« 除雪したいがシャベルはない。 | Main | 「民教協SP藤田嗣治未公開の手紙が伝える真実」を見る。 »

February 10, 2014

◇「戦時徴用船~知られざる民間商船の悲劇」ETVを見る。

▼都知事選挙の結果、「予想される最悪の結果」になったと思っている方もいらっしゃるかも知れません。わたしは予想した通りの順位でした。わたしが撮影したYouTubeのアクセス数では細川135、宇都宮317という数でもそれを反映しています。ネットには年代別の支持者という調査がでています。桝添は高齢者の支持が多く、その理由として「テレビでよく見る顔」というのがあって驚きます。桝添は「高齢者が一番カネを持っているから消費税をばんばん上げて年寄りからカネを取ればよい」と広言していた人です。それなのにテレビ写りだけで入れてしまう。
▼さらに20台の若年層が田母神を支持している事が多いことも見逃せません。威勢の良い言動に乗せられて万一戦争でも起きたら、最前線に投入されるのは彼らです。そのことをまったく分かっていないのは怖いことです。
◇「戦時徴用船~知られざる民間商船の悲劇」8日深夜NHKETVで放映。日本が太平洋戦争に突入すると、軍艦だけではとても足りない。海軍は民間の商船会社から客船や貨物船を召し上げて人員や物資の運搬に当たった。それどころか、アルゼンチナ丸のように空母への改装を前提に作られた商船もあった。米軍の戦艦や潜水艦は当然軍事物資を積んでいる徴用船を標的にする。
▼登場するのは大阪商船の当時の社長が社員の画家大久保一郎に最後の模様を描かせる。大久保は生き残った船員の話を丹念に聞き取り、最後の場面を忠実に再現しようとする。撃沈された徴用船の数はおよそ2400隻。戦死した船員6万人。これは、太平洋戦争で軍需輸送のために徴用された日本の民間商船の被害である。一般船員の死亡率は43%で、海軍軍人の2倍以上にのぼった。何故かといえば船乗っているのは訓練をしていない民間人ばかりで、武装されていないものが多く、装甲も薄かった。
▼ガダルカナルでは米潜水艦に狙い撃ちされ、逃げるすべはなかった。直角に海に突入するように沈んでいく船。究明ボートでは敵であるオーストラリア兵を救う船員たち。ボートの積載量をオーバーしていたところに女性が助けを求めている。若い男性3人が「自分は良いからあの女の人を救って」と海に飛び込み行方不明になってしまう。
▼さらに驚くのは更に末期になると標準船という物が作られる。それは船の外装を普通2重なのに一重にする、同じく船倉も簡単にする。とにかく動けば良いという発想で人の命を救うという設計思想がない。これは零戦のパイロットの座席の保護鉄板も外してしまう考えと共通している。撃沈された船数およそ2400隻。戦死した船員6万人。これが太平洋戦争で軍需輸送のために徴用された日本の民間商船の被害だ。

|

« 除雪したいがシャベルはない。 | Main | 「民教協SP藤田嗣治未公開の手紙が伝える真実」を見る。 »