« ペットの手術の朝の出来事。 | Main | 除雪したいがシャベルはない。 »

February 08, 2014

ナナちゃんの手術は無事終了した。


(7日国会正門前でスピーチする宇都宮健児さん)
▼ナナちゃんは午前10時に向かいにある動物病院に入院し手術に先だって内臓や心臓の検査をしてもらったが、「異常なし」で午後6時に引き取りに来て下さい、という事でお願いしてきた。ネコにしてみれば、いつも食べ放題なのに、水も飲めないのはかなり苦痛だったと思う。午後2時に担当医から電話があって、「無事手術は終わりました」という。
Nana207
(左指の手術が終わったナナちゃん)
▼わたしは反原連の金曜行動があるので、引き取りは家族に任せて出かけた。水曜日の銀座本店抗議行動が寒かったので、ダウンコートの下にダウンのベストを着込んでいった。開会を待っていると明日香さんと二朗さんが通ったので、後から行きます、と握手をした。
▼先週は「殿」が国会前に来るとアナウンスされていたので、テレビのビデオカメラが脚立を持って集まっていたので大混乱していた。開会に先立ち、国会前を仕切っている「はな」さんから「先週うまくコントロールできなくて」と説明があった。つまり「反原発」の挨拶と決められているのに、音楽評論家のYさんや「殿」の妻が立ち会い演説会と勘違いして候補者の宣伝を始めてしまったことだろう。
▼国会前にはフランスの反核活動家の女性もやってきて挨拶をしてくれた。通訳をしたのは脇にいたフランスの男性だった。30分くらいすると宇都宮健児さんかやってきた。今朝5時のアクセス数は99件だったが、午前10時には150くらいと急上昇している。

(「希望のエリア」リレーコール、Tシャツの男性は今朝の東京新聞にも写っている)
▼国会正門前は午後7時15分にFAに移動した。周りを見るとファミリーエリアは「希望のエリア」と名称が変更されていた。その変更した理由を反原連のチラシによれば「首都圏反原連は、当初、抗議参加者の急増に際して、お子さんやお年寄りのセイフティゾーン(避難場所)として「ファミリーエリア」を設置しました。このたび、その運営を担ってきたひとつ「パパママの脱原発ウォーク」から、独自の抗議エリアとして運営したいとの申し出があり、今後は「希望のエリア」として全面的に任せることにしました。」と書かれている。
▼わたしは部外者なのでそこに至る詳細は知る立場にない。しかし昨年10月頃から発言をじっと聞いていると、何かあるなとは思っていた。さらに新年会のときFAの参加者はゼロだったとき、これは決定的になったな、と感じた。

|

« ペットの手術の朝の出来事。 | Main | 除雪したいがシャベルはない。 »