« NNN大島渚 『忘れられた皇軍』を見る。 | Main | ◇「ソウルガールズ」を見る。 »

January 15, 2014

言いたい放題のタモちゃん。

▼東京地方もかなり気温が下がっています。飲んでいる薬が残り1週間になっていることを昨日確認しました。こういう寒い日は並ぶ人が少ないのでクリニックに順番を取るため7時半から並びました。予想どおり受診希望者の数は少なく3番目になりました。9時からの診察が始まると10分以内に診察が終わります。すると一日が有効に使える訳です。
▼雪というと「白い海峡」という大月みやこの歌を思い出します。この歌を知ったのは昨年徳光アナの四国お遍路の旅番組で、雪が舞ってきた瞬間、彼はこの最後のフレーズを口ずさんだのです。♪「雪が、雪が、雪が、乱れ舞う」という部分です。私が住んでいる地域では一片の雪も舞いませんでした。
▼しかし、タモちゃん、いや「笑っていいいとものタモちゃんではなく、元空幕の都知事に立候補するとか言われている方のタモちゃんです。昨日はツイッターで言いたい放題。福島の被災者は補償金で東電にたかっている、というのもあって驚く前に呆れてしまいました。経営者は責任も取らず、まともな被災者がまともな生活をできる補償金すら払っていないのに、よくそういう勝手な事がいえます。
◇「危険な関係」(中国版)この映画は過去にフランス版とアメリカ版を見て、今回の映画で3回目になる。舞台は日本が支配している上海。お金持ちでプレイボーイのチャン・ドンゴン(韓国の俳優)。貴婦人と付き合っているが中々自分の思い通りにならない。一体いつ仕事をしているのかと思うほど京劇見物、クラブやキャバレーで遊び歩いている。ダンスホールでは「夜来香」のジャズアレンジが聞こえてくる。
▼そこに登場するのが教師の夫を亡くして寡婦として暮らしているチャン・ツィー・イである。先のプレイガールはチャンと恋して次は捨てて見せれば、自分はあなたの女になると囁く。それを本気にしたチャン・ドン・ゴンはツィー・イに接近する。最初は嫌がるのだが、積極的なアタックに親しみを感じるようになる。伏線はいろいろあるのだが、いきなり反日抵抗勢力が出て来てダンスホールで抗日ビラを配布すると、その男性がツィーの教え子であり、官憲の追求から匿ったり、忙しい。反日、抗日がテーマの一つに入っていれば中国ではこのような多少エロチックな映画の制作も許可されるのだろう。
▼しかしツィーは地味でいつものように輝いていない。監督は魅力を出し切れていない。俳優がいずれも演技不足であることを否めない作品でありました。

|

« NNN大島渚 『忘れられた皇軍』を見る。 | Main | ◇「ソウルガールズ」を見る。 »