« ◇「ビフォア・ミッドナイト」を見る。 | Main | NHK「足尾から来た女」(上)を見る。 »

January 21, 2014

YouTubeで人気があるのデモよりイベント。

▼ポケットに入るハンディ型ビデオカメラは買って14ヶ月でケーズが歪んできた。撮影する上では何も支障はないのだが、量販店の修理ポイントもなくなるというので、その前に駆け込みで修理に出した。まず見積もりに1週間ほどかかり、日曜日の夜に「7千円ほどかかります」という連絡が入ったので「OK」を出した。さらに修理が終わるまで1週間ほどかかるという事だった。
▼このHX-DC2という小型ビデオカメラは、元々シャープのお家芸で作られたものだったが、同社の経営が左前になってパナソニックに売却されたので、外見はシャープと同一だが、今はパナソニックのロゴが付いている。
▼2012年9月から国会前の抗議行動をデジカメのビデオモードを使って撮り始めた。かなり綺麗に撮れるが、電池の減りが激しいし、ズームがうまく行かなかったので、これを同年11月から使い始めた。自民党本部の抗議行動から、衆議院選挙の投票日前日、国会前に小沢一郎さんが来て10分ほど演説したのを三脚なして構えて撮った。これはかなりアクセス数が多かった。
▼その後1年前にキューバに持参したのもこのカメラである。サンタクララのゲバラ廟を撮影したのもこのカメラだ。キャバレーフロリダは、デジカメの持ち込みは有料で別料金が必要だった。わたしは遅れて入ったのでそれは免除された。それでもクレーム付くとまずいと思ってビデオカメラは持参せず、踊り子さんたちの様子はデジカメのビデオモードで撮ったが、裸体がかなり美しく撮れていた。
▼チューインガムのような薄型の電池は15分くらいしか持たないので、サードパーティ品を2個買い足して、現在は抗議行動のある日は最低でも30分は回せるように準備をしている。YouTubeでご覧のように17日の国会前には宇都宮さんがいらした。あらかじめ来る事が分かっていれば、ちゃんとしたビデオカメラを持参したのだが、デジカメで代用したのでピントが合わず、フレームからはみ出して視聴者にはご迷惑をおかけしてしまった。
▼YouTubeの定期購読者はおかげさまで、増え続けている。そして今週中にはトータルのアクセスが3万件を超える予定だ。ただ残念なのはアクセスが集中するのは、反原連の黒海前の抗議行動ではなく、藤祭り、スカイツリーのハシゴ乗り、佐倉の秋祭りなどのイベントである。

|

« ◇「ビフォア・ミッドナイト」を見る。 | Main | NHK「足尾から来た女」(上)を見る。 »