« April 2014 | Main | June 2014 »

May 31, 2014

抗議行動は3時間で終了した。

憲法改悪絶対反対永田町アクション」のファイナル。火焔瓶テツさんから皆さんへの訴え。
530a
(30日の抗議活動に参加する筆者)
▼本日は原則休刊日だ。しかし4日連続で抗議活動が続く。書いておかないと忘れてしまうのでメモ程度に記録しておく。昨晩も参議院会館前で集会が開かれた。水曜日5分ほど遅刻したので早めに家を出た。国会正門前ならば70分で到着できるが、参議議員会館は80分は必要になる。5時40分に経産省角のテント村の前に到着する。テント村とは反原発運動をしているタンポポ舎の人たちが経産省の空き地の一角を占拠している場所だ。ここは反原発運動の砦となってきた。しかし経産省は不法占拠だとして、責任者2名を特定し、2000万円を家賃として支払えとスラップ訴訟仕掛けてきた。現在も裁判は継続中である。
▼その前を通過しようとしたら、テントの中からトラメガ2台とモノポッド2脚を抱えた男が現れた。この人こそ、不屈の男火焔瓶テツさんである。「重いでしょう、持ちますよ」とポッドを運ぶのを引き受けた。財務相脇の坂道は結構きつい。映画「ローズマリーの赤ちゃん」の洗脳場面の話をしながら場所に向かう。警備している警官は途中で右折すると近く、早く行けるのだが検問して首相官邸前を右折するよう「指導」する。わたしも検問は嫌なので自主的に避けていく。テツさんはそんな事にめげない。重い荷物を持っていると、「所持品検査」があったり、疲れさせようとわざと10分くらいかけて検問する。テツさんとわたしが検問所を通過すると無線で「火焔瓶テツ他一名ただいま通過しました」と応答連絡しているのが聞こえてくる。それどころか、最初の警官と官邸前の警官から「ご苦労様です」と声を掛けてきた。やはりサングラスを掛けた二人の男が歩いているせいか?
Kanteimae
(官邸周辺地図)ブルー線が我々が歩きたい道、緑線が警官が歩かせたい遠回りの道)
▼行動の内容は動画を見て頂きたい。明日の事もあるので午後9時10分には解散となった。別れ際に「遅くまでご苦労様でした」と握手を求められる。わたしは「テツさん先週は午後5時から関電前の抗議を二人で初めて延べ5時間だったんですよ。それに比べれば遥かに楽です」と答えて別れた。日比谷駅まではここで知りあったHさんと四方山話をして歩いて来た。
▼ブログをお読みのみなさんは、わたしが何をしているかご存じの筈です。いまはかなり政治状況が悪化しています。国会は事実上のクーデター状態です。国会に来られない方は、みなさんのご自宅、お住まいの近くで出来ることをすぐ取り組んで下さい。自宅でくつろいでテレビ見て、本を読んでいるときではありません。最初の火焔瓶テツさんの訴えをクリックしてぜひ見て、行動して下さい。そして未来を担う子どもたちのためにも…。

|

May 30, 2014

古いものは、いつまでも売れない。

529touhyou2
(28日参議委議員会館前でスピーチする筆者)
▼昨日まで段取りをたてて仕事を進めていたので、本日月末は楽ができる筈だった。ところが今朝5時半にメールを開くと、話を進めていた用件がこちらの提案通りにOKということになった。これは朝から忙しくなる。夜は希望のエリアとテツさんの行動がまったく時間的にダブってしまった。わたしは前者テツさんの『憲法改悪絶対反対!永田町アクション』に参加する。明日は築地市場移転反対のデモ。Aさんはブログで「築地デモが終わったら【9条こわすな!デモ(新宿柏木公園16時半集合)】に行けると書いていらっしゃるが、デモのハシゴをしたら、とても身体がもたない。
▼昨晩の会議でSさんにお会いして「前回同様、築地デモに土曜日も来ます?」とお聞きしたら、予定があってYさんが来るという。さらにSさんはメーデーに毎年参加していると野球帽をもらえるという。「一個いらない?」というので「頂きます」というと、ご親切に自分が被っている帽子まで脱いで2つも下さった。わたしは頭は一つしなかないので1個あれば十分。もし欲しい方があったらご一報下さい。手渡しに限り差し上げます。フリーサイズ、白系の帽子です。会議の往復の電車の中で辻井喬の本を一冊読み終えた。
▼今朝の新聞を見ていたら、ホカロンやアイスノンを制作し販売していた白元が会社更生法を適用されたという。昨晩も「ガイアの夜明け」の再放送を見ていたら、Bシャッターの話が出ていた。高齢者が増えて玄関や車庫などのシャッターの上げ下ろしができなくなった人が増えている。それでB社が考えたのは安全装置であるストッパー付きの装置。さらにそれを発展させてゲリラ豪雨(この言葉は嫌いであるが)対策として家の中に水が入り込まない防水シート。台風が来てもドアから水が入り込まないドアを開発して実験をしていた。しかし後者は津波には勝てないだろうな、と思って見ていた。
▼たとえ話として適当かどうかは分からない。しかし一度ヒットしたからといって、同じものを永遠に売り続けることはできない。思想の世界も「正しい」と思われるものがあっても、それを「金科玉条」のように振り回していたら、誰もついてこなくなる。連日のように国会周辺に行ってみて感じるのは、政党というのは所詮、「選挙で得票を増やして議席を増やす」ことが目的のようだ。だから少数の人が集まる集会には見むきもしない。誰とはいわないが、火曜日と水曜日ではこれほどに違うのかと思った。
▼発言する人が勉強していれば良いのだが、はっきりいって勉強不足。果たしてこれで官僚や東電の技術者と対決できるのだろうか?と心配になってくる。はったりや、怒気を含んで大声上げるだけでは政治家にはなれないよ。さて今晩から4連続で頑張ってこよう。テツさんが28日の集会の最後でいっていたが「少数であることを怖れない.自分がそこにいて一人でも何をするかが問題である」と。

|

May 29, 2014

『国民投票法改悪案を廃案に!永田町アクション』に参加する。

Nodaseiko
(雑誌『世界』6月号野田聖子さんの論文、著作権保護のため本文にはボカシを入れてあります。)
▼昨晩の参議議員会館前『国民投票法改悪案を廃案に!永田町アクション』は3分ほど遅れて到着した。その時点で参加者5人、監視の公安2名だった。火焔瓶テツさんは「集まる人数が問題じゃない。中身だ」とスピーチして気勢を上げていた。動画は5本撮影したので、各自YouTubeを検索してご覧いただきたい。わたしは3番目に雑誌『世界』16月号に野田聖子さんが発表した「人口減少の現実をふまえ、持続可能な安全保障を考えよう」を事前に読んで勉強した。お読みになりたい方は書店か図書館にいって頂きたい。
528touhyou
(29日の抗議集会で横断幕を持つ筆者)
▼先日ある集まりでわたしが「抗議行動している姿が見たい」とおっしゃる方がいらした。福井地裁の判決が出た日、内幸町の関電前で抗議しているYouTubeのアドレスをお送りした。すると日比谷から会場に向かっている最中に感想メールが届いた。「動画拝見いたしました。真剣に訴えているのが伝わり、感動します。」続けて「世の中には変な人がいるからくれぐれも身体に気をつけるよう」書き添えてあった。
▼国会周辺の抗議行動は一応警察官に「警備」(実は監視)されているから、暴漢に襲われる危険は少ない。しかし有楽町駅前の九電や内幸町関電前はかなり緊張して行動している。先週金曜日夜の経産省前では、スピーチしている主催者に、つばを吐きつけた男がいた。昨日の最終段階は10余人になった。帰りしなこの抗議活動で知りあったHさんと日比谷まで一緒に歩いた。衆議院会館前を通ったら衛視(民間委託の警備員だった)さんが大声で「給料はいくらか?」という話をしていた。「基本が30」だという。おお結構良い給料だな。出版社で働くHさんは、「今年確定申告をしたら、昨年よりも150万円マイナスになってしまった。「頻繁にこんな所に通っているからかな」と冗談半分で話していた。
▼給料はともかく、わたしは片道70分と比較的国会前まで早く行くことができる。しかし、2時間の現地集会の場合、往復の時間を入れると最低4時間半は必要になる。時々、この時間自宅で本を読んでいた方が遥かに楽しいだろうな、とも思う。先週金曜日の場合、現地に5時間いたので往復の時間を入れるとほぼ1日、内幸町と国会周辺にいたことになる。
▼今週金曜日も現在分かっているだけで2つ4時間、土曜日は築地市場移転反対デモ4時間。日曜日は反原連の6月1日大集会4時間くらい。月曜日は有楽町の九電本社抗議2時間が予定されている。いずれも移動の時間は入っていない。少なくとも土日はどちらかの集会に参加して頂きたいと思っている。

|

May 28, 2014

◇「カニバル」を見る。

▼NHKニュースを聞いていると吐き気がしてくる。今朝午前7時のトップニュースは「トランクルーム」と容疑者の一人を中国で身柄確保した、というニュースから始まり拉致被害者で北と交渉、最後は皇室のご結婚だよ。わたしは一週間に一度くらいはNHKの「ご意見拝聴」係りにメールを送っている。しかしあまり頻繁に送っても返事は来ないし、もしかしたらクレーマーと思われるのも嫌なので手控えている。
▼みなさん日本で一番大事なのは、解釈改憲と安保法制墾の「グレーゾーン」です。これもTPPと、ブラック特区、原発輸出、憲法改悪と密接に繋がっているのです。戦争する国になるかどうかのきわどいところにいます。いま全力を尽くさないと将来に禍根を残します。これは火焔瓶テツさんがいっているからではなく、永田町周辺に来るみなさんは消耗・疲弊していても、今やらなければという気持ちで行動しています。
▼昨晩もある団体が官邸前で『閣議決定で「戦争する国」にするな!緊急国会行動』集会を開いていました。友人が個人でツイキャス中継をして下さった。しかし集まった方々は、かなりご高齢、運営の様子を拝見していても痛々しいくらい。今朝の東京新聞によれば参加者は350名とある。ブログを読んで下さっているみなさん、あなたの読んでいる新聞やTVは真実を報道していません。国会周辺の抗議行動に集まっている人は数十人から100人程度と、ごくわずかな数です。どうかご自分にできることを、いますぐ具体的な行動として抗議に立ち上がって下さい。筆者も本日は4日ぶりに参議議員会館前の抗議行動に出かける。
◇「カニバル」予告をみてすっかりその気になってしまった。スペイン、グラナダ地方の仕立て屋カルロス。ある夜山間部にある別荘に向かう途中、彼の運転する車を追い抜いていった車が事故を起こして崖から転落してしまう。運転手は死亡し、虫の息だった助手席の女性を自分の山荘に運び込む。大きな手術室のような調理台に彼女を載せ、腕を縛って一気に切り裂き解体する。といってもナイフの音と、血が流れる手術台の描写だけ。このシーンの予告を見て、そんなシーンの連続かな、と「警戒」して映画館に向かった。しかしそれは一ヶ所だけ。そして解体した肉は小分けにして都会の自宅に持ち帰り冷蔵庫にしまい、時々スパイスで味付けして味わっている。
▼彼が住んでいるアパートに東欧からやってきた双子の姉妹の姉が下宿を始める。ときどき視線があって気にはなる。ところがある日失踪してしまい、妹と称する人物が姉を捜しにやってくる。カルロスは警察に知りあいがいるので、捜索願いを出すのを手伝っているうちに、妹に恋心を抱き始める。10年ほど前の映画「仕立て屋の恋」のようなお話。

|

May 27, 2014

「ウクライナ問題」はソ連崩壊の一場面

▼この数日間NHKで昨年放送された「明治の日本、国民への道のり」という番組の感想についてのアクセスが続いている。アクセスする多くの方々はスマホでご覧になっている。ドイツの研究で電子媒体を使った文字は、脳に記憶として残らないという調査結果が出ている。スマホを使う時間があったら、図書館で活字で書かれた本を読んだ方があなたの人生を有益にする。もっとも読んでいただきたい方々からは、ほとんどアクセスがない。おそらく原発の放射能被害を「たいしたことない」と思っているか、「耳と目を塞いでいる結果だと思う。
▼先週NHKETVで放送された「歴史と民族から考えるウクライナ」の座談会は中々良かった。専門家5人による話だったが、中でも元外務相の東郷和彦氏(第二次世界大戦終戦時に外務大臣を務めた元外交官の東郷茂徳は祖父)の「いまの状況はソ連が崩壊してCSIになり、ロシアが更に分裂していく一過程である」と指摘していたがその通りだと思う。歴史的にはクリミア戦争よりも前に、モンゴルのクリミア半島支配、ギリシア正教、など民族対立が根底にある。さらにナチスがソ連を占領したとき、ウクライナの一部がソ連に対抗して戦う。さらにソ連に再支配したとき食料の強奪して餓死者が出たことから、恨み辛みは深まる。
▼昨日原子力規制委員会を傍聴していた友人が、傍聴が終わった直後、電話でその様子の第一報をお寄せ下さった。ありがたい事である。昨晩も内幸町の関電抗議があったが、先週の疲れが蓄積していたため欠席した。それにしても昨日夕方6時半頃のニュースは民放からNHKまで、なぜAKBの退院が横並びのニュースになってしまうのだ。解釈改憲の「グレーゾーン」与野党協議はどうしたのだ。愚民化を率先して音頭とるマスメディアめ。本日、早朝から打ち合わせで出かけるので、これでひとまず終わり。

|

May 26, 2014

土曜日も「ファシズム許さない」デモに急遽参加。

Kanden523b
(関電前で抗議のスピーチをする筆者)
▼ブログ読者のみなさーん。お元気でしたか?ニッポンを取り巻く情勢はますますきな臭くなっています。とくに中国機と自衛隊機の異常接近は一触即発で戦争に発展しかねません。もしそうなったら「聖域」は存在しません。日本の海岸線にある原発が3つくらいミサイルで破壊されたら、大飯原発3号機4号機の判決で出た、裁判長が指摘する250kmの同心円を描いて見れば分かりますが、日本に人間の住む場所はなくなります。防護マスクがないと生活できない、「ナウシカ」の腐海の世界になります。
▼国会では自公のグレーゾーン協議で、安倍晋三の戦争への道はますます前のめり。みなさんわたしは冗談を言っているのではありません。首都圏と太平洋沿岸での放射能汚染も同様です。茨城日立中央公園の汚染は知られているごく一部です。骨まで食べる小魚、海藻、貝は危ない。海保は東京湾のストロンチウムの計測を、意図的に1年前から中止してしまいました。栃木を筆頭に関東の川魚も同様です。「タラの芽が美味しかった」と書いていた人がいますが、自分で採取したすべての山菜はちゃんと自分で調べて下さい。屋外で仕事する人、畑や草むらなど表土がでているところで作業する人も同様で、最低3万円くらいの放射能測定器を購入して、自分の健康は自分で守って下さい。そしてブログをお読みの方はご自身でどんな抗議行動をしているかメールでお知らせ下さい。
524demo
「ファシズム許さない 怒りのドラムデモ」
▼土曜日はある例会があって新宿に出かけました。地下鉄を降りて京王デパートの出口に立つと何か騒がしい音がします。怪しげな黒と赤のZ旗のようなものが見えたので、これがヘイトデモかとあっけにとられて眺めていました。すると反原連のスタッフHさんとTさんが現れて「おいでおいで」と身振りで示すのです。あのお二人が言うなら間違いないだろうと、訳が分からないまま500m程一緒に歩いて来ました。これは帰宅して分かったことですが「ファシズム許さない 怒りのドラムデモ」との事でした。おかげでわたしは先週お休みしたのは水曜日だけ、前日抗議行動に参加しました。おかげで楽しい出会いがたくさんありました。
▼23日金曜日はまず内幸町にある関電東京支社抗議に行きました。スピーチを始めたときは火焔瓶テツさんと二人。最後には10余人になりましたが、ここで二人目にスピーチをしました。お聞きになりたい方はネットの探して下さい。動画を貼ってもクリックまでして読まれないのであえて貼りません。そのあと移動してわたしはしばし国会正門へ。福井地裁の「大飯判決」を受けて参加者は多く思えました。そこで偶然東芝の原子炉格納容器設計者の後藤政志さんの話を聞くことが出来ました。これもYouTubeにあります。探して読んで下さい。そのあと「希望の広場」から経産省前の『新自由主義と憲法改悪そして原子力に反対する霞ヶ関集会』に参加して気勢を上げてきました。この日も結局午後10時の最終ラウンドまで、延べ5時間も立ちっぱなしで現地におりました。

|

May 23, 2014

5月22日豪雨のなか「国民投票法反対」集会に参加する。

522tohyoa
(参議院会館前で行われた「国民投票法反対集会」)
▼小学館宛「美味しんぽ」の応援署名はこちらです。
▼昨晩は参議院会館前の「国民投票法反対集会」に出かけた。天気が心配だったので防水バッグに撮影機材を入れ、傘と念のためTシャツをもう一枚持参した。午後7時5分前頃テツさんが「あともうお二人で終わりにしましょう」と言って、最後の人になったら、ポツポツと大粒の雨は豪雨に変わった。ビデオカメラも回していられなくなったので、撮影中止にしてバッグにしまう。傘を差しても、それを突き抜けて雨が身体を突き刺す。スニーカーがもう川の中を歩いているように、雨水が通過していく。最後の発言者はそれにもめげずスピーチしているが、雨で音が聞こえない。
522touhyouhou
(叩きつけるような豪雨の首相官邸前、警察官の姿も見えない)
▼最後にテツさんが豪雨の中、何度も「国民投票法反対」と叫んで拳を上げ、『国民投票法改悪案を廃案に!永田町アクション』は散会となった。雨脚が一向に収まらないので、地下鉄で東京駅まで向かう。しかしずぶ濡れなので、座席があいていても座る訳にはいかなかった。昨日の抗議行動参加人数も2小隊には手が届かなかった。
▼火焔瓶テツさんが「敵国条項」というので調べて見た。簡単に言えば、第二次世界大戦中に連合国に対して敵国だった枢軸国は、戦争が終わって70年たって現在でも、連合国の意に沿わないことをしたら制裁を受けるという内容だ。連合国の中には中国も入っているので、万一中国と戦争状態に入れば、日本は連合国から集中砲火を浴びる。安倍晋三はこのことをまったく理解していない。

(投票法の欺瞞を暴く火焔瓶テツさん)
▼夕べは地下鉄が国会議事等前を出るとき自宅に電話して「風呂を沸かして」と頼んだので風邪は引かずに済んだ。今晩は抗議行動が3つあるので、レインスーツで雨対策を万全にして出かけよう。
Touhyo522c
(22日、参議院会館前でスピーチする筆者)

|

May 22, 2014

「吉田調書」の意味するもの。

▼昨日午後は「福井地裁」で「関西電力による大飯原発3号機と4号機は運転禁止」という画期的な判決がでました。わたしが書いた昨年のブログを読んでいただければ分かりますが、関電がいかに手抜きをしているか分かります。彼らは「火災が起きたとき海水を汲み上げる」といっています。映像で見ると海までの高さはかなりあります。このとき関電は「海までのホースの長さ足りない」といっていました。果たしてそんな細い消防用のホースと低い水圧で消火できるのか?疑問です。規制委員会の会議室の右手にはお利口そうな顔をした関電社員が30人ほど並び、質問に答えていました。
▼わたしは彼らもまた「吉田調書」に書かれている東電の社員のように、事故が起きたら上長の命令を無視して逃げるに違いありません。この吉田調書は朝日のスクープでまだ全文が出ていませんが、ぜひ読んで下さい。
▼当然あの判決が出るまでは地元福井の反対運動、タンポポ舎などの専従オルグ派遣、それに弁護団の反対運動の力が大きかったと思います。またわたしも微力ながらこの2年間雨の日も風の日も、小雪の日も国会前の再稼働反対集会に通って良かったと思います。それに先週16日はコールに「大飯原発動かすな」という文言を入れておきました。
▼昨日は火焔瓶テツさんの抗議行動はありませんでした。しかし夜、自宅にいるのは週に一度くらいです。そうすると何をしたら良いのか手持ちぶさたになります。抗議行動もその日によって場所と、テーマが異なりますから、現場にいって「今日のテーマは何だったかな」混乱することがあります。その日の行動予定はツイッター登録した「リスト」で24時間前には流れて来ます。きょうは参議院会館前で「国民投票法反対」、明日は5時半から日比谷の関電前で抗議行動、その後、午後7時から経産省前で集団的自衛権行使反対、そこに行く前に国会正門前に行く予定です。
▼それにしてもフクイチの汚染水の海への放出。「国の決めた基準よりも、放射能を低くなった」といっています。しかし多核種除去装置のアルプスは故障してばかりで、一度として正常に作動していません。要するに汚染水を保管するタンクは満杯なのです。汚染は世界中に広がります。太平洋沿岸の海に仕切りのブロックなどありません。太平洋沿岸で穫れた魚介類、海藻、潮干狩りはすげてアウト。海水浴も止めたほうが安全です。

|

May 21, 2014

5月20日は小川町の原電抗議行動に参加。

Genden520a
(日本原電本社前で抗議のスピーチをする火焔瓶テツさん)
▼昨晩は比較的近い、神田小川町にある日本原電本社抗議だった。出かける前に見た東京新聞夕刊には「原電が再稼働申請をした」という見出しが躍っていた。前東海村村長さんが311の1年後に原電からの話として「原電東海は4つある発電機のうち一つが停まった。さらに津波も来たが前日完成したばかりの防潮堤が津波より1m高かったので電源は浸水しなくて済んだ。だが…残った2台の電源をフル稼働させても格納容器は冷えない。そこでベントを170回したという。
170回のベント。みなさん千葉の東葛方面、東京の千葉県境の区、横浜で放射線が異常な数値を示したのはこのせいです。昨日も横浜から参加した方が、校庭の数値が異常に高かったと報告していました。専門的な計測器を使えば「核種」が特定できますから、どこの原発から飛んで来たか一目瞭然です。だが原電も東電も政府もすべてその事を隠したままです。それにベントとは格納容器の爆発を防ぐためのもので、近隣住民の健康被害を守るものでも何でもありません。さらにNHKの「原発メルトダウン」でイタリアのトリノ大学に持ち込んだ実験結果が紹介されていました。つまり格納容器の一番下に、ドーナッツ状のサプチャンバーがあり硼酸水が入っています。ベントする前に熱せられた放射能を帯びた気体はこのサプチャンで濾過されることになっています。しかし実験では500度だったか一定の温度以上に熱せられた気体は、硼酸水をスルーしてそのまま大気中に放出されてしまうのです。
▼さらに昨日の朝日新聞でスクープされましたが、原子炉がメルトダウンすることを知った東電社員は吉田所長の「踏みとどまれ」という命令を無視して95%の社員が、持ち場を離れて逃げ出してしまったのです。わたしが知る限りでもまず家族に電話して「東京に逃げろ」と指示して、次は自分が逃げています。もし踏みとどまって原子炉を冷却することに力を発揮していれば、これほど被害は拡大しなかったかも知れません。もうこうなると、満州にいた関東軍の幹部がソ連軍侵入を先に知って、自分たちは航空機などでさっさと逃げ出して助かった事と同じ事が再現された訳です。政府や軍隊、さらに巨大組織のいうことを信じていると大変な事になります。

(原電前でスピーチするテツさんとダミアン・村上さん)
▼昨日、日本原電前でスピーチしたお一人(筆者より10歳くらい若い)が、「自分は年齢が高いからいいが、家族のためにヨウ素剤を買って準備している」という方がいました。抗議行動が終わって撤収するとき、「明日(21日)は何もなかったよね」とわたしが呟いたら知人のそらのさんが「文科省抗議がある」とすかさず反論しました。わたしは2日行動したら1日休まないと身体がもちません。
Genden520b
(20日、日本原電本社前でスピーチする筆者)

|

May 20, 2014

◇「世界の果ての通学路」を見る。

Kantei519
(5月19日首相官邸前、「解釈改憲反対」抗議行動の様子。スピーチしているのは中田潤さん)
▼みなさんお早うございます。NHKや講談社にメールを送っていただいたでしょうか?わたしのところには「受け取った」という自動返信だけが来ています。そして昨晩も首相官邸前に出かけました。個人的な用事があってその前に経産省テント村に立ち寄りました。到着するとテツさんの演説が始まったばかりで、側近のA君からプラカードを持つように手渡されます。始まるとすぐオートバイに乗った若いカップルが「バーカ、お前ら騙されているんだよ」と叫んで立ち去りました。どっちが騙されているんでしょうね。最終的に抗議に集まった人たちは、一分隊、警備の機動隊は一箇中隊でまともには勝負になりません。警察が妨害してくるかどうかの分岐点の数字です。

(「解釈改憲反対首相官邸前大集会」のラスト)
▼ご自宅や職場でTVをご覧になっているみなさん。どうか官邸前のネット中継の方を検索して見て応援(クリック、コメント)して応援して下さい。昨日は3人ほどの方がネット中継していました。しかしアクセス数はいずれも一桁です。わたしが2日以上音信不通になったら異常事態発生ですから、救援に来て下さいね。みんな疲れ切っているので、抗議はほぼ時間通りに終わりました。警備に当たっていた公安警察官が先のA君に「明日も何処かでやるんですか?」ととぼけて聞いて来ます。A君は「知らないですよ。自分で調べたらどうですか?」というと「調べてみます」と引き下がりました。火焔瓶テツさんは「オレは一人になってもやる」と決意を述べたので「テツさん一人にはさせません。明日の晩も行きます。スピーチの原稿は、すでにできています」とお答えしておきました。
▼仮釈放になったPC遠隔操作事件の片山被告は再度自宅捜索をされています。仮釈放になっても尾行されているのは当然承知ですから、スマホのタイマーを使って発信することなど考えられません。昨晩夕方から今朝のNHKはまたまた大騒ぎをしています。警察発表だけ鵜呑みにしてもっとまともな報道をして欲しいものだ。
◇「世界の果ての通学路」わたしは中学校時代片道4kmの道を歩いて通った。だから今でも足だけは強い。バスに乗ることも自転車すら親の経済的負担になるから、禁止だった。田圃の中の道をただ歩いていても退屈なので、図書館で借りた本を歩きながら読んだ。田舎の道なので自動車もほとんど通らないので、事故にあう心配はない。さて映画に最初に出てくるのはアフリカケニアの兄妹だ。兄は砂漠の湿地帯を手で掘って水をくみ出し喉を潤して洗濯することから一日は始まる。学校に出かける前に父親から「象には気をつけろ」と念をおされる。高台に上った兄は象の位置を確認して学校までの10数キロの道をひた走る。次はアルゼンチンのパタゴニアに住む兄妹で、馬に乗って登校する。兄は大きくなったら親の後を継いで牛を飼いたいという。妹はいつも兄の後ろの倉にしがみついているので、前に乗るのが夢だ。3番目はモロッコに住む3人の女の子たち、足を踏み外したら命がないような険しい道を週に一度通学する。ある日仲間の一人が足をねんざして歩けなくなってしまう。ヒッチハイクしたくでもトラックは迷惑だと、停まってくれない。もう授業には間に合わないと思って最後のトラックに手を挙げるとようやく停車してくれる。そしてバザールに立ち寄り、持参した生きたニワトリと引き替えに菓子を買ってにっこりする。最後はインドのサミュエル、足に障害を持った生徒を、さびたオンボロの車いすに乗せて通学する姿を紹介する。どの場面を見ても将来への夢をもって命がけで通学する子どもたちを活写している。平等な教育の機会を、世界の子どもたちに均等に与えることこそ、大切なのだと思わせる映画であった。

|

May 19, 2014

◇「A2-BC」を見る。

Seimon516a
(16日国会正門前でスピーチする筆者)
▼まず昨日あたりから政治の重大な転換期に出てくる芸能界の話題がマスメディアを席巻しつつある。おそらく今朝の芸能ニュースから女性週刊誌はしばらくこの話題になる。19日朝のNHKニュースを聞いていたらASKA逮捕で取り調べが始まるというのがトップニュースでした。改憲がされようとしているとき、この扱いは気が狂っているとしか思えません。それとも首相サイド、飯島勲氏からの要請ですか?ASKAの事は1年前から怪しいと女性週刊誌で、書いていましたがNHKは報道しません。芸能人の麻薬などどうでもよいです。さらに2位は「美味しんぼ」の掲載中止、これもたかがマンガに政府首脳が圧力を掛けること自体おかしいです。そのことを報道して下さい。NHKご意見拝聴サイト
小学館のご意見サイト。このたびの「美味しんぽ」で鼻血についての表現を巡って政府が圧力をかけて掲載中止になったはゆゆしいことです。16日も国会前に来た女性(双葉町から避難して港区在住)は「美味しんぼ」に書いてあることは事実だ、と証言していました。政府の圧力に負けないで掲載を続けるよう頑張って下さい。
516keisanac
(経産省前で「『美味しんぼ』に書いてあることは全部本当です」と語る双葉町から東京港区へ避難している女性)
▼以上ご紹介したのは、今朝わたしは二社に送ったメールの控えである。読者のみなさんも何か動いていただきたい。先週土曜日は国会正門前で2番目にスピーチをして、「希望のエリア」でビデオを撮影して経産省前抗議に向かった。ここでもスピーチをして結局帰宅したのは午後11時を過ぎてしまった。土曜日の朝は、睡眠不足で起きられなかったが、今週木曜日にシネマの締め切りがあるので、どうしても土日に2本見なければならない。まずポルポレ東中野へ向かう。
◇「A2-BC」最初にでてくるのはあの山下俊一で、原発が爆発して1週間後住民に「避難した方が良いかどうか?」と聞かれ「絶対危険とは言えないが、大丈夫とも言えない、個人差がある」とぬけぬけと語る。除染された我が家に残って生活している親と子ども。除染された学校はあるが、それは室内だけの話だ。その近くで黒いゴミ袋が山積みになっている。風が強い日、監督は教頭に「こんな条件の中で子どもに外で運動させて良いのですか?」と聞くと、教頭は開き直り「敷地内で撮影は禁止だ」と言ってのける。学校や行政は「今は安全」という場所以外でも、母親たちは生活する子どもたちのために放射能計測計を持って日々、放射線量を測る。家の中は確かに線量は落ちているが家を一歩でたら道路から通学路の濃度は高い。
▼基準値を大きく上回る放射線量に母親たちの心配は募る。タイトルの「A2-BC」とは学校での子どもたちの甲状腺の検査結果を示している。除染方法とくに学校や病院や国の対応は「不思議」である。自分の子どもが「A」判定を受けたので変だと思って近くの病院でセカンドオピニオン検査をしてもらと「B」になっているという「おかしなこと」を捉える。さらに他の母親も心配になって病院に行くと「一度検査した人は受け付けない」と突っぱねる。つまり山下らが圧力をかけているのだ。「B」の子どもには「海苔を5枚食べろ」と「指導」し、「C」に対しては「10枚食べていれば良い」という指導である。果たしてこんなデタラメな方法で、子どもたちを守ることができるのか?疑問を感じて「怒る逞しい母親たち」にカメラを向けて、「将来白血病で死んでしまうのかな?」と語る子どもたちを記録している。
516keisanab
(経産省前でスピーチする筆者、テングサ氏撮影)
▼この映画の監督イアン・トーマス・アッシュ監督は2000年の来日以来、日本でドキュメンタリー映画の自主製作を続ける監督。異国の地で製作を続ける。英語の字幕付き。
▼今週の予定。きょう19日は午後6時30分から安保法制墾反対の首相官邸前
火曜日夜は原電(東海第二)許可申請ゆるさじを神田小川町の原電本社で抗議
木曜日は憲法改悪で参議院会館前抗議。そして金曜日は定例の抗議活動が2つと続いているが、いずれも出ようと思う。わたしはヒマをもてあましてデモに行っている訳ではありません。仕事は昼間に終わらせ、夜の行動だけ何とかやりくりして参加しています。ブログをお読みのみなさんも、メールを送るだけでも結構です。何か一つ行動をして下さい。、毎回杖をついたり、車いすで参加している方も複数いらっしゃいます。
▼土日はブログは書きません。ツイッターやYouTubeをご覧下さい。

|

May 16, 2014

NHKと首相官邸に今すぐメールをお願いします。

▼このブログをお読みになったみなさんに、今朝まず一番にやっていただきたいこと。今晩NHKで「集団的自衛権」の特番があります。そこで視聴者の意見を求めています。全部で4問ありますが、いずれも短い回答で、匿名応募になっています。いますぐ記入して応募しましょう。
▼次は首相官邸のサイトです。夕べ15日は官邸前は「集団的自衛権」行使に抗議する人で溢れました。今朝の新聞を参考にご意見を書いていますぐ投稿して下さい。この二つは自宅にいても出来る抗議活動です。何を書いて良いか分からない方はご連絡下さい。ひな形をお送りします。
▼日曜日NHKで「認知症800万人時代~知られざる徘徊の実態」が放送され、わたしは録画して翌日見ました。その中に群馬県館林市で7年間保護されている女性が紹介されていた。群馬県警が彼女の名前取り違えて(書き順を間違え)で記録していた。番組では最初に保護されたときの写真がでていて顔つきもはっきりして、着衣も良いものを着て、指輪もつけていた。従って良いところに育ったと感じていた。最初のうちは「高校三年生」を歌って反応していたが、最近は顔の表情が動かなくなって別人のようになってしまった。
▼ところがこの番組が放送された翌月曜日「○○さんでは」という問い合わせがあり、浅草に住む夫が確認にいくと本人だった。手を握って話しかけても、まったく表情が変わらない。おそらく自宅につれて帰るのだろう。浅草ではおかみさん会の役員や、町内のアナウンサーなどもやって知られた人だった。当然捜索願も出してチラシも配布したが、県警本部までの枚数しかなかった。館林から来た連絡も名前が違っていたので照会に該当しなかった。まして今は「個人情報保護法」があるので、捜索を難しくしている。
▼まあここまでは美談である。ところが館林市は7年間の介護料1000万円を夫に請求する予定だという。先日の列車の敷地内を徘徊して轢死された父親に対して保護者の長男夫妻に700万円請求する裁判があった。もしわたしにこんな高額な請求書が来ても払えない。身近な人が認知症になったら、本当に座敷牢に入れるか。介護施設のような出られない暗証番号付きのドアにするしかない。先日の番組では妻が3階に住んでいることを認識できず、一階に飛び出て、大けがをするというケースがあった。みなさんならどうしますか?
◇「ブルージャスミン」夫が仕事に失敗して、ヨーロッパからサンフランスシスコに住む、妹を頼ってくるジャスミン(ケイト・ブランシェット)。ブランドものを身につけ派手な身振りをしているが、財布は空っぽ。何とか手に職をつけたいと歯科医の受付のアルバイトをしながら自宅でPCの勉強を始めようとする。しかし妹の亭主は仲間を家に呼んで酒盛りをするので集中できない。あるパーティで将来は政治家になりたい、という外交官を手玉に取ろうとする。豪邸のインテリアを探している時、元夫に騙されて財産を失った男に絡まれて、ジャスミンの過去は、もろくもばれてしまう。さらに今は成人して所帯を持っている息子に会いにいくと、「邪魔だから二度と顔を見せるな」と追い返される。一見華やかに見える生活も、奈落の底と背中合わせの危ない綱渡りの世界である裏返しであることを十分知らせてくれる。

|

May 15, 2014

14日「国民投票法(改憲手続法)反対集会に参加。

Kaiken514
(5月14日、改憲手続き法案反対集会、参議院会館前)
▼ブログ読者のみなさま、お変わりありませんか?首相の私的諮問機関「安保法制墾」は本日「答申」を出すようです。20日頃までには閣議決定したいといっています。お願いしている通り、何かあなたにできる事を「一つ」で結構です。「反対」の意思表示を首相にしらせて下さい。

(安倍首相の私的「安保法制墾」に反対する緊急突発的集会。14日官邸前)
▼昨日は午後5時半から参議院会館前集合でした。時間に着くと既に火焔瓶テツさんのスピーチは始まっていました。スタート時は7~8人で最終的には20人近くになったと思います。昨晩もネット中継カメラの方が参加者よりも多かったです。抗議行動は7時半には終わりました。「ちょっと時間があるから官邸前でも一発挨拶していこう」テツさんが提案しました。一同それに同意して、トラメガなどを分解して徒歩5分の官邸前に向かいます。セッティングしていると警備の警察官も、ゲリラ行動に驚いた様子でした。テツさんはわたしにもマイクを向け、「一言」といわれました。しかしわたしはアジテーションは苦手なのでパス。終了したのは午後8時で、通常抗議活動よりも2時間ほど早かったので、知人と有楽町まで歩きました。15日も官邸周辺で改憲反対集会があります。わたしは日曜日から3日間5回の抗議行動に出すっぱり。テツさんの主催ではないので、本日は欠席します。
▼昨日驚いたのはある新聞の執筆仲間が脳梗塞で倒れた、という連絡メールです。この方は私よりも3歳くらい年上で、標準体重をかなりオーバーしていました。そしていつも家財道具一式を入れた、大きなリュックを背負っていました。最近は会議での様子も変で、発言するとすべての言葉を「え?、え?」と一言ずつ聞き返していました。ここ3日がヤマ場で医師の話では、もし退院できても寝たきりだ、という事でした。
▼わたしも将来の事はまったく分かりません。しかし年に一度の健康診断は大腸検査、眼底検査を受けて、医師の忠告を厳密に守っています。さらに1年一回は必ず脳のMRIは欠かさずやっています。そうやっていても寿命には勝てず、人は死んでいきます。読者の皆様も体重管理とコレステロールをしっかり把握して、突然死しないようお気をつけ下さい。体重増加と運動不足、過度の飲食・飲酒が一番身体に悪い事は言うまでもありません。
▼安倍首相の安保法制墾答申に関連して、お住まいの近くで日曜日にビラを配布する予定だ、という方が出現しました。ありがとうございます。もし「小規模座談会を開くから来て欲しい」という方がいらしたら、首都圏ならば出かけていってお話をします。
◇「8月の家族たち」オクラホマの片田舎。父親の突然の失踪をきっかけに、実家へ久しぶりに集まった三姉妹とその家族。毒舌家の母親ヴァイオレットメルリ・ストリーブス)は、認知症を患い薬に頼る毎日だ。長女バーバラ(ジュリア・ロバーツ)は、浮気した夫と別居中で反抗期の娘に手を焼いている。次女カレンはこんな時に新しい婚約者を連れてきて、三女アイヴィーは誰にも打ち明けられない、従兄弟との恋に胸をときめかせている。わがままで自分勝手な母親は時々、手のつけられないヒステリーを起こす。長女はその原因が担当医が過剰に処方している抗鬱薬が原因だとし、それをトイレにながしてしまう。母から独立して既に自らの人生を歩んでいる娘たち。そして、彼女たちを取り巻く4人の男たちは、それぞれ悩みを抱えている。正気を失った母を見捨てて立ち去る娘達。だが「父親がいない以上自分が家長だ」と家の舵をきっていくバーバラ。メルリとジュリアの演技は火花を散らす。

|

May 14, 2014

スカイツリーが不人気の理由(私考)。

▼先日の報道で東京スカイツリーの観光客が減り続けているという。一度行けば二度目はどうかな?と思う。本来このスカイツリーは地デジの電波を関東近県に行き渡せる、という目的で作られた。しかし完成したころにはケーブルTVが普及してしまった。それに地デジで何か役に立つ番組をしているかといえば、ノーである。旅番組とかバラエティ、それに刑事ドラマが目白押し。
▼それに輪を掛けてNHKは政府の御用放送に成り下がってしまった。1週間ほど前の朝7時のNHKラジオを聞いていたら、10分間に安倍の声が7回も流れてきた。今朝6時のNHKも、若田帰還が一位、2位は気温の上昇、3位が国土強靱化計画.4位はマグネシウム火災…。テレビはもっと酷くいきなり安倍や官房長官の顔がクローズアップされて、もっともらしい事を言う。もう洗脳番組の目白押し。わたしは洗脳を避けるためNHKTVニュースはなるべく見ないようにしている。
▼更にメーカーは4kテレビを売り込もうとしている。バ○番組を画質の良いTVで見ても良いことは何もない。最初のスカイツリーだ。このタワーは、いってみれば分かるが、巨大土産物屋に化している。内容にそれほど特色がある訳ではなく、それに高価である。昔からあった地元商店街は潰れる店が続出している。タワーを造った建設会社が栄え、持ち主の東武だけが儲かるシステムになっている。利用価値がないと分かっていても建設途中で方針を転換できず無用の長物と化して、海の藻屑になってしまった戦艦大和と同じだ。
▼わたしはこのところ夜間に国会周辺に行くので、必要な番組は全部録画して見る。そのほとんどはNHK教育TVだけ。こちらはやや公平に作られている。高校の歴史や英語は結構面白いよ。あと週末の仏教関係の宗教者との対話番組が、シリーズで作られていて、内容がかなり深い。
▼みなさーん。ここまで引っ張ったのは「集団的自衛権」問題は大変はことになっていますよー。政府のいう「駆けつけ警護」って何でしょうね。パソコンを使う環境にない友人からは携帯メールで、例のマンガの表現を巡るマスメディアの動きを心配したり、わたしの体調を心配下さる。PCでブログをご覧になっているみなさん。何度もお願いしているが、今週はあなたの人生に悔いを残さないように行動していただきたい。わたしの参加している抗議行動には、元左翼の方が多くいらしている。しかし現左翼の方々のお姿は、ほとんどお見かけしない。まさかNHKのマインドコントロールに縛られて、手足が出せないでいるわけではない、と思いたい。昨日は朝からものすごく忙しく、ブログは午後11時頃書きました。画像、動画もありますのでご覧下さい。

|

May 13, 2014

12日夜は抗議活動を2つ渡り歩く。

Qden512
(12日午後6時頃、有楽町のQ東京支社前で抗議スピーチする筆者)

(官邸前で元気いっぱい抗議のスピーチをする女性)
▼12日有楽町のQ電前抗議は出演者6人。しかしネットの視聴者は100人を超した。その方々のツイートに励まされてスピーチをする。前回は4月28日。この時はかなり準備をしていった。この日何人もの方が、もっと詳しく知りたいとか、応援しています、と声を掛けて下さった。1時間半のスピーチを終えて、場所を移動する。責任者のKさんがトラメガを持って歩き始めると、機動隊員が寄ってきた。「どこへ行くのか」としつこく絡んでくる。後で分かったのだが、この日イスラエルのネタニヤフ首相が来日していて、安倍と会談をしていた。そのため国会近くのポールにはイスラエルの国旗が翻っていた。
Kantei512d
(12日午後9時頃、官邸前集会で横断幕を持つ筆者、右端)
▼Kさんたちは関西電力前で毎週定例の月例抗議をしているので、別れる。わたしは首相官邸前の「解釈改憲反対・集団的自衛権行使反対」の抗議集会に向かう。すでに火焔瓶テツさんのオープニングスピーチは始まっていた。こちらはスタッフの人手が不足しているようなので、火焔瓶テツさんが自費で作った抗議の横断幕を掲げて持つのを自主的に手伝う。

|

May 12, 2014

日本の将来を決める、この一週間。

5月9日夜衆議院会館前「集団的自衛権反対」集会の模様。
506yu
5月8日有楽町駅前Q電東京本社前でスピーチする筆者。後ろはテツさん。
▼土曜日の某政党党首のツイッターを読んで眼が点になってしまった。曰く「国民投票法は認めない。我が党がある限り戦前の翼賛国会にはさせない」と。まじか?筆者は9日も国会前に行き、2番目にスピーチをして移動するタイミングを計っていたら、重要な仕事の打ち合わせ電話が鳴った。シュプレヒコールが相手に聞こえるとちょっとまずいので、音声が入らない場所まで移動した。そのあと「希望のエリア」で土肥さんのスピーチを聞いてから、国会を右遠回りで衆議院会館の火焔瓶テツさんのところ向かった。途中正門前に来ている国会議員のスピーチが聞こえて来たが、汚染水と東電の責任以外のフレーズは聞こえて来なかった。

(5月11日吉祥寺の商店街を行くパパママデモ)
▼参議議員会館前では「首相の私的諮問機関」の「集団的自衛権の行使容認」反対集会に参加する。筆者が到着したとき、ネット中継カメラが4人ほどいて、他に一般参加者はわたしの他2人くらいだった。この日は最後の10時まで粘っていたが参加者は70人程度だっっと思う。はっきりいって外堀は埋まってしまった。どーする?わたしは同党はこの日1万人集会くらい開いてもソンはないと思っていた。だが独自集会など開いていない。昨日も吉祥寺で開かれた「パパママ反原発ウォーク」に参加してきたが、政党は誰も来なかった。山本太郎氏と宇都宮健児さんだけ参加していた。
Taro511
(会場で挨拶する山本太郎さん)
▼「週刊金曜日」4月25日号で佐高信さんと辺見庸さんの対談3回目が「根生いのファシストに『個』として戦えるか?」が掲載されていた。辺見さんは「日中戦争は起こりうる。その時、日本共産党はどうするか.日本の革新政党はどう動くのか。佐高さんとぼくの予測は同じだと思うんだけど、起きるのは『祖国大戦争』です。「愛国・救国戦線のような形で単純化し、『反戦』『非戦』は罪悪視さる。『護憲』を掲げる革新政党は、現行憲法をどのように見ているのか。」と語っている。
▼時々引用するが司馬遼太郎の「関ヶ原」で石田三成がいみじくも言う。「オレは正しい事をしているのだから、みんな付いて来るに違いない」。石田三成の弱点は、豊臣家の命令であればどの大名も動くと考えていたことにある。動くだろう、というよりも、動くべきだという観念論に支配されている。まさか唯物論者が観念論に支配されているとは思いたくないが、現実に起きていることに対しては何も手を打っていない。
▼という訳でわたしは今晩有楽町駅前の九電東京支社前抗議をしてから、首相官邸前の抗議行動に向かう。読者のみなさん。この一週間のあなたの行動が日本の将来を決めます。ご自分に何ができるかじっくり考えて下さい。何かなさりたいと仰る方は連日何らかの行動があります。ご連絡いただければ、個別にお知らせします。

|

May 09, 2014

田圃のなかの道を取材で駆け回る。


(しなの鉄道、御代田の手前を走行中)
▼昨日は取材で田圃の中を駆け回っていた。目標の建物は見えているが、道路がはっきり分からないので、田圃の土手を歩いた方が早い。そうこうしているうちに携帯を紛失してしまった。田舎だから公衆電話もない。取材時間は迫っているので、田圃を歩き回るわけにはいかない。不正アクセスが気になってしかたないがどうしようもない。紛失したのが午前10時頃、某郵便局へ行って道を聞いた。そのとき道具をバッグから出したので、その付近しか考えられない。
▼午後1時にセレモニーの取材が終わって郵便局まで30分近く歩く。「携帯が落ちていませんでしたか?」と聞くと「知らない」という返事。仕方なく駅に戻って回りを見渡すと公衆電話のボックスが見つかった。そこで自分の携帯に電話してみると、探してくれた人と繋がった。以下は省略するが、自転車をこいで駅まで、拾った携帯を持って来てくれた方にささやかなお礼を支払って無事帰宅することができた。わたしはお財布携帯なので、これがないと帰宅も出来なくなってしまう。もちろん財布はあるが余計なお金を使うことになる。わたしは過去に携帯を拾得したことがあるが、すべて警察や最寄りの携帯ショップに届けているので、巡り巡って自分の番となり無事クリアできた。田舎で困るのは食事するところがない。一日前のしなの鉄道の某駅には新鮮野菜しか売っていなかった。観光地の駅には釜飯があったが立ち食いである。この釜飯は1000円で、幼少の頃から食べているので、今更食べたくない。

(小湊鐵道、上総山田駅)
▼先日の東京新聞に出ていたが四国の某駅では名産品だった駅弁が売れなくなってしまったので販売中止にしたという記事がでていた。観光地ですらそうなのだから、乗降客が少ないシーズン以外では、置いてもまず売れないのだろう。昨日は空腹をしのぐため、ジャム・ピーナッツパンを1個食べた。連日こんな事をしていたら身体をこわしてしまう。更に夜は有楽町駅前のQ電東京支社前抗議である。夜になったら冷たい風が吹いてきた。いつもあちこちの抗議でご一緒するKさんは連休後半からずっと行動に参加なさっている。5日の反原連の駅頭でのチラシ配布は受け取りが悪かったという。配っていり若い女性の眼の前で破り捨てるオヤジもいて、その女性は泣いてしまったという。Kさんは7日は東電本社抗議、昨晩はQ電、きょうはわたしとほぼ同じ行動、そして日曜日は新大久保のヘイトスピーチに反対する行動に参加されるといいながら「なぜこんなババアがやらなくちゃならないんだよ」(見かけは老けているが、わたしより3歳くらい若い)と大いに愚痴っていた。わたしは昨日国民投票法が与野党一致で衆議院を通過した場面をみて、ファシズムが日本に再来した気配を感じ、背筋が凍り付いた。反対した少数野党も自分の政党の得票を気にしているだけで、国民的な反対運動を盛り上げようなどという気力はまったく持ち合わせていない。
▼今朝あるブログを見たらフクイチ4号炉の燃料棒取りだしは、手品で実際は大変な事になっている。収束など皆目見当がつかないとイギリスの新聞「デイリー・メイル」が報道していると書かれていた。みなさん原発事故が怖いから日光の三猿のようにしているだけか?「原発」を検索用語にしたブログ来場者はほぼゼロ。

|

May 08, 2014

蕪村の俳句「遅さくら」

Cofee
(軽井沢駅前で飲んだコーヒー)
▼今朝午前7時のNHKを聞いていたら10分足らずの間に、安倍首相の肉声が7本も出て来た。もうこれはマインドコントロールとしか言いようがない。天気予報を聞いていたら、季節の話題になって「芭蕉と同じ世代の俳句で「桜」をテーマにしたものがあったはずだ」という。

ゆく春や逡巡(しゆんじゆん)として遅ざくら

「蕪村かな?」というと「そうだ」という。昨日施設に入所している母の見舞いに行って来た。連休中はJRの料金が高いので一日ずらせて行ってきた。途中軽井沢から北にむかう「しなの鉄道」の沿線の桜がまさにこれだった。沿線をビデオで撮ったが、うまく編集(繋げない)できないので未編集の2本をご紹介する。

(軽井沢駅構内)

(発車→信濃追分まで)
▼本日は朝から遠方まで取材に出かける。その後夕方6時半から8時まで、有楽町駅前のQ電東京支社へ「川内(せんだい)原発再稼働反対抗議行動」に参加する予定。

|

May 07, 2014

連休中は何も良いことはなかった。

▼ブログ読者のみなさま。連休はいかがお過ごしでしたか?わたしはNHK「廃炉への道2」と「女性の貧困」を見てかなり落ち込んでいました。前者は2日の国会正門前のスピーチで話しています。問題はいろいろあるにせよ、ロシアは原子炉の消火活動で活躍した人たちに国家は勲章を授与して英雄的な行動を称えています。後者は何次下請けにまでして危険な作業にあたる人たちの賃金をピンハネしています。その何重にもわたる下請けは浮かしたお金を政治家にキックバックさせているといいます。それは国会前抗議に参加している年輩の方がおっしゃっていました。そして春の叙勲では某映画俳優Tに授与しています。どうして彼なのかまったく分かりません。この5年いや10年でも素晴らしい映画に出演していましたか?要するに「拉致被害者を返せ」というポスターに出演した功労賞でしょう。国策に協力したからです。
▼「女性に貧困」ではなぜ漫画喫茶に親子3人が別々に暮らしているのを国や行政がキャッチして援助の手をさしのべないのか。母親が8万円くらいの収入、妹と姉は一日一個のあんパンを分け合って食べて飢えを凌いでいました。そして姉は保母さんになりたいと学校にいくためのお金を貯めていました。
▼そして安倍はヨーロッパ歴訪で言いたい放題。オバマは日本を発つとき何と言ったか、これはホワイトハウスの英文を見て頂ければ正確に分かりますが、日本に対する警告を発しているのです。それをNHKはねじ曲げて「中国の尖閣進出は日米安保の対象になる」と意識的な誤訳をしています。
▼首都圏の大地震に対しては「首都直下地震とは直接関係ない」と気象庁に言わせています。だいじょーぶですか?そんな事言い切って。わたしはフクイチの4号炉の収束作業が一番気になりました。爆発したらもう首都圏は人が住めなくなる。これは本当です。だが誰も心配しない。東京湾の魚も本当は危ないのですが、海上保安庁はストロンチウムの定期定点検査1年前に意識的に止めてしまいました。実際は東京湾でオリンピック海上競技どころの話ではないのです。選手が被曝したら誰がどうやって責任取るのでしょう?
▼それに4日のTBS「噂の東京マガジン」で紹介された、船橋から三番瀬で取れる外来種のホンビノスという新種の貝。海には境目がなくj福島から繋がっているのです。根魚類もさることながら、貝はとくに危ないので、注意が必要です。昨日のニュースを見ていると栃木で川魚を地引き網で取って子どもたちに食べさせていましたが、これとて栃木の川魚はかなり汚染されており、狂○の沙汰としか言えません。何年後かに水俣病のような症状が出たら誰がどう責任をとるのでしょう。
▼ついでにもう一つ北海道のガスボンベ爆発事件で51歳の容疑者が逮捕されました。しかしマスメディアは一貫して警察発表だけ書き、「容疑者は一貫して否認している」と書いています。だったら国選弁護士でも誰でも頼んで被疑者に直接聞いて書けよ。それに昨日NHKのいう「模倣犯」による同様の事件が再発しているの。どうして??こういうニュース聞いていると頭が痛くなってくる。まだあるけど追々書きます。

|

May 01, 2014

5月1日はメーデーの筈だったが…。

Kameido428
2014年4月26日夜の亀戸天神の藤開花状況。
以下はその動画。
▼もうすぐで半年たってしまいます。まずインターネット・エクスプローラ-(IE)の件。みなさん大丈夫ですか?今すぐ他社のブラウザに変えて下さい。わたしは8年ほど前から全部(ノートPCも含め)ファイアー・フォックスに変えています。
▼安部首相は歴訪(わたしは昨日の朝までこの「歴訪」の正しい意味を知らなかった。歴史的な訪問という事かと思っていた。家族と会話していたら違うと教えてもらった。安部もメルケル首相から原発をゼロにした経緯でも教えて貰えば良いのに、ウクライナ問題だけしゃべっている。歴訪=いろいろな土地・人を次々に訪ねること。「欧州各国を―する
▼このところ関東地方で週の初めに放射能の数値が上昇するという話がでていた。その理由はこれだ。
▼5月2日は午後7時から『憲法記念日前日〜改憲記念日はごめんだ!改憲反対大集会』19時〜21時、衆議院第2議員会館前でこの集会が開かれます。翌日はお休みの方が多いと思うので、ぜひ参加していただきたい。
▼みなさん憲法改悪、集団的自衛権などの政治や原発再稼働にあまり興味がないようなので、連休中はブログ執筆をお休みします。

|

« April 2014 | Main | June 2014 »