
▼作業する場所から店に持ち帰った枝肉は丁寧に切り分けられラッピングされ店頭に並ぶ。肉は店頭だけではなく、住民が高齢化した現在、長男がトラックで引き売りするなど販売に力を入れている。そして剥いだ皮は次男が時間をかけてなめす。それは地域のだんじり祭りに使うため皮を太鼓に加工して販売する事を始めたからだ。(東中野ポルポレで)

|

December 11, 2013

秘密法は13日に公布することが閣議決定。


(火焔瓶テツさんが怒りのスピーチで吼える)
▼昨晩は『特定秘密保護法成立大抗議!首相官邸前大集会』に行ってきた。参加者は6日の3万人が国会を包囲したときと大違いで150人~200人くらいだった。いろいろ情報を総合して判断すると今回の強行採決では自衛隊関係者がかなり暗躍していると思われる。衆議院の委員会採決の瞬間での、元自衛隊イラク派遣部隊の国会議員ヒゲの佐藤の行動。埼玉の公聴会で3人のうち二人までが自衛隊関係者だった事実。わたしにはナチスがドイツの国会に放火瞬間とダブって見える。読者のみなさんそんなファシズム前夜の危機感を感じませんか?

(福島瑞穂さんの訴え)
▼国会前の抗議集会に来ている人たちは、おおよそ同じ認識を持っています。この法案が国会を通過した時期と前後して公安警察が反原発に参加している人たちの写真を撮影していた事が問題になりました。現デモクラTVに出演している横尾和博さんは日曜日の放送の中で、1年ほど前に偶然を装った公安にあって「横尾さん、いまは愛川さんの番組(朝日ニュースターの後継番組KINKINパックインニュース)に出ているんだ」と話しかけて来たという。横尾さんも昔は学生運動をしていたらしく、ちゃんと今も監視しているというプレッシャーを与えて行った。

(現役女子大生の訴え。動かなければ世の中変わらないよ)
▼筆者なども同じで大学1年の時身体をこわして古里にひと月ばかり帰省していた。すると東京を離れて数日後に村の駐在所の警察官が「ちゃんと帰省しているか」確認にやってきた。筆者は高校時代から政治活動に係わりを持っていた。町を歩いていると写真を撮られたり、8ミリビデオで警視庁に監視されていた。当時は貧乏でアパートには何も置いていなかったのでカギをかけなかったが、何者かに留守中入られていた。だから室内の紙に「ここを探しても何もありません」と書いておいた。ま、それがずーと今も続いているわけ。
▼秘密法は13日には公布することを閣議決定した。それで昨晩の緊急集会となった。公布されると秘密指定の統一基準を策定する「情報保全諮問会議」や秘密指定の妥当性をチェックする「保全監視委員会」の設置準備に取りかかる。昨晩抗議集会にやってきたのは福島瑞穂さんだけだったが、これからは廃案にする法律を国会に提出するなど、法案の不備な点を追求していくと語っていた。寒くて官邸前に来るのがイヤな人は発言の内容はYouTubeを見て下さい。夜中にドアをコンコンと叩かれて逮捕状なしで連れ去れ去られる時代が再び来ないようにあなたの力を出して下さるよう願っています。
▼抗議活動は2時間半あるが、わたしは空腹で夜中まで我慢できない。それに体調管理の必要上2時間の8時半で引き揚げてきた。帰ろうとすると袖を引く人がいる。見ると毎週金曜日に反原連の国会前集会でお会いするわたしより年上のご婦人だった。「きょうもスピーチしたの?」とおっしゃるので、「今週の金曜日にします」と言って別れた。このように、まったく見知らぬ人たちと寒い中でも一緒に集まって行動することで、連帯感と信頼は生まれていく。

|

December 10, 2013

NHK「真珠湾攻撃の謎」を見る。

▼1年半反原連の活動に共鳴して、国会正門前の抗議活動に通って来た。11月はほぼ毎晩行った。わたしにも自由に使える時間は、皆さんと同じ24時間しかない。テレビは見なくても一向に困らない。本を読む時間がないのは困る。分厚い本を持ち歩けないこと、取り置き期限内にリクエストした本を受け取れない事態が発生した。デモクラTVは先方のMP3変換サーバーが故障して1週間遅れて聞く羽目になった。時事問題の討論や解説を1週間遅れて聞くのはかなり間抜けなことだ。
▼さらに映画を見る時間がなくなってしまった。7日は書いたように特定秘密法の最終段階と原稿の締め切りが重なってしまった。いろいろ考えた挙げ句、いま最も重要なのは特定秘密法が実施されるであろう1年後に重点を移すべきではないだろうか。火焔瓶テツさんの昨日のツイッターでは、今晩火曜日から官邸前で秘密法を許さないという抗議行動をするという。もし毎週火曜日に抗議行動をするようだったら、こちらを優先させようと思う。
たしか「一度国会前に行ってみたい」という方がいらした。遠慮はいらないので、わたしの代わりに毎週国会正門前に詰めかけて欲しい。参加者は激減しているので、いらっしゃれば、主催者はきっと大事にしてくれる。
▼短期間の公開日時が決まっているみたい映画はいくつかある。しかし既にわたしの原稿の年内締め切りは終わってしまった。仮に今みても、書いた原稿が新聞に掲載された頃には都内や関東近県では上映されている筈はない。高齢の近親者が「時間があるが何をしたら良いか分からない」と言っているという。もしこのブログを読んでいるそういう方がいらしたら、わたしの代わりに官邸前か国会前に毎週行って頂きたい。「絶対許さないぞ」とかけ声や書いている人はどうでも良い。そういう口先だけの人を相手にしている時間はわたしにはない。今の日本で起きていることに矛盾を感じなければ、自分のタコツボに入って趣味や娯楽、テレビ鑑賞に邁進されるのがストレス溜まらなくて良い。それに惚けているかどうかは別にして、長生きできるだろう。
▼NHK8日午後9時「真珠湾攻撃の謎」はご覧になっただろうか?要するに日本には今まで知られていなかったイギリス人スパイを雇用してアメリカ西海岸でふんだんな資金を提供して社交・外交情報を収集していた。彼はどうやら二重スパイだったらしいが、イギリス当局もそれを知りつつ泳がせていた。またハワイにも日本は海軍のスパイを配置して潮の満ち干でいつ攻撃するのが効果的か探っていた。またルーズベルトと親しかった日本外務省高官も最終的には、信頼関係を使って戦争勃発を防ぐことはできなかった。つまり国益にたった交渉は猜疑心の方が優先してしまう。結論として、スパイを使っていくら大量の秘密情報を集めても何の役にも立たなかった、という話だった。

|

December 09, 2013

◇「かぐや姫の物語」を見る。

▼来年度の手帳を買って来た。ふつうの方々は住所録の転記に忙しいと思う。わたしはエクセルで手帳用のアドレスを作成してあるので、1年間交流がなかった人を削除して、追加すべき人を追加する。あとはひらがなでソートできるようにしてあるので一発で並び替える。手帳用には60%くらいの縮小印刷にし、のり付けで別冊のアドレス帳に貼れば終わり。
▼先日新聞の投書欄を見ていたら、「歳を取ったのでそれほどスケジュールがないので、来年から手帳は買わない」という人がいた。わたしも基本的にはグーグルカレンダーで済ませている。というのは連絡はほとんどメールで入るので、転記ミスを避けるため、メールをコピペして上記スケジュールに貼れば間違いはかなり避けられる。
▼しかし会議や打ち合わせで、「翌月の予定はどうするか?」となったとき、一覧性のある紙の手帳にはかなわない。携帯でもグーグルカレンダーは確認できるが、わたしはスマホではないので、動作が遅い。毎年使っているのはN社の最も薄い手帳だ。620円と安かったが、今年から別冊のアドレス帳が入っていなかった。だがわたしは毎年使い回しているので、別になくても一向に構わない。
◇「かぐや姫の物語」人間は何を心の糧にして生きていくのか?おそらくその一つには愛する家族の幸せを願うという気持ちが必ず入っているに違いない。このアニメはあまねく多くの日本人に知られている「竹取物語」である。竹を切ってそれを編んで器にして生業をたている老人夫妻の家に、突如振って沸いたような小さな小さな少女がやってくる。みるみる成長する少女は、山村で木を切ってくり抜きお椀など食器などを作っている一家の少年捨丸と知り合いになる。翁は次々と光り輝く竹を切ると金貨がザクザクでてくる。これは姫を良い環境で育てろというお告げに違いないと考える。姫を都に住まわせ自分も高貴は人々と交際を繰り広げる。やがてかぐや姫が成長して大勢の男から求婚され、貢ぎ物のウソを見抜く。そしてミカド直々に「姫を後室に迎えたい」とやってくる。かぐや姫は首をヨコに振ってミカドを受け付けない。都会のギスギスした、出世と物欲にまみれた生活を嫌ったかぐや姫はふと生まれ育った古里へと逃げ帰る。季節の移ろいを肌で感じ、季節の花を愛でるという生活がなぜできないのか疑問を持つ、そのとき少年時代の友人捨丸に再会する。彼は結婚して村人を率いて生活をしている。ずっと村にいたら捨丸と夫婦になる生活も夢ではなかったのにと…。この辺の台詞は「蝉時雨」の最後の方に似ている。だが月からの迎えは待ったなしにやってくる。

|

December 08, 2013

紛失した代わりの呼び子の評判。

▼お早うございます。昨日は代々木公園で「大デモ」があったようだ。しかしわたしは連日の出動で右膝が痛いので見合わせた。左膝を打った痛みは「道後温泉」に浸かってから消え去った。
▼金曜日国会前の秘密法に反対する抗議活動で笛を吹いていたら、老婦人の二人連れに「耳が痛いから止めてくれ」と言われた。しかし1年間、笛を吹いているが仲間内から「抗議」があったことは一度もなかった。仕方ないで音を落とした。わたしが抗議に使った道具はまず、木のシャモジ2個を叩くこと。次は100円ショップのタンバリンで新聞の投書欄でこれを使って抗議している人の当初が載っていたのを見てからだ。次は7月末から220円のカスタネット。次は1000円の拍子木。
▼拍子木は力一杯叩いているとその後3,4日指が痺れてPCのキーボードがたたけなくなってしまうので、捨てた。その後100円の呼び子。これは口にくわえておけば両手が使えるので、カメラやビデオ操作に不自由はない。しかしこれは秘密法抗議の最中なくしてしまった。しかたなく15年くらい前に買ったままで一度も使ったことのない、アメリカ沿岸警備隊装備品の呼び子に取り替えた。
▼なにせ非常用なので、荒れた海でも遠くまで届くように高音部が特別な音がするように作られている。それが彼女たちの耳に障ったのだろう。近日中にサッカーの審判の使うような笛を探して取り替える予定だ。
▼昨日書いた件に関して、2○○の書き込みで、「参議院会館前で騒いでいるのはK○派と民○だ」というのがあった。これは松山の○右の街宣車のスピーカーから流れてくる情報とかなり似ている。書いている人物はおそらく○安関係者だろう。2○○に流せばネトUを通じて、ニセ情報かなり広く流布されると考えて意識的に動いて書き込みを流しているのだろう。
▼参議院会館前に集まっていたのは、わたしも含めて一般市民だった。さらに「正統派U翼」と名乗る人たちも大勢スピーチしていた。これを○安の人たちはどうやって説明するのだ。会場に来もしないで「あいつらは○○派だ」と決めつけるのは、市民運動とそれを支援している人たちの気持ちを離反させようとする陰謀だ。現場に来て抗議の渦に巻き込まれてみれば、集まっている人たちがいかに、「民主主義と言論を守れ」という当たり前の要求をしているか分かったはずだ。
▼みなさん昨日の『鍵盤乱麻』YouTubeをご覧になっていますか?一位太郎さん、2にみずほさん、3位ミサオさんとなっています。他のブログを見ていたら吉良さんはわたしが帰ってからいらしたようです。事前に知っていれば残って撮影したのですが、残念。わたしはスマホではなく、ムカホなので一方的な発信はできますが、リツイートや人の動き探せません。
27日のYouTubeにボスニアの人が参議院会館前でスピーチしている様子を掲載させていただいた。すると動画を見たご本人から連帯の挨拶が届いた。「英語やっておいてよかったなー」。と思う一瞬です。

|

December 07, 2013

6日深夜に「秘密保護法」は強行採決されたが…。


(緊迫していても駆けつけて参加者を激励する山本太郎議員)
▼昨晩は帰宅してしばらくすると「参院で秘密保護法案強行採決」のテロップが流れました。安倍首相の外交スケジュールに合わせた国会の動き。11月26日の衆院強行さいけつに関しても、NHKとタイアップした「見事なトリック」をみているようでした。これは先週のデモクラTV、内田誠さんの番組で詳細を知りました。
▼わたしは5時半に国会前に到着して抗議に加わりました。眼の前に福島瑞穂さんがいらしたので、握手をしたらすぐスピーチが始まりました。それが終わると顔見知りになっているドラム隊の一人が、「小用をしたいので代わってくれませんか?」というので、生まれて初めて、10分ほどドラムを叩きました。ここでは何人もの友人、知人にあうことができました。

(国会正門前、ミサオ・レッドフルフさんの迫力に満ちたコール)
▼後半山本太郎さんが眼の前にいたのでビデオに撮らせていただきました。先週参議院会館でスピーチする太郎さんをご紹介したら、ネトウと思われる少年の書き込みがありました。オレに言わないで直接太郎さんに言えよ、と言いたいところです。しかし彼らはグリーンピースの時も該当する団体や人に直接意見を申し上げる勇気はないようです。とても相手を説得できるような文章を作れる人たちではありません。松山のマルウ(右)の街宣車の方がまだ論理的だった。しかし彼らの原稿は東京在住の人物が書いていると思われる。なぜなら「江戸川区にある○○派」と「ニッポン放送の番組」という部分は残念ならが松山の人たちには理解出来ないと思われるからだ。

(社民党の福島瑞穂副委員長の挨拶)
▼わたしは体調管理の点で立ちっぱなしでいるのは3時間が限度だと思う。反原連の抗議活動も、今年の12月から1月は6時半始まりの8時終了と30分短くなったのはありがたい。団長の姿を認めて「8時半になったら帰ります」と伝える。ところが眼の前にまた太郎氏が立っていたので撮影をする。彼はビデオを見ていただければ分かるが、「数でやられたら負ける」と覚悟をした上で、その後どう監視していくかがカギであると訴えた。
▼ここにやってくる政治家がよく「絶対許さない」と演説する。昨日の某党首のツイッターでも「強行採決の場面を目に焼き付けて」と書いていた。しかーし、そんな泣き言を言ってどうする。「絶対許さない」と事前に言うなら実力行使でもハンストでもやってみせればいい。だがそれをやらない。唯我独尊で「自分たちは正しかった」というだけ。一般市民は各政党を回って、ロビー活動をして「秘密法に反対するように」と説得を続けていた。しかし「絶対許さない」政党は「自分に正義がある」というだけで議会での多数派工作を何もやっていない。この調子では政党に任せたままでは負け続け、「正義」政党消滅していまう。そういうスタンスでツイッターをやっているからリツイートされることが少ない、のかも知れない。しかしそんな事は覚悟の上だ。
Dramtai
(急遽ドラム隊に変身した筆者)
▼わたしのスタンスは眼の前に来た人はすべて報道する。だから1週間前の有楽町駅頭宣伝に来て挨拶した人は全員撮影し、動画のアドレスは来た人のサイトに貼り付けた。お礼が来たのは有田芳生さんのグループだけだったが、それでも良いと思っている。昨日は急な要請をしたにも関わらず何名かの方が国会周辺に来ていただいて感謝する。夜11時頃友人からメールがあって「60年安保の時も強行採決後、岸信介を退陣に追い込んだので、これからが大切」と書かれていたが、その通りだと思う。
▼そんな訳で、この10日間ビデオは録画はしたが見る時間はないのでたまりに溜まっている。「週刊金曜日」も2週間分になった。「基礎英語3」だけはかろうじて続けていた。昨日はシネマの締め切り日を過ぎていたが1本しか見ていなかった。急遽近くの映画館で「竹取物語」を見て、すぐ執筆しつじつまを合わせた。

|

December 06, 2013

ファッショ国会を包囲して「秘密法」を廃案に。


(5日夜、参議院会館前の抗議活動の様子)
▼昨晩は3人の友人たちと連絡を取りながら国会周辺に向かいました。お一人は12本もショートメールが行き交いしましたが、結局混雑していたことと、地理不案内でお会いすることができませんでした。もう一人は常連さんですが、事前の一回のメールだけでバッタリお会いすることができました。もう一人は時間帯が異なったためお会い出来ませんでした。しかしこの2週間ほど、行動に参加しなかったのは、今週の月曜日だけ。もう青息吐息。昨晩は午後8時半に現地を離れました。

(こちらはいつもの国会正門前の抗議、反原連の人たちが仕切っていた。照明がないので真っ暗)
▼みなさん国会で起きているのは、もう政府与党によるクーデターとしか言いようがありません。代表が行っているから良いというレベルの話ではありません。あなたが何か行動して下さい。昨晩深夜に可決された法案を見れば、あなた自身の生活水準が切り下げられる法律が5つくらいあるはずです。今何も行動しないのはノッキングマシーンに向かっている動物を同じと言えます。
1205a
(前方が火焔瓶テツさんのグループですが、人が一杯で近づけません。この先は1番目の動画です。写真左の矢印は衆議院第二議員会館)
▼とくに酷いのはNHKの報道スタンスです。帰宅後TVを見ていた家族に聞いたところ、原という記者は午後9時のニュースで「とにかく法案を通して細部はあとで詰めればよい」と宣ったそうです。これは自民党と同じ考えで、参議院というたった一週間の論議で「十分な論議をつくした」として委員会で強行採決したことを合理化しています。記者は社会の木鐸と昔の人は言いましたが、今や「権力の木偶の坊」です。国会に来れないことを理由をつけて合理化しないで下さい。わたしの家族はNHKや報道機関に抗議のメールや電話をしまくっています。
▼さらにタイの反政府デモのことは詳細を報道しています。しかし、、日本の反政府デモは国会を包囲しても、その実態はほとんど報道されていません。これとて報道スタンスはおかしいです。タイよりも日本国内で実質的なクーデターが起ころうとしているのですから。みなさんにお願い、時間はきょう6日午後の参議院本会議で、秘密法は政府与党と「み」で可決される可能性は高いです。日比谷に行っても、仕方ありません.火焔瓶テツさんのツイッターでも午後6時半から9時半まで参議院会館前と訴えています。午後からどこに行ったらわからない方は、筆者に何らかの方法で連絡して下さい。ご案内します。
▼国会周辺に来る事ができない方々は、新聞に掲載されている放送局の電話番号でNHKを探して「自公の暴挙を報道して下さい。同時に国会周辺の抗議行動を正しく報道して下さい」と係りの方に伝えて下さい。あなたの電話や、国会を包囲する一人として参加することが「特定秘密法」を無効にすることが出来ます。

|

December 05, 2013

秘密法の委員会採決は今晩か?


(後半に雨宮処凜さんの訴えがあります)
▼メルマガに投稿して下さる方は本日昼までにお願いします。きょうは参議院の委員会で「特定秘密法」が強行採決されるかも知れません。従ってわたしはそれに対応して行動します。昨日は昼のヒューマンチェーンから午後の大宮の公聴会会場前での座り込みと、各議員の控え室を訪問して「法案にノー」の一票を投じるようにという要請活動。夜の参議院会館前と様々な活動が展開されました。読者のみなさんは、そのいずれに参加して下さったでしょうか?

(おしどりマコさんの訴え、政府から情報が出なくなった。)
▼参議院会館前に到着すると、「今晩は強行採決するらしいから、徹夜で抗議を続けよう」という提案がありました。朝刊で大宮での公聴会開催に反対する座り込みの写真には知人が写っています。繰り返しお願いしますが、内閣委員への一斉抗議メール。NHKへの報道姿勢に関して抗議メールを送る。集会は夜に開かれますが運営しているのは市民団体です。照明にも拡声器を使うにも大量のバッテリーを消耗します。そのため募金の要請もあります。国会前は日本の民主主義が死滅するクーデター前夜だと、大勢の人が訴えています。あなたも以上ご紹介した、何か一つの行動をして下さい。そしてぜひあなたの目で国会前で何が起きているかご覧になて、ぜひ歴史の証人になって下さい。
Gaosen124
(有楽町駅前の7党による緊急街宣活動)
▼ブログやツイッターを解析していると面白い事に気づきます。アクセス数で言うとY太郎氏は圧倒的な人気があります。動画をご覧になればわかるように、自分の言葉でわかりやすい話をしています。わたしは、ツイッターには#のハッシュタグ、YouTubeには「タグ」をつけて探しやすくしています。Y氏に対してKさんは残念ながらアクセス数はその6分の1くらい。Kさんはファンは多く、「リツイート」は多いのですが、ファンは動画はまったくご覧になっていないのです。この支持者たちは「ツイッター」の意味を理解していないのです。リツイートが増えれば支持者が増える、とでも思っているのでしょう。動画もみていなければ、書き込みもなし。アーレントではありませんが、自分の頭で「考える」ことを忘れてしまっているようです。号令と命令だけで動く、さらに最近は支持層の高齢化とともに「お願い」しても動かなくなっているのが実態です。
▼あと10年もすると主たる支持者は「あの世」行き。政党を財政面でささえている機関紙の部数も激減して、政党は消滅する。この問題を詳しく数字で解説している方もいらっしゃいます。心で念じて世の中が変わるなら、こんな素晴らしいことはありません。どうかあの12月5、6日は国会に行っておけば良かったと、将来後悔しないことを願っています。
▼国会前に正味4時間立ちっぱなし、帰宅してこの動画をアップロードするに夕飯を遅らせて毎日2時間かかっています。そのことを理解してYouTubeをご覧下さいませ。)

|

December 04, 2013

あと3日、みなさんにぜひお願いしたい事。


(山本太郎さんの激励の挨拶。あなたも励まされたら国会に行こう。山本さんとの距離は50cm)
▼みなさんお元気でしょうか?昨日何も無理なお願いはしていなかったと思います。わたしは午後5時半から参議院会館の前に到着し、延べ5時間ほど突っ立って抗議活動をしていました。到着した時は100人はいなかったと思います。ところが6時近くになって参議院の委員会で,論議は尽くしたとして埼玉の大宮の結婚式場で「公聴会」を拓くことが強行採決された時点から続々と人が集まってきました。わたしはすぐツイッターで「今すぐ参議院会館前に集まろう」と発信しましたが、見知らぬ人、お二人からリツイートがあっただけです。
Taro123b
山本氏の左後ろが筆者)
▼みなさんコタツ暖かいですかーー?仕事で疲れてしまって情勢などどうでも良いですか?今朝ブログを読んで下さっている方、お一人から「疲れていませんか?」とメールがありました。いつも午後11時から午前零時に帰宅する家族に、まだ仕事をしているのかと「国会情勢」をメールをしたら、眼の前5mのところに来ていました。もし何か昨日の呼びかけに応えて下さった方は写真入りでどんな行動をしたか教えて下さい。わたしとしては気持ちの通じない方々とは食事も飲酒もしようという気持ちにはなりません。申し訳ないのですが、今年の忘年会も来年の新年会もすべて欠席します。悪しからず。

(火炎瓶テツさんの「強行採決絶対反対コールで盛り上がる)
▼きょうは昼間ヒューマンチェーンで国会を包囲する計画があります。参議院の秘密法公聴会はそれに合わせるように(抗議活動を分断させようとして)大宮の結婚式場を使って急遽開かれることになりました。朝刊によれば傍聴できるのは、議員紹介によるたった30名だと言うから呆れます。さらに今晩は反原連の東電本社抗議活動の定例日の第一水曜日です。わたしはそのうち一つしか行けません。おそらく夜の参議院会館前の抗議だけになります。
1203a
(12月3日参議院会館前の活気ある抗議活動の様子)
▼参加者の顔ぶれを見ていると、政党に組織された人は来ていません。自分の意思できています。挨拶を聞いていると、元ベ平連だった人、19歳の大学生等々。原田芳雄似の方にもご挨拶をしました。このマコさんとおっしゃる方は中々の論客ですが、右翼の方だということでした。この方は日米安保条約や、地位協定など法律に詳しい方で、お話を聞いていてとても勉強になります。
▼抗議活動はそういう方々に支えられているのです。火焔瓶テツさんの隣りにいたのでいろいろ挨拶やコールで工夫している話を聞かせていただきました。法案が通ったら火焔瓶という名前は使えなくなりますね。会社員テツさんですか?とか隣りにいらした、フリーのジャーナリスト田中龍作さんには「龍もドラゴンで危険と思われるかも」と水を向けると、田中さんは「ボクの存在そのものが危険だと言うでしょう」といって笑わせて下さいました。さて手足を出すのがイヤだという方々に最後のお願いです。3日のうち一日でも参議院会館の前に来て下さい。そして足が痛くて出られないという方は以下に参議院安全保障委員名簿がありますので、指定の場所をクリックして一斉送信して下さい。あなたも何も自由にしゃべれない暗黒な日本はイヤでしょう。今、国会前で起きている事を筆者が体で感じていることと、政党機関紙のスタンスは必ずしも同じではないように思われます。
▼みなさん現在参議院会館前から一般TVの放送の中継と録画は「警備上の理由」ということで政府によって禁止されているのです。動画は以上2点の他にもYouTubeにワタシが撮影したものが10点あります。じっくりとご覧下さい。

|

December 03, 2013

「秘密法反対」であなたに、今できることを考えて下さい。

▼昨晩関西方面から帰宅しています。新幹線の一番安いので帰って来ました。みどりの窓口で駅員さんに相談したら、これが最も安いということなので、それを選びました。通常価格より3000円ほど安いのは確かです。しかし岡山で乗り換え40分待ち、などあちこちで待たされ5時間半かかって東京駅にたどり着きました。
▼途中車内の電光ニュースで「官邸デモで絶叫するのはテロリスト」という発言をしたのを見ました。実は新聞を読む時間がなかったのです。家族にメールすると数日前の出来事だというので、車内からツイッターに書き込みました。実は今回の愛媛行きはひと月以上前に決めて航空券を買っていました。しかし秘密法案が緊迫してきたので、直前に行くのを取りやめようかと考えていました。
▼しかしいろいろな約束があったのでいってきましたが、行って良かったと思っています。みなさん参議院の情勢は極めて緊迫しています。今週一度は官邸前か参議院前に来て下さい。もし来られない時は次の行動をして下さい。バッグ、リュックなどに自作で「秘密法反対」のステッカーを貼る。自家用車に同様の文字を書き入れる。厳寒にそのようなイルミネーションを作る。あとは隣り近所の人に秘密法反対のチラシをダウンロードして印刷して配る。友人たちと近くの駅頭にたって宣伝する。
▼車などの場合はメンディングテープか、養生テープで「ヒミツホーノー」と書いて下さい。また携帯メールなどの自分の署名欄に「NO!秘密法」と書くなどです。
▼こたつにあたってTVを見ながら一杯やりたい気分は分かります。草花は紅葉を愛でるのもよいでしょう。しかし、しかしです。わたしたちが将来の人たちに残せるのは「原発のない社会」と「治安維持法」のような法律がない、自由にモノが言える社会の筈です。どうぞご協力下さい。明日はキャンドルで国会を包囲するという行動があるはずです。緊急の仕事で出かけるので、きょうは午後5時から参議院会館前で抗議行動を行います。音の出るモノ、キャンドルライトなどをお持ち下さい。

|

December 02, 2013

ノー・ヌークスえひめで、ビデオレターの交換に成功する。


(若者たちのオープニングセレモニー)
▼おはようございます。集会が終わって高速バスで尾道にやってきました。本当はもう少し早く夏には来たかったのですが、12月1日になってしまいました。昨日はホテルを出て歩き始めたら○右の装甲車なみの街宣車が多数、松山市内を練り歩いていました。曰くT郎は園遊会での失礼を詫びて議員辞職せよ。Tは江戸川区にある、Kマル派とつながっている。Kマル派過去に50名もの人を殺害している。TとKマル派はつながっている。Tはニッポン放送を契約を解除された経緯がある。=人間として議員にふさわしくない。=議員辞職をせよ、といった論法です。
▼さらには「Tを殺せ!」とラウドスピーカーで怒鳴り立てます。あきらかにこういうのは「殺人教唆罪」で逮捕されてしかるべきものですが、機動隊は車の「反原発集会」への侵入を阻止しているだけです。こういうことは新聞などに掲載されないと思いますので、一言書いてお知らせします。
▼わたしはまず何人かの人にあわなければなりません。明日香さんから会ってほしいと言われた人は「ブースがあるから探してほしい、ハンドルネームはわかるが、電話番号もわからないと雲をつかむような話です。ツイッターは相互フォローをしているので、連絡してみましたが、返事はありません。会場に到着すると果たして入り口に「ブース」を発見しました。この人がそうかな、と思って声をかけると見事一発でコンタクトできました。ビデオインタビューを申し込むと、「いまステージに上がるところなので、終わるまで待ってほしい」と頼まれました。結局いろいろあって取材に成功したほは1時間後でした。
▼会場には東京から来たグループが多数いました。そのうちの一人横浜のSさんに初めてご挨拶をしました。名刺を差し出すと「うーちょっと待てよ。声を聞いたことがある」とおっしゃいます。いつも国会前にこれない時は、IWJ(有料ネット中継会社)の生中継をご覧いただいているようです。過去にも原子力規制委員会の傍聴報告をご覧になっていたと話していらっしゃいました。それで名刺の文字を確認する前にわかったというお話です。世の中の役にたっていてヨカッタと思う瞬間です。
▼昨日の小隊長にも3日連続でお会いしました。一月前に国会前で名刺交換した、愛媛の無所属の県会議員さんにも再会することができました。雨が降ってきてバスの時間が大幅に遅れて会えなかったひともいましたが、90%の目的は達成しました。ビデオレターはYouTubeでアドレスを相互にお知らせして、それぞれ盛り上がっていただいたようで、新らしい境地の開拓に成功しました。生きているうちに新しい人間関係をできるだけ増やして世の中の進歩に役立つ。これがわたしの信条です。

|

December 01, 2013

松山に来ていますが、観光ではありません。

Dougo
(道後温泉風景、写っているのは知らない人です)
▼昨日朝LCCで松山に来ています。理由は10・13集会で作家の広瀬隆さんがみえて「伊方が最初に再稼働される。もしこれを止めることができれば全国に波及する」と挨拶されたからです。詳しくは当日のブログかYouTubeをご覧ください。飛行機が高度を下げると伊方原発のあ佐多岬半島がはっきり、手に取るようにみえます。一週間ほど前にもNHKで蟻とキリギリスの石井がこの岬を旅して漁船に乗せてもらっていました。
▼国会前にはその後愛媛の無所属の県会議員さんが見えたので、名刺を交換しメールで挨拶している写真をお送りしてコンタクトがあります。この議員さんがおっしゃるには佐多岬は限界集落が多く、漁業だけで食べている人たちが多い。時故が起きたら小さな漁船では逃げられない。それに瀬戸内海も魚が捕れなくなって死の海になってしまう、と話しておられました。それで行って見ようと決意したわけです。

(松山と言えばぼっちゃん列車」)
▼それに先立ちファミリーエリア(FA)の明日香さんと約束がありました。12月1日には三鷹で反原発の野菜デモがあるのでいらっしゃいませんか?という内容でした。お断りしましたら、当日は携帯でデモの最中にエール交換をするというのです。そこで私はビデオレターを作って持参しましょう、と提案したのです。そうしたら「ぜひお願いします」と29日夜FAの路上で撮影する運びになったのです。動画はすでいYouTubeで「非公開」で当事者のみが、みられる状態でアップしてあります。そのた持参のノーPCにも入れて、DVDにして持参しています。お渡ししたら、先方の動画も撮影しなければなりません。
▼松山に到着してから、3年前にきたものの入れなかった、道後温泉に行きました。チェックイン時間前なので路面電車の勝山駅停前のホテルに荷物を預けるとタオルと石けんを貸してくれました。歩いて道後温泉までいきます。温泉街に入ろうと思ったら、昨晩国会前の暗がりでお話した、反原連の女性が部下らしき男性を引き連れてきているので驚きました。昨晩の約束である名刺をお渡しすると「いまご到着ですか?わたしたちは街宣をしてから宿舎のユースホステルに向かいます」ときびきびした所作で、まるで戦争の小隊長といった雰囲気でした。「温泉で小隊長に会う」です。
▼当地の新聞を見ると四国電力は何が何でも年内に再稼働させたいと考えていたようです。それも債務超過になるという理由です。問題の建て方が逆ですよね。時故が起きたら瀬戸内海に人は住めなくなり、会社潰れてしまうのに…。
▼PCを開くには時間がかかうrので、ご連絡は携帯メールでお願いします。アドレスは11月12日から変更になっていまs。


|

« November 2013 | Main | January 2014 »