« ◇「ダブリンの時計職人」を見る。 | Main | 「今こそ戦争への流れを止めよう/田中優子さんの講演」 »

April 18, 2014

17日夜、九電東京支社で再稼働反対行動に参加。


(学校で何を学習して来たのだろう?と訴える火焔瓶テツさん)
▼昨晩は有楽町九電東京支社前で、川内原発再稼働反対の抗議活動があったので参加した。この行動は月曜日の夜に急遽決まった。始まる前から通行人のサラリーマンが絡んでいく。「原発を動かさないから、高い液化天然ガスを買わなければならないのだ」。折から読売新聞や「日経新聞」はは「江戸時代に戻ってしまう」とか、「関電管内では真夏に3%も足りない」と煽り立ている。これも安倍首相との会食効果だろう。
▼先週のデモクラTVではジャーナリストの魚住昭さんが「ふつう首相と飯を食った」など恥ずかしくてクチにできない事柄だと言っていた。で、有楽町駅前を通過するサラリーマン氏らは、マスメディアの報道を素直に信じているわけです。さらに後半になるとよっぱりが絡んだり、中指を立てて「F***」と罵って通過して行きます。
▼先週のデモクラTVで「パネルディスカッション「Yes立憲主義 No解釈改憲」主催:[国民投票/住民投票]情報室が放送されました。後半参加者との質疑応答があり、わたしと同じ年配の千葉県からの参加者が「反原発の国会周辺の抗議活動や、秘密法反対の時も絶叫テロリストの一味として参加した。しかし反原発行動の参加者は減少する一方で、更に再稼働の動きが顕著になり、このまま行動に参加して意味があるのか疑問に思ってしまう。かといって、友人や知人などのように余生は趣味や自分の好きなことだけやっていれば良いという気持ちにもならない。「成果を出すにはどうしたらいいか」という質問だった。
▼そういう質問には、わたしにも答えられない。ただ手を休めれば、権力者の思うつぼ担ってしまうことは間違いない。たまには一般市民の集まるところに出かけて「対話」するのも自分を鍛える場としては良い。朝から出かけるので以上。他の動画をブログに貼る時間的余裕はありません。画面左下のYouTubeからご覧下さい。6本アップしてあります。

|

« ◇「ダブリンの時計職人」を見る。 | Main | 「今こそ戦争への流れを止めよう/田中優子さんの講演」 »