« ◇「旅人は夢を奏でる」を見る。 | Main | ◇「ダラス・バイヤーズ・クラブ」を見る。 »

February 26, 2014

2月25日、新自由主義(亡)者、舛添要一に物申す都庁前集会 。


(火焔瓶テツさんが猪瀬知事は雪害対策を何もしていないと厳しく指摘する)
▼昨晩6時05分前に「都庁前」駅に着いてA4番出口から地上に出ると集合場所には誰もいなかった。しばらくすると顔見知りのDさんがいらしたので、「集合場所はここですよね」と確認する。それから2分ほどして火焔瓶テツさんもやってきて握手をして下さった。ツイッターでテツ氏の動きは知っているので「連日の行動でお疲れではありませんか?」とお聞きすると「睡眠を十分とっているから大丈夫」という元気なご返事が戻って来た。
▼昨晩の抗議活動のメインは奥多摩の雪害対策の不備。舛添知事が「雪は一晩で溶ける」と言ったが何の手も打たずにソチへ行ってしまったこと。次は築地市場移転問題だった。移転問題の内容は今までほとんど知らなかった。一言で言えば今の場所でまったく不自由ではない。ところが東京都の当時の石原都知事は豊洲にあった東京ガスの跡地に移転先を決めた。この跡地が汚染され、しかも砂上の楼閣のような安定していない場所だ。なぜそんなことを無理しているのか?それは移転させた後の築地市場を地上げして1兆円で売ろうとしている。簡単に言えばそういうことだ。

抗議行動で挨拶する共産党都議会議員のかち佳代子さん(右)と尾崎あやこさん)
▼この問題では中央市場労働組合の中澤さんがかなり詳しく解説して下さった。他に一級建築士で運動に関わっている女性が、情報開示請求をして問題点を次々している。詳しくはYouTubeをご覧いただきたい。抗議活動は午後8時まで行われ、3月に行われるデモ行進を前回を上回るにはどうしたら良いか、みんなで考えようということで参会した。両国からのバスの連絡が悪く帰宅は9時20分頃になってしまった。
▼都庁前の往復でデモクラTV)(インターネット有料放送:月額525円)の録音を聴いた。中でも先週放送された宇都宮健児さんとのインタビューは聞き応えがあった。選挙が終わったらノーサイドで反原発運動を盛り上げて行きたい。自分もそのために努力をしたい。ネット選挙と言われたが、若者の一部には浸透するかも知れない。しかし自分の感触では支持者の1割がネットを使っている。しかし圧倒的多数は自分も含め高齢者はテレビしか見ないので、ふつうのテレビの影響はまだまだ大きい。マスメディアは意識的に都知事選の争点をぼかすか、放送しなかった。それはマスコミの幹部が首相と飲み食いしていることが大きな原因になっている。
▼自分だってサラ金の追求をして法律を作ろうとしていたとき、飲食の誘いはあったがそれはすべてきっぱり断った。そうしなければ公正中立など保てはしない。さらに今の公職選挙法は治安維持法が出来た昭和20年当時に作られたもので、既存政党と地盤、看板を持っている者が有利になるシステムになっている。これを考え直さなければならない。という内容でした。
▼余談だが、宇都宮健児さんは最後に、自分スマホを通り越して選挙の後半からIPADを始めた。しかし文字変換ができないので、もっぱら「ひらがな」だけだ。しかし若い支援者たちは「それがまた宇都宮さんらしい」と話題になっているという。

|

« ◇「旅人は夢を奏でる」を見る。 | Main | ◇「ダラス・バイヤーズ・クラブ」を見る。 »