« YouTubeで人気があるのデモよりイベント。 | Main | 駅前には食べるモノが何もなかった。 »

January 22, 2014

NHK「足尾から来た女」(上)を見る。

▼午前8時には電車に乗り込んで取材に向かう。そのため手短に…。まず反原連を構成する主要な支持団体である、「たんぽぽ舎」が土日に原発立地にある反原発組織の全国会議を開いた。その結果、どうしても安倍首相の「何が何でも再稼働」という方針に反対して闘う人を支援して欲しいという声が圧倒できに多かった。
▼安倍の意向を反映させようとしているのが、桝添である。勝つということを前提にすると、宇都宮さんはとても良い候補者であるが前回約97万票でどんなにがんばっても都知事選に勝つのはかなり難しい。という事で細川元総理を支援するということになったらしい。その経緯は様々なブログやネットで書かれているのでご覧いただきたい。鎌田慧さん、広瀬隆さんらがその理由を詳しく書いているのでご覧いただきたい。
▼NHK「足尾から来た女」(上)を見た。足尾銅山はご存じのように鉱毒事件を起こしたり、落盤事故が続発して、住んでいる農民たちは立ち退きさせられたり、軍隊が暴動の鎮圧に入る。足尾銅山を実質的に握っていたのは原敬で、(下)で登場予定だ。その農民達を移り住んで支援したのは田中正造(柄本明)で、貧しい村に住んでいた新田サチ(尾野真千子)を東京で働くように斡旋する。文字の読めない女)は電車の中で特高刑事に会い、東京のアジトのスパイをするように頼まれる。
▼アジトは社会運動家・福田英子(鈴木保奈美)の家政婦として働くようになる。そこでは福田の母の藤村志保らが革命活動家らを親切に接待していた。(25日に放映されてから続く予定)

|

« YouTubeで人気があるのデモよりイベント。 | Main | 駅前には食べるモノが何もなかった。 »