« 戦場における弾丸の貸し借り、再論。 | Main | Aさんの釈放と「秘密保護法」の廃止を求める。 »

December 26, 2013

「東電を破綻処理させよう」という署名のご案内。

▼クリスマスは終わりましたね。クリスチャンでもそうでないかたも…。きょう26日は火焔瓶テツさんの仕切りで首相官邸前の抗議行動があります。明日27日は反原連の年内最後の抗議集会。どちらかに参加して下さいね。ツイッターなどを見ていると「○○○は絶対許さない」と書いたり、スピーチしている人を見かけます。叫ぶのは簡単です。しかしそれで原発が止まったり、秘密法などの悪法が廃案になった試しは一度もありません。
▼要するに格好つけているだけでは、実効性はないのです。朝刊によれば柏崎・刈羽原発は来年7月に稼働させるという考えのようです。止めさせるためにカンパを募ってオルグを派遣している組織が現実にあります。あの原発が再稼働したとき身体を張って作業車の往来を阻止した人たちもいました。いずれも政党関連の人たちではありません。みなさんどうやったら原発が再稼働しないか。特定秘密法が発効しないか、考えて下さい。酒を飲んでコタツにあたっていたのでは、それは不可能です。
▼先日お願いしたパブコメ書いて下さいましたか?さらに今朝はもう一つ「東電を破綻処理せよ」という署名があります。わたしは昨晩のうちに済ませましたが、あなたもぜひ署名して下さい。第一次集約は明日27日です。
▼昨日の昨年6月の東京都議選で一票の格差の是正を求めた裁判で、東京高裁は「3・2倍の格差は憲法違反ではない」という判決を出しました。訴えたのは元最高裁判事の泉徳治弁護士がですが、判決後の司法記者クラブで苦笑しながら「話にならない」と言っていましたが、当然です。あなたがもし北多摩三区に住む当事者ならば人間として千代田区に住む人間の3分の1しか能力がないと言われているのと同じだからです。そうであるならば税金を千代田区の3分の1だけ納めれば済むかというと、そうはなりません。選管、自治体と国はサボタージュしているのです。そして国民には「無力感」を味あわせて、政治にずっと無関心でいさせる。
▼昨日ブログでご紹介した野口悠紀夫氏は「もっと国民は税金に関心を持って欲しい」と書いていました。サラリーマンの税金天引きと言う便利な方法は戦争中作られました。一度作った便利な収税方法を政府は手放す筈がありません。小選挙区制度も同様で、18%の得票で独裁国家を手にした安倍は「魔法の杖」を自ら手放すことはないでしょう。どうするか?わたしの考えではとりあえず「中選挙区に戻すための選挙連立政権」を目指すことが一番だと思います。「叫んで」いるだけでは自公政権を打倒することは出来ません。

|

« 戦場における弾丸の貸し借り、再論。 | Main | Aさんの釈放と「秘密保護法」の廃止を求める。 »